Alteryx 2021.3がリリースされました!アップデートまとめ

Alteryx 2021.3がリリースされました!アップデートまとめ

Alteryx最新バージョン2021.3のまとめです。随時個別の記事を追記していきます。
Clock Icon2021.08.12 23:00

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

2021/8/11にAlteryxの最新バージョンである2021.3がリリースされました!

It’s time to strengthen your solving with Alteryx 2021.3. Hear directly from our product team about the latest tools in Intelligence Suite, new smart features in Designer, and more ways than ever to connect your data. Read more here: https://t.co/L9KVUmRyj9 #AlteryxAnalytics pic.twitter.com/M5FgsfG7w3

— Alteryx (@alteryx) August 11, 2021

本エントリでは2021.3で発表されたアップデート内容をまとめてお届けします。

Designer

リリースノートは以下の通り。

ワークフローの比較

2つのワークフローを比較し、差異を確認できるようになりました。メニューの[オプション]→[詳細オプション]→[ワークフローの比較]から実行可能です。

推奨ツール

推奨タブがツールパレットのタブに表示されるようになりました。ワークフローの中のツールを選択すると、そのツールの後に続けて使われることが多いツールがタブに表示されるようになります。

Intelligence Suiteの新しいツール

Computer Visionに2つの新しいツールが追加されました。

  • Image Profileツール:画像から情報を抜き出す
  • Image Recognitionツール:機械学習モデルをトレーニングし、画像を分類する

ツールコンテナの機能追加

ツールコンテナを無効にした際、これまではコンテナが折りたたまれていましたが、最新版ではキャンバス上に展開されたまま半透明に表示されるようになりました。折りたたみアイコンを選択することで内容を非表示することも可能です。

AMPエンジンを使用したパフォーマンスプロファイリング

AMPを使用してワークフローを構築する際、ワークフローの最適化のためパフォーマンスプロファイリングを使用し、ツールごとのパフォーマンスを分析できます。[ワークフロー設定]→[ランタイム]から「パフォーマンスプロファイリングを有効にする」にチェックを入れると使用可能です。

Microsoft Power BIコネクタのアップデート

  • カスタムAzureアプリを使用するオプションを備えたマルチテナントAzureアプリの組み込み
  • 複数のテーブル入力のサポート
  • 既存のデータセットと構造を更新・上書きして保持
  • ワークスペースの選択
  • プロキシのサポート

サポートファイルの生成

サポートエンジニアがトラブルシューティングに使用するためのテクニカルサポートファイルを生成できるようになりました。[ヘルプ]→[サポートファイルの生成]から生成可能です。

エンドユーザー向けライセンス契約・プライバシーポリシー

Alteryxのエンドユーザー向けライセンス契約(EULA)、プライバシーポリシーを[ヘルプ]メニューからアクセスできます。

Server

リリースノートは以下の通り。

Schedule Forecastのパフォーマンス改善

Alteryx Serverでのスケジュールをカレンダー形式で確認できるSchedule Forecastのパフォーマンスが最大98%向上しました。計算を定期実行し、結果をキャッシュする機能が追加されたため、ページ読み込みが高速になりました。Gallery Settingsからキャッシュの更新頻度を設定可能です。Schedule Forecastページから手動での更新も可能です。

エンドユーザー向けライセンス契約・プライバシーポリシー

Alteryxのエンドユーザー向けライセンス契約(EULA)、プライバシーポリシーにヘルプメニューからアクセスできるようになりました。

Collectionの概要のアップデート

Collectionのテーブルビューが新しいServer UIに更新されました。

Server UIの改善

ワークフロー詳細ページからワークフローの名前を変更できるようになりました。Collection名にツールチップを追加し、列幅を広げました。

Connect

リリースノートは以下の通り。

カスタムフィールドの位置オプション

[Administration]→[Asset Configuration]→[Custom Field Position]オプションが追加され、カスタムフィールドをデータアセットページ内のどこに配置するか指定できるようになりました。

LDAPで許可される文字の変更

Active Directoryからユーザーやディレクトリを読み込む際にすべての言語の特殊文字を利用可能になりました。104文字までの文字を使用できます。次の文字は使用できません。 **/ \ [ ] : ; | = , + \* ? < >** スペース

Close Allボタンの追加

Close Allボタンで展開されたすべてのリストを閉じることができるようになりました。

fonts.googleapis.comの使用方法の変更

fonts.googleapis.comをオンラインからオフラインで使えるように変更しました。フォントはいつでも利用可能で、エンドユーザーがダウンロードする必要はありません。

エンドユーザー向けライセンス契約

Alteryxのエンドユーザー向けライセンス契約(EULA)がアップデートされました。ヘルプメニューから確認可能です。

Microsoft SharePoint Onlineローダー

Microsoft SharePointのメタデータをAlteryx Connectにアップロードできるようになりました。

リネージに影響のあるMicrosoft Power BIの変更

Microsoftによるレポートのリネージの保存方法(dataMashup)の構造に変更があり、これはデータリネージに影響があります。最新の形式で保存されたPower BIレポートではリネージを使用できません。

Promote

バージョン2021.3では新機能のリリースはありませんでした。

最後に

Alteryx最新バージョンのアップデートまとめをご紹介しました。Designerでのワークフローの変更点比較機能は利用される方も多いのではないでしょうか。変更点が一目でわかるのでワークフロー構築がより便利に進められそうですね。

この記事がどなたかのお役に立てば幸いです。以上、アライアンス統括部の新納(にいの)がお届けしました。

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.