Alteryx ServerでInsightツールで作ったダッシュボードを共有する

こんにちは、小澤です。

Alteryx 2018.3からInsightツールという各種グラフなどをダッシュボード形式でまとめるツールが登場しました。

このInsightツールで作成したダッシュボードはAlteryx Serverに直接パブリッシュすることが可能なわけですが、 この機能の性質から考えると自分だけが見れてもあまりうれしくなく、共有したい気持ちになります。

今回は、その方法について解説したいと思います。

ダッシュボードをパブリッシュされた状態にしておく

何はともあれ共有するためにはまずAlteryx Serverにパブリッシュする必要があります。 パブリッシュする方法は以下のブログで解説されています。

今回はパブリッシュするすることが目的ではないため、やり方については上記をご覧ください。 パブリッシュされたダッシュボードはAlteryx ServerのメニューにあるInsightからたどることで、表示されます。

Collectionを使った共有

パブリッシュされたのであとはみんなが見れるようにすればいいわけですが、ワークフローと異なりInsightはStudioに所属しいるわけでもなければ、パブリックにするという設定もなさそうです。 ここで登場するのがCollectionとなります。 以前ワークフローの共有方法として紹介したCollectionですが、この機能を使うことでInsightツールで作ったダッシュボードも共有可能です。

やり方は、ワークフローの共有と同じです。

Collectionの追加するものを選択する際に、Insightというタブがあるのでそちらから追加します。 追加されたものは他と同様、一覧に表示されます。

ワークフローの共有の場合、"実行する"という処理の有無があるため、ワークフローの設定や共有された人の権限によってできること・できないことが変わってきましたが、Insightについては表示するのみで、インタラクティブに行った操作もどこかに保存されるということはないため、共有されたすべてのユーザが同じように閲覧可能です。

終わりに

今回は、AlteryxのInsightツールで作成したダッシュボードを共有する方法を解説しました。 Collectionを使った共有は、これまでのワークフローと同様のやり方となるため今まで使っていた人にとっては違和感なくそのままInsightでも活用できるのではないかと思います。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400