Alteryxの空間分析で学ぶ、最寄りの指定緊急避難場所と低水位地帯 #cmdevio

2019.10.15

こんにちは、DA部の兼本です。

2019年10月12日から13日にかけて、日本各地で台風19号による大きな被害がありましたが、みなさま大丈夫だったでしょうか。

弊社のチームメンバーには避難勧告を受けて、最寄りの避難場所に避難していた者がおりました。
私は自宅こそ無事だったものの、最寄り駅周辺では道路の冠水が発生したり、停電があったりと家族とともに眠れぬ夜を過ごしました。

近隣の河川で氾濫警戒情報が発令された際には、家族と避難所に移動するべきか悩んだりもしたのですが、普段はなんとなく覚えているつもりでも、いざとなると意外と覚えていないのが緊急避難場所です。

Alteryxの空間分析機能を利用することで、空間ポイントを基準として最寄りの空間ポイントを検索したり、また、ある地点が特定の領域に入っているかを調べることができます。

11月1日(金)に開催される「Developers.IO 2019 東京」のAlteryxハンズオンセミナーでは「Alteryxでデータプレパレーションと予測分析に挑戦しよう!(Hトラック、13:45-15:30)」という内容を予定していました。
が、内容を変更して「Alteryxの空間分析で学ぶ、最寄りの指定緊急避難場所と低水位地帯」と題し、空間分析機能を利用するハンズオンを実施いたします。
(すでに本セッションをお申込みいただいている方は何も変更する必要ありませんので、ご注意ください。)

【11/1(金)東京】国内最大規模の技術フェス!Developers.IO 2019 東京開催!AWS、機械学習、サーバーレス、SaaSからマネジメントまで60を越えるセッション数!

ワークフローは開発中のものです。多分当日ギリギリまで色々見直します。

出力の例です。これも当日まで見直します。

お席にはまだ若干の余裕がありますので、Alteryxやデータ分析に興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、この機会にぜひご参加ください。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400