Amazon Connectで顧客情報を集結!「Amazon Connect Customer Profiles」が発表されました!#reinvent

KeynoteでAmazon Connect Customer Profilesが発表されました!
2020.12.03

アンディ・ジェシーの KeynoteでAmazon Connect Customer Profilesが発表されました!

Amazon Connect Customer Profilesとは

一言でいうと複数システムの顧客の情報をAmazon Connectでプロファイルとしてまとめる機能です。
Amazon Connectを利用する際、すでにCRMがある場合は連携して利用するケースもあると思います。
ただ顧客の情報が複数のシステムがある場合、それぞれのシステムを見ないといけないので面倒です。
それをプロファイルとして纏めてAmazon Connect内で見れるようになるという機能です。

ちょっと触ってみる

論より証拠、百聞は一見にしかずということで早速触ってみます。
マネジメントコンソールからAmazon Connectと検索、利用したいAmazon Connectのインスタンスエイリアスをクリックします。

左のナビゲーションペインのところで”お客様のプロフィール”をクリックします。

お客様のプロフィール画面が出てきます。SalesforceやZendesk等の項目もありますね。
”お客様のプロフィールの有効化”をクリックします。

お客様のプロファイルドメインを作成します。
項目はすべて埋める必要があります。
そしてSQSのデットレターキューの設定も可能となってます!AWSサービスの利点ですね。

送信をクリックすると、1顧客のプロファイルが作成されます。

プロファイル作成が完了しましたら”お客様プロフィール”から”統合の追加”でSalesforceやZendesk等、持っているCRMと統合を進めていく形になります!
(私の方で現状SalesforceやZendesk等の検証ライセンスがなく、一旦ここまでとさせていただきます。。泣)

料金

1プロファイル/1ヶ月で$0.0025となります。
例として、2020年12月1日の月初にAmazonConnectカスタマープロファイルで100,000のプロファイルを作成します。
2020年12月21日にさらに20,000のプロファイルを追加したと仮定します。
この場合、100,000のプロファイルは31日間課金され、20,000のプロファイルは11日間のみ課金される形になります。
Amazon Connect Customer Profiles

対応リージョン・対応言語

本執筆において対応リージョン・対応言語に関する情報はありませんでした。

最後に

初日のKeynoteでAmazon Connectのアップデートが多数出ました!
下記ブログでレポートとして上がってますのでご確認頂けますと幸いです。
Amazon Connect Wisdom
Amazon Connect Voice ID
・Amazon Connect Customer Profiles ※本記事
・Real-Time Contact Lens for Amazon Connect ※鋭意執筆中
・Amazon Connect Tasks ※鋭意執筆中

ではまた!AWS営業の洲崎でした。