[速報]AWS Clean Rooms MLがプレビュー版で発表されました!#AWSreInvent

[速報]AWS Clean Rooms MLがプレビュー版で発表されました!#AWSreInvent

AWS Clean Roomsの新機能として、機械学習に関する機能が発表されました!(プレビュー)
Clock Icon2023.11.29

データアナリティクス事業本部 機械学習チームの鈴木です。

re:Invent2023のキーノートのうち、Dr Swami Sivasubramanian Keynoteで、AWS Clean Rooms MLのプレビュー提供が発表されました!

AWS Clean Rooms ML

What's Newでのアナウンスは以下になります。

AWS Clean Rooms MLについて

AWS Clean Rooms MLを使用することで、ユーザーはパートナーとデータを共有することなく、機密データを保護し続けながら、MLモデルを構築・トレーニング・デプロイ・予測できるようです。

AWS Clean Roomsの新機能という位置付けになります。

プレビュー中には、マーケティングのユースケース向けに類似セグメントを作成するためのモデルを利用できます。

MLモデルはサービス内でネイティブに構築されるため、パートナーにMLモデルの構築のためにデータを共有する必要がありません。これによりAWS Clean Rooms MLはデータセットと顧客情報の保護を実現します。

以下のAWS News Blogにも紹介ブログが公開されており、流れについて画面例を含めて記載されているのでご確認ください。

大まかには以下の流れになるようです。

  1. トレーニングデータセットを用意する。
  2. 類似モデルを訓練する。
  3. 訓練した類似モデルをコラボレーションに関連付け、パートナーがモデルを利用できるようにする。
  4. パートナーは共有されたモデルを使い、類似セグメントの結果を作成する。

AWS Clean Roomsについて

AWSアカウント間でコラボレーションを作成し、データプロバイダー側で設定したルールに沿って安全にデータを連携する機能でした。

re:invent2022で発表され、今年3月にGAになっていました。

コラボレーションの作成例としては、以下の記事でご紹介しました。興味がある方は合わせてご確認ください。

最後に

re:Invent2023のキーノートのうち、Dr Swami Sivasubramanian Keynoteで、AWS Clean Rooms MLのプレビュー提供のご紹介でした。

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.