【ハンズオン】AWSの基礎サービス #AWSSummit

2020.10.01

2020年9月8日から9月30日の間で開催されているAWS Summit Online のセッションに参加しています。 AWS Summit Onlineでは基調講演等の他、ハンズオンセッションという手を動かすセッションがあります。

今回はAWSの基礎サービス ~ Amazon EC2, Amazon RDS, Amazon VPC ~に参加したのでレポートします。

セッション概要

スピーカー

亀田 治伸

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会

シニアアドボケイト

セッション

HOL-16:AWSの基礎サービス ~ Amazon EC2, Amazon RDS, Amazon VPC ~

動画&資料はこちらになります。

目的

このセッションでは、AWS の基礎サービスを活用し、スケーラブルなウェブ環境を作成いただきます。はじめて AWS を触る方に最適なシナリオです。

ハンズオン概要

  • AWS基礎サービス • Amazon VPC • AWS DeepRacer のシミュレータの説明 • AWS DeepRacer の構成
  • ハンズオン • フェーズ1 サーバー1台構成 • フェーズ2 Web+DB (サーバー2台構成) • フェーズ3 LB+Web×2+DB (サーバー3台構成)

AWS基礎サービス

ハンズオンで使用する、AWS基本サービスについて学びます。

Amazon VPC

正式名称は Amazon Virtual Private Cloud で、AWS クラウドに作成できる仮想ネットワークサービス。サブネット、Elastic IP、セキュリティグループ、ネットワークACL、ゲートウェイ、ルートテーブルといったリソースが用意されている。

Amazon EC2

正式名称は Amazon Elastic Compute Cloud で、AWSのIaaSのひとつ。さまざまなスペックの仮想マシンを作成して実行できる。EBS(Elastic Block Store)やELB(Elastic Load Balancing)と統合されている。

Amazon RDS

正式名称は Amazon Relational Database Service で、フルマネージドなRDBサーバーサービス。Amazon Aurora、PostgreSQL、MySQL、MariaDB、Oracle、Microsoft SQL Serverの6つのデータベースエンジンから選択できる。またAuroraではマルチマスター構成、自動起動/停止およびスケーリングするAurora Serverless、複数のリージョンにまたがって構成できるAuroraグローバルデータベースが利用できる。

Amazon S3

正式名称は Amazon Simple Storage Service で、年間で99.99%の可用性と99.999999999%の耐久性を実現するよう設計されたオブジェクトストレージ。

ハンズオン

ハンズオン資料はこちらになります。

https://github.com/harunobukameda/Amazon-VPC---Amazon-EC2---Amazon-RDS-Handson

フェーズ1 サーバー1台構成

WordPressサイトを最小構成でスタートします。

VPCを作り、その中にEC2を1台立てて、WordPressサイトを作ります。

フェーズ2 Web+DB (サーバー2台構成)

フェーズ1では、EC2内のMySQLを使用していましたが、DBをRDSに切り替えます。

フェーズ3 LB+Web×2+DB (サーバー3台構成)

フェーズ2ではEC2を1台立てて、EC2を直接見ていましたが、EC2の前にLBをはさみ、EC2を2台構成にします。

WordPressブログの起動確認

表示されました。

感想

とても細かく分かりやすかったです。最小構成からスタートし、徐々にスケールも考えていくので、初心者の方も安心してハンズオンできるかと思います。

ハンズオン資料はGithub上にありますので、サミット期間終了後も観覧できるかもしれません。ぜひやってみて下さい。

https://github.com/harunobukameda/Amazon-VPC---Amazon-EC2---Amazon-RDS-Handson