[CeBIT2017] IoT祭り! – 世界最大級のIT見本市・CeBIT – Day2 #cebit17

はじめに

IMG_6388

世界最大級のIT見本市・CeBIT情報をいち早くお届けする、CeBITシリーズ。

このシリーズでは、いち早く皆さんに会場の様子をお届けします!

ここまでの CeBIT シリーズ

今日のポイント

本日は、IoTブースを中心に回りました!

スマートシティを実現!スマートWi-Fiスポット

IMG_6421

街灯に設置するデバイスです。

高いポールなどの上に設置して使うのでしょうか。

Wi-Fiスポット、街灯、防犯カメラなど、様々な、スマートシティを実現する様子が詰まっています。

イベント用に使うことも考えているそうです。

ディープラーニングを活用してマーケティング分析

IMG_6427

小売店舗向けのIoT機器です。

数百GBに及ぶ人間の画像データを、ディープラーニングを用いて分析します。

それを、数十メガバイト程度の分析データに落とし込んだものが、ボード上のメモリに記録されています。

IMG_6428

IMG_6429

そうした学習データを用いて、顧客の映像をリアルタイムにNVIDIA社のデバイスを活用して分析。

時間帯ごとに、どの年齢層の人が何人来たかを、ログに記録していくシステムです。

ちなみに、ディープラーニングの結果としてもっているのは、画像データとは異なり、個人情報に関わるものは持っていないそうです。

今回学習に使った膨大な画像データは、車載カメラから撮影した画像とのことで、人間がさほど写っていないからか、認識精度は今ひとつだそうです。

しかし、読み込ませる画像を変えれば、かなり精度は良くなるだろう、とのことでした。

こうしたディープラーニングの結果得られた分析データは、社会一般で共有されれば、とても役立ちますし、異業種間で売買する市場が生まれれば、経済活性化につながっていくかもしれませんね。

スマートホームを実現する機器

IMG_6434

ネットを介して、家の外から、様々な家電をコントロールすることができるシステムを実現するデバイスたちです。

IMG_6438

エアコンやライト、暖房機器のコントロールに使う中央デバイスとネットワークデバイスがつながっています。

中央デバイスには、各種家電とつなぐことができるコネクタがついています。

タッチパネル付デバイスの動作テストデバイス!

スマートフォンのアプリが正常に動くか確認するUIテストは、以下の2つのパターンのいずれかとなると思います。

①様々なテストシナリオをエクセル上などで作成し、人の手で実際にアプリを動かす

②テストシナリオを、コードに落として、擬似的にUIテストを行う

しかし、①の場合、時間がかかり、②の場合、実際の使用状況を完全には再現できません。

IMG_6470

このデバイスは、ロボットアームを使い、実際にタッチパネルをタップしてUIテストを行う事ができます。

タップ、スワイプ、ピンチイン・アウト、回転など、自由自在!

すでに市場投入されており、人気商品だそうです。

IMG_6467

テストシナリオは、独自のスクリプト言語で書かれます。

画面上のどの位置のボタンをタップするかといった位置座標は、計算で割り出したり、実測する必要は必ずしもありません。

カメラでデバイスを撮影した映像上でマウスポインタを動かし、クリックして位置決めできます。

今日のランチ

IMG_6415

IMG_6416

本日のランチは、サラダとサーモン、果物でした!

まとめ

CeBIT2日目にして、初めてIoTブースにきました。

とてもユニークなブースがたくさんあり、まだ回りきれていません。

とてもエキサイティングでした!

明日も会場からお届けします!

仲間を募集中!

クラスメソッドでは、日本、バンクーバー、ベルリンで一緒に働く仲間を募集しています。

海外オフィスの様子