ジャパンパビリオン!IoTと視覚/触覚デバイス – 世界最大級のIT見本市・CeBIT – Day5 #cebit17

はじめに

世界最大級のIT見本市・CeBIT情報をいち早くお届けする、CeBITシリーズ。

このシリーズでは、いち早く皆さんに会場の様子をお届けします!

ここまでの CeBIT シリーズ

今日のポイント

本日は、ジャパン・パビリオンの様子を中心に、お届けします!

裸眼3D医療システム

IMG_6894

金子製作所は、特別なメガネを掛けることなく、

裸眼で3D映像を見られるシステムを使ったシステムの展示をしていました。

その場に置いてあるオブジェを、カメラを使い、リアルタイムに3D映像として変換するモジュールを、同社は開発したそうです。

応用例として、手術等、医療現場での利用があるとのことです。

網膜にレーザー光を投射するグラス!

鮮明な映像を実現

IMG_6889

メガネをかけると、左側にクッキリ鮮明な宇宙船の映像を見ることができました。

このグラスが通常のARグラスと違うところは、網膜に直接、レーザー光を投射するところです。

この仕組みにより、鮮明な画像を見ることができます。

更に仕組み上、視力の弱い方でも、メガネやコンタクトレンズを使うことなく、鮮明な画像を見ることができます。

安全性

IMG_6892

網膜にレーザー光を投射すると聞き、安全性についてスタッフの方にお聞きしました。

弱いレーザー光を使っており、安全性は検証されているとのことでした。

擬似的な触覚を実現する靴!

IMG_6896

この靴は、Cerevoが開発した、靴デバイスです。足の裏の触覚を刺激し、様々な場所を歩いているかのような錯覚を起こすことができます。

あたかも、砂漠、草原、水辺の上を歩いているように感じることができるといいます。

同社のリリース文によると、今年の秋に市場投入の予定だそうです。

IoT機器のデータ通信の仕組みを提供!ソラコムブースインタビュー

IoTは、Internet of Things(モノのインターネット)の略です。

様々なモノがインターネットに繋がり、その先でデータを収集・加工され、今までになかったサービスが提供される未来がすぐそこまで来ています。

そうした、IoT機器とデータを収集・加工する側をつなぐ経路に、ソラコムが提供する通信網があります。

同社が提供する、IoT通信のトータルソリューションをお聞きしてきました。

安全

IMG_6910

IoTデバイスからは、ソラコムのSIMカードを使い、携帯電話通信網に飛んでいきます(日本では、NTTドコモの通信網)。

その先は、通信キャリアからAWSのデータセンターまで物理的な専用線が用意されています。

つまり、AWSのデータセンターまでは、すべてプライベートネットワークをデータが通過することになります。

IoTデータの暗号可など、負荷のかかる作業をIoT機器の側で行うことなく、プライベートなデータを安全に送ることができます。

データ加工が容易

IMG_6906

仕組みとして、ソラコムのサービスとAWSが一体化しています。

大きな負荷なく、AWSで提供されている様々なサービスを使い、データを分析したり、加工したり、IoT機器を制御することができます。

安価

IMG_6907

通信キャリアの中には、似た仕組みを提供しているところもありますが、ソラコムのものの方が、仕組み上はるかに安くなっているとのことです。

豊富な実用例

IMG_6900

大手電機メーカーや、量販店、バス・タクシー会社等、様々なメーカーがソラコム社のIoTシステムを導入しています。

IMG_6913

IoTに特化したこうした通信ソリューションは、とても貴重です。

インタビューに応じて頂き、ありがとうございます!

今日のランチ

IMG_6888

今日のランチは、サラダ・プレッツェル、フルーツでした!

まとめ

IMG_6683

ここまで、5日間、様々なブースを回ってきました。

IoT、そしてそれを取り巻く様々な技術について、その一端を垣間見る事ができました。

今日で、ドイツ・ハノーファーで行われてきたCeBIT2017は終了です。

リポートを御覧いただいたみなさん、ありがとうございました!

仲間を募集中!

クラスメソッドでは、日本、バンクーバー、ベルリンで一緒に働く仲間を募集しています。

海外オフィスの様子