話題の記事

【祝】Developers.IO のブログ掲載記事が2万本を突破しました!

2019.12.09

一部、SNS(TwitterやFacebookなど)で情報を目撃された方もいらっしゃるかも知れませんが、先日日本時間2019年12月5日、弊社クラスメソッドのブログ『Developers.IO』の累計投稿本数が20,000本を突破したことをここにご報告致します!

以下は発表を受けての弊社代表のツイート報告です。時期的にはちょうど『AWS re:Invent 2019』の真っ最中だったのですが、気付いたらあっという間に記録を達成しておりました。


(※およそ3時間で残りの25本が一気に投稿されており、気付いたらジャストの本数でした)

前回の節目:1万本を達成していたのが2017年07月なので、おおよそ2年半で次の1万本を達成出来た、ということになるでしょうか。

Developers.IO投稿20000本突破を記念して、当エントリでは2万本をこのペースで達成出来た要因について、実データを踏まえて幾つかその内容について紹介してみたいと思います。

目次

 

社員の大半がブログアカウントを持っている

クラスメソッド社員は(総務職等のメンバーを除いて)入社時・ジョイン時にブログアカウントが発行されます。そしてそのブログアカウントを以て『クラスメソッドにジョインしました』のシリーズを添えて、クラスメソッドに入社した旨を宣言するのが現在まで続く"慣わし"です。

そんなシリーズも先日ついに300本を超えました。これは即ち、クラスメソッドに300人を超えるメンバーが入ってきてくれたことになります。以下は月毎のジョイン人数(ジョインしましたブログを書いた人数)と累計ブログアカウント数の推移です。ブログを書ける人数がこれだけ在籍している、というのは他にはなかなか無いのでは、と思います。

 

常に誰かがブログを投稿している

下記のヒートマップは縦軸に投稿年月、横軸に日を配置し、数値部分は『その日の投稿本数』を表したものとなります。さしずめ(GitHubの芝生に倣って)ブログ投稿芝生マップとでも言いましょうか。そしてその芝生、ほぼびっしりと生えております。これは即ちクラスメソッド社員がほぼ毎日、誰かしらがブログを書いているということになります。日本国内のメンバーは勿論クラスメソッドはバンクーバーやベルリン、またアジア圏にもオフィスを構えておりますので、時差を超えてそういったメンバーの活動がこの"芝生マップ"を作り上げていると言えます。

 

累計100本以上ブログを書いているメンバーが約60人いる

下記のグラフは、Developers.IO開設から現在までの、著者別の累計投稿本数を並べたものです。過去在籍していたメンバーのアカウントも含んでいますが、その内訳は数名。約60人のメンバーがここまでで累計100本以上、ブログを書き続けています。

 

祭り事になるとアウトプットがえらいことになる

クラスメソッド社員は常に全員がいつもブログを書いている...という訳ではありません。『書きたい時に、書きたいものを書く』というのが基本的なスタンスです。これが、(大きな)イベントごとになるとメンバーのパワーが結集し、時折ものすごい勢いでアウトプットを展開する時があります。

下記グラフは『シリーズ毎の投稿本数ランキング』です。直近では先週まで行われていた『AWS re:Invent』。このイベントには毎年多くの社員が現地参戦し、様々な視点で様々なトピックのブログを書きまくる...というのが毎年の恒例となっています。下記グラフの値は"合計値"ですが、瞬間風速では1日100本を超えるブログが投稿されることも珍しく無くなって来ました。そんな瞬発力も弊社メンバーには備わっていると言えます。

 

『ブログを書く』文化が受け継がれている

そして最後のグラフがこちら。縦軸は入社(ジョイン)年月、横軸は投稿年月、合致する部分の数字が月毎の投稿本数を色で表したものになります。本来であれば画像として参照可能な形にしたかったのですがあまりにもサイズが大きく画像としてアップロード出来ませんでした。ですので雰囲気だけでも味わって頂ければと思います。

見て頂くと、ジョインしたメンバーがブログを書き始めて、投稿を続けていっている、そういうメンバーが過去から現在まで続いてきてこの形を作っていることがわかります。これらの積み重ねがあったことで、これだけの短い期間で1万本を積み重ね、2万本を書いてこれたのだと思っています。

 

まとめ

という訳で、Developers.IO、ブログ投稿累計2万本達成おめでとうございます!!なエントリでした。

Developers.IOではこれからも、日々様々なテーマでブログを書き続けて行きたいと思います。引き続き、Developers.IOをよろしくお願いいたします!!

最後は弊社AWS事業本部本部長、佐々木 大輔による激励動画で締めたいと思います。(※元ネタ)

Just Blog it !!!!!!!!!!