【iOSDC Japan 2023 レポート】「Swiftでりんごを育ててみた」を聞いてきた。

【iOSDC Japan 2023 レポート】「Swiftでりんごを育ててみた」を聞いてきた。

Clock Icon2023.09.04

はじめに

年に一度のiOSエンジニアの為のお祭り iOSDC Japan 2023に参加しています。

せっかくなので、参加したセッションのレポートを書きたいと思います。

Swiftでりんごを育ててみた

登壇者

概要

最近コロナの影響もあって最近話題の家庭菜園ですが、私もベランダで小規模に始めました

しかしいざ挑戦してみると以下の課題に直面しました

①水やりなどの管理が大変

②生育状況が把握しにくい

そんな困った時はテクノロジーで解決するのがエンジニアです!

今回はAppleの株だけでなく、Apple(りんご)の苗木まで買ってしまったiOSエンジニアがSwiftをベースにラズパイを使ったAppleなどの作物の家庭菜園IoT化への取り組みを共有します

具体的には…

①ラズパイを使って、対象の作物の画像を撮影する

②ラズパイで取得したセンサー情報を取得する

③作物への水やりの省力化

④ラズパイからFirebaseにデータを保存する

⑤作物の生育状況をiOSアプリ上から、Chartsなどを使用して、確認できるようにする

ぜひ皆さんもこれを機にiOS開発だけでなく、家庭菜園にもチャレンジしてみましょう!

引用: fortee

資料

感想

Sugiyさんは、ベランダで家庭菜園を趣味でやっており、SwiftでAppleを育てるというとてもユニークな発表でした。

今回は、面倒な家庭菜園のお世話を技術で解決するという内容で

  • ラズパイで植物の写真を撮影、温湿度データを取得
    • 取得したデータをFirebaseに送信
  • アプリ側ではFirebaseから取得した情報をチャートや画像などで確認

自動水供給の仕組み作りの中で水圧の調整に苦労した話など色んな種類の技術の知見が詰まっていました。

身の回りのことを技術で解決する話はとても面白いですね!ハードの実装+iOSアプリの連携は応用が効きそうで夢があります。

また去年のセッションでは、家をSwiftとラズパイを使ってスマートホーム化する話をされていました。

このSwiftに囲まれた生活はとても楽しそうですね!

おわりに

パイナップルもAppleです。

iOSDC 2023 レポート関連

Day0

Day1

Day2

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.