Looker 7新機能:「チームホームページ」に任意のダッシュボードやタイルを設定出来るようになりました #looker

2020.03.29

2020年01月末にリリースされた「Looker 7」。

そのバージョン「7.2」では、便利になった様々な新機能がリリースされています。

当エントリでは、その中から「チームホームページ」について、内容を紹介していきたいと思います。

目次

 

「チームホームページ」とは

Looker 7.2から利用可能となった「チームホームページ」は、Looker管理者による設定で特定のチームまたは個人のデフォルトのホームページを設定できるようになる機能です。

予め作成しておいたLookやダッシュボード、またはMarkdownファイル(*.md)を設定することで、その対象URLでアクセス出来る内容を「ホームページ」として表示させる事が出来ます。

この機能は新規ユーザーのオンボーディングや、異なる言語を話すチームを持つグローバル組織にとって特に役立ちます。

 

「チームホームページ」機能実践

では、この機能を早速実践してみましょう。この機能については、管理者メニュー「Homepage」から設定出来ます。

デフォルトでは、お気に入り、最近表示、人気のあるコンテンツをすべて1つのページに表示する「Lookerの作成済みホームページ(Looker’s pre-built homepage)」が設定されています。

この部分を、任意(※Looker内に存在する、条件を満たすコンテンツの)のURL相対パス設定に変えることでホームページ表示が切り替わる、という寸法です。

設定するコンテンツを用意したいと思います。そう言えば先日、画像カルーセル(Image Carousel)のVIZを試した時に作ったこのコンテンツがちょうど手頃かも(?)と思い、再登場させてみました。ここで作成したコンテンツのURLにおけるドメイン以下の部分を控えておきます。

控えておいた相対パスを設定し、「Save」押下で変更完了です。

ブラウザのメニューから「Home」を選択、ホームページにアクセスしてみます。

するとご覧の様に設定したコンテンツに表示が切り替わりました!

この設定を戻すには、先程の「Homepage」設定画面で以前の選択肢に切り替えるだけでOKです。

ちなみにこの「チームホームページ」機能では、特定のユーザーまたはグループに対応させたホームページの設定も可能となっています。興味のある人は是非掘り下げてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

という訳で、Looker 7の「チームホームページ」に関する紹介でした。

既存のデフォルトホームページでも十分便利かなーとは個人的には思ってますが、この機能を使ってよりダイレクトに効率良く情報を届けるコンテンツをホームページに設定することでより一層の効果が期待出来そうです。