ブース訪問レポート:Daasity編(データ分析およびeコマースのコンサルティング) – Looker:JOIN 2019 at San Francisco #looker #JOINdata

2019.11.25

現地時間2019年11月05日〜07日の期間、米国サンフランシスコで開催されているLookerの年次カンファレンスイベント『JOIN 2019』。今年2019年のイベントは、弊社から3名のメンバーが現地参戦しています。

今回、『JOIN 2019』の展示ブース場に出展されていたスポンサー企業の中から、気になったプロダクトについて幾つか突撃し、簡単なインタビューを行っていました。当エントリではその中から『Daasity』社に関する内容をレポートします。

目次

 

インタビュー概要

今回実施したインタビューについては、以下の様なポイントを5〜10分程度のインタビューでヒアリングしています。

  • 企業概要、インタビュアーの簡単な自己紹介
  • サービスやツールの説明、強みやアピールポイントなど
  • Lookerとの関係性
  • サービスやツールに関するユースケース
  • 日本へのメッセージなどあれば

また、今回のインタビュー記事化にあたっては、Looker社のナロン氏、小野氏両名にご協力頂きました。(特にナロン氏には非常に円滑且つ的確な進行をサポート頂きました。ありがとうございます!!)

  • インタビュー&通訳: ナロン翔平氏(Looker)
  • インタビュー: 小野りちこ氏(Looker)
  • インタビュー&写真撮影: yama
  • 文字起こし&記事化: しんや

 

Daasity社について

Daasityはフルサービスのデータ分析およびeコマースのコンサルティング企業。

クライアントにデータを適切に理解し、それを活用してビジネス全体を管理するためのソリューションと分析を提供しています。 会社の使命として『クライアントをデータ駆動型の組織に変え、ビジネスを成長させるために必要なツールと洞察を提供すること』を挙げています。

プロダクトに関する動画はありませんでしたが、インタビューでお話頂いたDan氏のロングインタビュー動画がありましたので載せておきます。

 

インタビュー本編

インタビューに対応頂いたのはDaasity社のDan LeBlanc氏(CEO, Founder)。

Dan氏は前職でECアナリティクスを担当。所属企業が買収され、転職した元同僚からECアナリティクスの支援を求められる形に。そこでLookerの導入を数社行ったが、ほとんど同じものを開発していることに気づき、オートメーションやLookMLのテンプレート化に取り組みました。それらのプロダクトを踏まえ、迅速且つ効率的にアプリケーションをデプロイできるD2C向けEC分析ソリューション、Daasityとしてサービス提供を始めました。現在はAmazon, Shopify, MagentoでセールスしているD2Cにしかプロダクトを販売していないそうです。

Daasityが考えるお客様の課題については『D2Cは流通やマーケにリソースを注いでいるが、エンジニアや分析に費やせる時間・労力・資金がないという点だ』とコメント。『Lookerを導入するためには分析スキルのある人が必要。普通は6ヶ月ほどかけてExtraction -> storage -> transformation -> visualization -> analyticsを達成するが、Daasityであれば1週間で全て完了出来る。アカウント発行に20分、あとはデータが入ってくるのを待つだけだ』とDaasityを導入する事で削減出来る効果について説明しました。

また、2年間かけてShopifyデータをFacebook, Bing, シッピングデータ等に紐付ける仕組みを開発したそうです。

直近のトピックでは、LookerをCDPに変える新しいサービス、Daasity Audienceを発表。DBに集めたカスタマーデータをDaasityのモデルとLookerで分析しやすくするものなのだそうです。セグメンテーションも簡単。にその他マーケツールとコネクタで統合し、分析結果をアクションにつなげるサービスとして、今後に向けて展開していきたいと意気込んでいました。

 

まとめ

以上、Looker:JOIN 2019ブース訪問インタビュー(Daasity社)の突撃レポートでした。

こちらの製品、無料トライアルも展開しているようなので気になる方は試してみてはいかがでしょうか。