[バージョンアップ]AWS Deep Learning AMIがバージョンアップしました。

AWS Deep Learning AMIがバージョンアップしました。
2018.12.15

はじめに

好物はインフラとフロントエンドのかじわらゆたかです。
AWS Deep Learning AMIs がバージョンアップしたので、その紹介です。

New in AWS Deep Learning AMIs: PyTorch 1.0, MXNet 1.3.1, Chainer 5.1, and CUDA 10

AWS Deep Learning AMIs がバージョンアップしました

今回更新があったのはUbuntuとAmazon Linuxで提供されているAMIです。

更新されたフレームワークは下記の通りです。

  • PyTorch 1.0
  • MXNet 1.3.1
  • Chainer 5.1

以下の更新も含まれます。

  • NVIDIA stack
  • CUDA 10,
  • cuDNN 7.4.1
  • NCCL 2.3.7.

これにより、以下のことが可能になったとのころです。

For GPU-based training, PyTorch 1.0 in the AMIs is fully configured to take advantage of performance improvements in CUDA 10. GPUベースのトレーニングの場合、AMIのPyTorch 1.0はCUDA 10のパフォーマンス向上を利用するよう完全に設定されています。

AMIの選択画面からも更新されていることがわかります。

まとめ

AWS Deep Learning AMIは機械学習のインフラとして、re:invent 2018の中でも何度も名前が出てきました。 リザーブドインスタンスやスポットインスタンスでAWS Deep Learning AMIを立ち上げてコストメリットを享受したいといった際に、フレームワーク等の更新がされているのは心強いですね。