なつやすみ 親子ワーケーションチャレンジ!

今年小学生になった長女にとって初めての夏休みが始まりました。小学生の夏休みって長いですね〜…というわけで、地元へ帰省したついでに夏のアクティビティと仕事の両立をしてみようと思い立ち、母である私と小1長女と年少次女の3人で親子ワーケーションに挑戦しました。
2022.08.15

1泊目:花火が見られるホテルでワーケーション

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート

seagaia room
大昔にシーガイアというリゾート施設があり、オーシャンドームという大型プールが海の近くにあったことをご存知でしょうか…施設の大半はなくなり、45階建てのホテルはシェラトングループで高級ホテルとして生まれ変わっています。今回は「打ち上げ花火が見たい」という子供からの要望があり、夏休み期間ほぼ毎日花火が見られるということで選びました。
写真の部屋が実際に宿泊した部屋タイプです。とても広々していました!(写真は公式サイトよりお借りしました)
そしてホテルでワーケーションできるプランもあります。リッチな南国風情を楽しみながら連泊ワーケーションしたい人にはおすすめです。

ワークスペースが最高

workspace よくあるホテルの部屋だと壁付で棚一体型のデスクが多いですが、シェラトンの場合は室内に向いた形でデスクがついており、子供達の様子を見ながら作業ができました。そして大きな窓がついた高層階からは太平洋が一望でき、雄大な景色を見ながら一息つけました。

ホテルの部屋で見る花火は…?

fireworks

夏の特定期間中は毎日3分間だけ宿泊者向けに花火が上がります。
3分間というのは正直「短い!」と思いますが、年少次女の保育園の先生曰く、その年頃にはちょうど集中力が続く長さということだそうです(幼児の集中力は年齢+1分ぐらい…らしい)。宿泊当日は快晴で、無事室内から花火を見ることができました!3分とはいえ間近で大きな花火を見るのはいい思い出になりました。

子供とゴルフ体験!

snaggolf

実はシェラトンの周辺は世界のプロが集まるコースがあります。シェラトン周辺といえば海とゴルフです。もちろん子供と本格的なゴルフはできないのですが(私もできない…) 子供とも楽しめるスナッグゴルフというアクティビティができるようなので、体験してみました!
道具は一般的なゴルフのクラブに相当するランチャーやパターに相当するローラーを使い分けて、専用コースを回り得点を競います。松林の中に9つのコースがあり、1時間ほどで回れるようです。朝から体験してみたものの、それでも暑くてコースを回り切る前に断念してしまいました…ゴールを狙ってクラブを振るのは楽しかったようなので、涼しい季節にまたリベンジしたいです。

その他よかったところ、(個人的に)イマイチなところ

シェラトンの良いところは食事関連です!ルームサービスがあるので、お金さえ出せば夜と朝の食事には困りません。しかも食事が美味しい。また、朝食券の使える時間が長いのもメリットだと思いました。朝食券は6時から13時まで利用できるようになっており、ランチとしても利用可能でした。
イマイチなところは、子供と過ごすとやや苦労することが多い点です。子供向けというよりラグジュアリーな過ごし方をしたい大人向けの施設なので、まず館内プールは大人向けの深さのものしかなかったです(足のつかない子供二人を私一人で見る勇気はなかったです)。あと広いホテルがゆえに温泉や食事などの場所が離れていて移動に時間がかかる点はマイナスでした。子供が小学校中学年ぐらいになると気にならないかと思います。

2泊〜3泊目:海のそばでワーケーション

ANA ホリデイ・イン リゾート 宮崎

holidayinn

room2

もう一箇所ワーケーションしてみました。たくさん海で遊べるだろうということで海水浴場が目の前のホテルです!
宮崎の観光地、青島にあるホテルです。ホテルのすぐ横には太平洋の穏やかな海と砂浜が広がっています。いざという時は子供用のプールもあるのが嬉しいポイントです。
実際に宿泊した部屋は写真のタイプの部屋です。広さはシェラトンより若干狭めですが、親子3人で過ごすには十分な広さでした。次女も寝具付プランにしたためベッドの1つキングサイズに変更されており、とてもありがたかったです。(写真は公式サイトよりお借りしましたので、通常のベッドです)

ホテル周辺での過ごし方

ホテルでは海をメインにしたアクティビティが楽しめます。 あとホテル内にもキッズボルダリングやクラフト系のアクティビティがあり、ホテル周辺で過ごすのに退屈しなさそうです。
隣にはこどものくにという遊び場があります。かつては遊園地で、幼少期は頻繁に訪れた場所でした。今は遊具やツリーハウス、スワンボードなどがあり、ちょっとした自然公園になっていて、屋外用のおもちゃがあれば楽しめそうです。ただ滞在時は暑くて日中立ち寄ることはありませんでした。
あと、観光名所として青島があります。ちなみに島の方の青島には(「青島」には島そのものを指す場合と、地域名を指す場合があります)、青島神社しかありませんが、亜熱帯の植物が生い茂り中々風情とパワーを感じる場所です。参道に飲食店が立ち並び、子供達はそちらが目当てになりそうです。

ひたすら泳いだ3日間

色々楽しめることはありそうなのですが、子供たちの希望はやはり「水遊び」でした。滞在3日間は快晴で暑さも相まって、業務の合間にひたすら海かプールに行きました。 滞在1日目、チェックイン時間は15時ですぐ会議が控えていたので、チェックイン前の昼過ぎから室内プールで楽しみました(宮崎の昼間は特に日差しが強いので朝夕以外は室内プールで過ごしました)
2日目は朝食をとってすぐ海遊び。子供たちは早起きなのでちょうど良かったです。長女は冷たい波と戯れ、次女は砂遊びに興じてました。(宮崎の海、結構キレイですよ〜)

girl 業務の合間に青島まで足を伸ばしてかき氷やアイスを買い食いしました。そしてまた昼過ぎに室内プールで過ごし、夕方の会議後に終業しました。
3日目も早々に朝食を済ませて海へ繰り出しました。チェックアウト後もまた室内プールに行き昼食前まで遊びました。

海とプールを楽しめるサービス

館内にはコインランドリーが併設されているので、水着はすぐに洗って再度利用できました。洗剤を入れなくていいタイプで、1時間もあれば洗濯乾燥まで完了してくれるので何度も利用しました。
ホテル内は水着移動が許可されています。海を楽しんだ後、水着のまま部屋に帰れます。(ただし濡れた水着で大浴場へは行けません)我が家の場合、海遊びの後はホテル外のシャワーで砂を洗い流した後、部屋で着替えることができたので片付けが楽でしたね。

その他よかったところ、(個人的に)イマイチなところ

程よいサイズ感のホテルなので、海も含め館内移動が楽でした。
プールは子供向けの浅いサイズもあった点が良かったです。タオル貸し出しサービスにも助けられました。
イマイチだったところは、食事に関してです。朝食と夕食のバイキングを2度ずつ体験しましたが、あまりレパートリーが変わらなかったため、長期間滞在すると飽きるだろうなと思いました。あと、昼ごはんはホテルの外で調達が必要になる可能性があります(私の滞在時は、唯一ランチ営業をしている中華レストランが臨時休業していました…)

親子ワーケーションのあれこれ

会議は風呂場

親子ワーケーションでの困りごとと言えば、会議ではないでしょうか?
私はひたすら風呂場が会議場所でした…両ホテルともトイレは別になっていたので、私の会議中に子供たちがトイレ利用することができました。閉め切ると暑いのがたまにキズでしたが、風呂場までWifiが届いていたので問題なく会議に参加できました。(音声は若干響いていたかと思います…)

私が仕事中の子供たちの過ごし方

これはワーケーション中に限ったことではなく、昨今の自宅待機中などにも起こりうる話ですが、業務時間の子供の過ごし方が一番大変でした。正確に言うと、色々対策しましたが結局うまく乗り切れませんでした。遊びに飽きた後の頼みの綱がテレビかiPadで、特にYoutubeの依存率が上がりました。もっと子供達だけでも楽しめる室内の過ごし方を用意すべきでした。

稼働について

この期間だけは会議以外をアクティビティ優先で過ごしており、稼働を減らしておりました。会議以外の作業は早朝や子供との遊びの間に進行しました。
ワーケーション期間の平均稼働時間は6.5時間ほどでした。私の部署の場合、1ヶ月トータルで勤務時間を調整できるので、充電できた分これからしっかり働きます!

感想

子供のためにやったというよりも、半分は自分のためですね。子供の休みを利用して非日常感のある場で仕事ができたのはすごく楽しかったです。掃除や食事の用意がない環境で働けるのも嬉しかったです。
しかし本当の理想は私の仕事中でも子供たちがもっと自由に過ごせるような場所でワーケーションすることですね。来年の課題です。
この長い夏休みを利用して、もう一度ぐらい近場ワーケーションにもチャレンジしてみたいです。