SafariとChromeで拡張機能を揃えることでiCloud+のプライベートリレーをApple製品通しで使えるように備えてみた

Apple製品で常日頃固めている身として、iCloud+のプライベートリレーも十二分に享受すべくとMacのメインブラウザをSafariに変えられないかと検討してみました。
2021.09.27

iOS 15にてiCloud+サブスクリプションの一部にプライベートリレー機能が追加されました。Safariを使っているとプライベートにて安全にアクセスできる仕組みです。iOS 15にて追加されたためにiPhoneやiOS専用機能かと捉えがちですが、今後macOS Montereyでも利用可能になります。

ただ、普段Mac上ではChromeを使っているというケースは多いでしょう。iPhoneやiPadなどモバイル端末上では融通のよさからSafariを使いつつも、MacではChromeとなるとプライベートリレーの効果も薄まってしまうかもしれません。Chromeを使う大きな理由は拡張機能です。ではSafariでもそれが維持できるなら?

ChromeからSafariへ移行を試みた場合に過不足なくいけるのか、拡張機能をベースに検討してみました。

Chromeで主に使っている拡張機能

インストールしていながらも実際には使っていない、という拡張機能はありがちです。そこで本当に使っている拡張機能を業務、プライベートに分けてピックアップしてみました。

拡張機能 業務 プライベート
1Password
Todoist for Chrome
Adblock Plus
Grammarly
CreateLink
DevelopersIO Search -
MyRecorder Chromeアシスタント -
Google Apps Script GitHub アシスタント -
Proxy SwitchyOmega -
AWS Extend Switch Roles -

業務利用でなければSafariでも問題なさそうに見えます。

Safariで同等に使える拡張機能

上の一覧で業務とプライベート両方にチェックが入っている拡張機能をSafariで見繕ってみました。

Chromeでメジャーなアドオンの場合、AppStoreにもSafari用拡張機能として申請されていることがあります。今回は幸いに類似したものを含めたとはいえカバーできました。

一部拡張を非公式にSafariへ移植する

業務にて利用しているアドオンのうち、プライベートでも利用価値が高いものもあります。今回はProxy SwitchyOmegaとAWS Extend Switch Rolesがそれらに該当しました。

Proxy SwitchyOmegaについてはproxy.pacでの設定が代案としてみられます。事実、判定を自身で書く以外はほぼ同一のことを行うので妥当でしょう。ただしAWS Extend Switch Rolesは厳しいところです。

一応Safari向けにセルフビルドする方法もあります。プライベートではそれほどSwitchRoleすることもないため見送っていますが、業務用ブラウザをSafariに移行検討する場合には恐らく避けられません。

あとがき

SafariでのプライベートリレーをApple製品間で活かし尽くすこと前提で検討してみました。Safariの拡張機能も最近は数多く揃っていてChromeにも見劣りはしないのですが、Safariの拡張機能は申請にApple Developer Programが必要となる点で費用面にてChromeよりも小回りの効く拡張機能は少なめです。

プライベートリレー機能が業務に及ぼす影響を考慮すると、改めてプライベートと業務でブラウザの切り替えや併用を検討するのもありかなと思いました。