[レポート] コロナ禍において、どのように国内No.1登山サービスは戦略を変えたか? プロダクトマネージャーカンファレンス 2020 #pmconf2020

2020.10.27

2020年10月27日に開催された プロダクトマネージャーカンファレンス2020 ~見えない未来をリードするプロダクトマネジメント~の「コロナ禍において、どのように国内No.1登山サービスは戦略を変えたか?」セッションのレポートです。

概要

国内No.1登山アプリ・サービスであるYAMAPは、新型コロナの流行にあわせて大きく戦略を変えていきました。 状況の変化にプロダクトマネージャーはどのようにその兆しを捉え、分析し、戦略を変更し、それを実行まで導くか?  その思考の過程や苦闘の内容をすべてお見せします。

登壇者

土岐 拓未 / 株式会社ヤマップ / プロダクト・マネージャー

資料

セッション

  • コロナ禍 で結構劇的に戦略を変えていった話し
  • 経歴
    • 雑誌のエディター - Javaエンジニア - … YAMAP
  • YAMAPとは
    • 登山のアプリ
    • 山は電波が無い、事前に地図をダウンロードできる
    • 2020/9 200万ダウンロード
    • 1.5万登山日記が毎日

1. 戦略をどう変えたか

  • 「反脆い」戦略をどう立てた?
  • YAMAPのOKR
    • ミッション/ビジョンからのストーリーラインで一枚の絵で表現してる
      • OKRが簡潔になる
      • 何故やるのかを浸透させる
        • 指標を達成することが目的になってしまうので
      • 前提を明らかにする
    • Objective の一つ - ユーザー規模を拡大
      • 成長サイクル図を作ってる
        • ユーザージャーニー が ユーザーコンテンツ を作成するなどの流れを表現
      • 登山前と登山中のユーザーを増やしていこうと思ってたが、コロナ禍で前提が崩れる
        • ~~人は自分の意思で自由に山に登ることができる~~
    • OKRを改訂した
      • シナリオ予測
        • アウトドア・登山・製品の影響を徹底的に洗い出す
          • 正しい予測は不可能なので、網羅したシナリオを考えた
      • 施策ブレスト
        • シナリオを元にブレストした
      • データ分析
        • Lookerを使ってコロナ禍前後の変化を見てる
    • ”日常”のなかに何かを提供する必要がある
    • 逆風の状況の中で2020年8,9月最高の成長を達成

2. プロダクト・マネージャは何をしたか

  • OKRの変更について難しかった
    • 予測できない未来(特にコロナ禍という中で)
    • 開発を止めることによるモチベーション低下
    • 素早く変化に対応する組織づくり
  • 課題発見・優先度決定/共有・施策実行
    • 特に優先度決定/共有に早くたどり着くのが重要
    • チームで考え、驚き最小の原則を重視した
      • 課題の発見段階から関係者を巻き込む
      • そうすることで驚き最小にできる
  • 予測できない未来に向けた計画づくり
    • チームで戦う
  • 計画中止によるモチベーション低下
    • 悩んでる事も共有する -> 次の実行まで伝わりやすくなる
  • 変化に素早く対応する組織づくり
    • 計画地のWhyも共有しているので、実行後の変更も素早く対応できる
  • 収束を含めてブレストする
    • 発散 - 収束させるために
      • 分類する
      • 話をよく聞く
      • など全力で考える
  • まとめ
    • 戦略をどう変えたか -> 半脆い戦略
    • チームの力を最初から巻き込み、驚き最小の法則

感想

YAMAPはたまに利用させてもらってたり、中の人の記事をブログで見かけたりと、気になるプロダクトでありセッションでした。 将来の予測が難しい中でチームの力を早期に集結させて正面から切り抜けたあたり、難しい課題を多くの人の知恵をクリアしていける、という事例として、脳内保存しました。