[レポート] AWS GameDayに参加してポンコツおじさんとしてチームの足を引っ張った話 #HAC301 #reinvent

re:Invent 2019から、[HAC301] AWS GameDay: Main event countdown に参戦した不甲斐ない結果ついてレポートします。
2019.12.06

西澤です。「ラスベガスでしか体験できないことをやりたい!」ということで、AWS GameDayに初挑戦してきました!メンバーはどんな組み合わせになるのやらとドキドキしていましたが、結局はクラスメソッドから多数の参加者がいることがわかり、素晴らしいメンバーたちと楽しく参加することができました!レポートできる範囲でお伝えしたいと思います!

AWS GameDayとは?

AWS GameDayとはチームとしての総合的な力が試されるシュミレーションイベントです。各チームは、ユニコーンレンタル社の社員として、与えられたミッションをクリアすることで、ポイントを獲得することができ、そのポイントをチームごとに競うような環境が提供されます。

ただし、詳しい内容についてはレポートすることができないのですが、個人的には非常にインパクトのあるイベントだったので、その感想などを含めてご報告できればと思いました。

セッション情報

AWS GameDay is a simulation exercise that challenges your skills in deploying, maintaining, and scaling an application against internal and external changes and threats. Participants are given live AWS accounts for a fully hands-on, gamified training. GameDay is suitable for anyone with AWS experience. Whether you're a developer, a solutions architect, or a DevOps practitioner, there's something for you. In this year's brand-new game, expect to flex your machine learning skills. You'll manage unpredictable feature releases, traffic fluctuations, and more. You earn points by keeping your applications running, the requests flowing, and your customers happy. Did we mention that there are unicorn-themed prizes?

環境、その他

  • 今回のイベントのスポンサーは、New Relic(ニューレリック)さま(ありがとうございます!)
    • 私自身は利用経験がほぼ無かったのですが、ゲーム内でも実際に利用したところ、AWS環境のすべてのレイヤーの監視をまとめて管理できる素晴らしいツールであることを改めて実感しました
  • セッションの概要にもある通り、機会学習系のサービスを利用するミッションがあったり、旧来からあるAWSサービスに加えて、コンテナやビデオ配信等、非常に幅広いAWSサービスについての知識や経験が問われる内容になっていました
  • 机上での作業のみでないクエストも用意され、楽しむための趣向が凝らされていました
  • 専用の管理コンソールにミッションを進めるための指示やヒントが散りばめられており、また、実際にその場で支援してくださるエンジニアの方のサポートも受けることができるので、手が止まって何をしたら良いかがわからないという時間がほとんど無い濃密な時間を過ごせるようになっていました
  • 時間の流れに従ってイベントが発生するような仕掛けがいくつも用意されており、常にハラハラ・ドキドキを体験できるようにデザインされていました
  • 4時間半の長丁場のイベントですので、コーヒーや軽食なども用意されているところも、非常にありがたかったです!

やったこと

ということで、ざっくりしか書けませんが、私が対応した範囲の概要は以下の通りです。

  • 参加はクラスメソッドの超優秀な仲間たちと4人のグループを組みました
  • 気心の知れているメンバーではあったので、特に担当や役割も決めずになんとなく始めました
  • 個人としては、比較的以前から存在するサービスを組み合わせた環境を、指示書に従って進められるところを担当しました
  • 少々浮足立っての参加だったところもあり、指示書をきちんと読んでいなかったり、凡ミスを連発しました
  • 途中からメンバーに作業のダブルチェックに入ってもらい、なんとか作業を進めることができました
  • 焦らされる仕掛けに踊らされ続けて、あまり効果的なアクションを取ることができませんでした
  • 技術的に貢献できるところが少なく、肉体労働をがんばりました
  • チームとしては、全体の真ん中くらいのスコアでフィニッシュという非常に残念な結果に終わりました。

感想

  • まず、非常に楽しかった!、本当にゲームのように楽しめる仕組みが素晴らしいと思いました
  • 外国のエンジニアの方ともチームでやってみたかったけど、結果的には初参戦は日本人のみのチームで良かったかなというのが正直な感想です
  • あまりに役立たずで、不甲斐なく悔しかった
  • またやりたい

チームのみなさん、ご迷惑をおかけして、本当に申し訳ありませんでした

参考

合わせてこちらもお読みいただけると、より雰囲気が伝わるかと思いますので、ご紹介させていただきます!

re:Invent 2019の参加メンバーによるレポート

[レポート] AWS GameDay メインイベント カウントダウン (AM) に参加してきた。 #reinvent #HAC301

[レポート]話題のカオスエンジニアリングが体験できる!ラスベガスでGameDay参加、成功を収める秘訣とは!? #reinvent

[レポート]AWS GameDay: Main event countdown (PM)に参加しました #reinvent #HAC301-R1

以前の参加レポート

AWS GameDayに初参加してみた【AWS GameDay Microservices Madness@AWS Loft Tokyo】

AWS GameDay Microservices Madness -Tokyo に参加してきた

【参加】reInvent2017 GameDay参戦記録 #reinvent #HAC004

【参加】re:Invent2017 GameDayに参加したら想像以上に楽しかった #reinvent #HAC004

まとめ

来年ラスベガスで、または、日本でも実施されることがあると思うので、ぜひまた挑戦したいですし、より多くのエンジニアにおすすめしたいイベントでした!徹底的にエンターテイメントにしてしまうこの文化は日本には無い素晴らしいものだと思います。

引き続き、現地からのレポートを続けます!