[レポート]トランスフォーメーションを加速させるトレーニング (Ready, set, innovate: Training to accelerate transformation) #reinvent #TNC201-L-AM

AWS re:Invent 2021 におけるAWSトレーニング/人材育成のセッション "Ready, set, innovate: Training to accelerate transformation / TNC201-L-AM" のレポートです。 AWS人材育成を、グローバルにはどのような方法で行っているかを学べます。
2021.12.03

AWS認定トレーニング講師の平野@おんせん県おおいたです。

re:Invent 2021 でのAWSトレーニング/人材育成に関するセッションをレポートします。 国内でもAWS人材の育成は課題ですが、グローバルにはどのような方法で行っているかを学べるセッションですので、お時間があればぜひ動画もご覧ください。

セッション概要

SPEAKERS

  • Maureen Lonergan / Vice President of Training and Certification, AWS

DESCRIPTION

この1年半の間にクラウド化の流れは加速し、企業は適応、革新、そしてチームのスキルアップのための新しい戦略を必要としています。このセッションでは、AWSトレーニング&サーティフィケーション担当副社長のMaureen Lonerganが、AWSがこの1年で学んだこと、そしてAWSクラウドのパワーを最大限に引き出すために必要なスキル、自信、専門家のサポートを社員に与える方法を紹介します。AWSのエキスパートが構築したクラウド・トレーニングで、興奮を呼び起こし、新しい才能を惹きつけ、組織が大きく考え、革新し、真のビジネス・トランスフォーメーションを推進することに挑戦する学習文化を創造する方法をご覧ください。

SESSION LEVEL

  • 200 - Intermediate

用語

  • cloud fluency: (組織内で)クラウドを流暢に活用できる

レポート

イントロダクション

  • パンデミックで私にとって思いもよらないことを始めた。ハーフマラソンです。
  • ハーフマラソンに向けて3つのことが大切だった
    • トレーニング: 何百マイルも練習した
    • ツール: スマートウォッチでペースを計測、AC/DCを聴きながら走った
    • コミュニティ: サポートしてくれる仲間がいた

イノベーションのレース

  • 我々はイノベーション競争の真っ只中にいる
  • とダンスフォーメーションの真っ只中にいる
  • パンデミックに加速したがまだ十分ではない
  • もっと加速しなければならない
  • ビルダーやリーダーはクラウド移行へのトレーニングが必要

今日のテーマは学習

  • パンデミックで加速したトレンド
  • トレーニングで学習体験を再構築する
  • 学習者がいる場所で学習者を巻き込む新しいツール
  • 学習コミュニティの構築
  • 人材を惹きつけ、維持し、やる気を起こさせる学習

パンデミックにおける新たな課題と機会

  • パンデミックでルールが変わった

お客様が期待するのは、イノベーション、スピード、そして利便性

  • 顧客は、皆が軽快で適応性があり弾力性があること(everyone to be nimble, adaptable, and resilient)を望んでいる
  • 我々自身がパンデミックのように素早く変化する必要がある

グローブ・テレコム、顧客の痛みを軽減

  • フィリピンの通信会社
  • パンデミックで大規模なトレーニングプログラムに本気で投資した
  • これまで顧客は支払いセンターで支払ってた
  • これはリスクがあった
  • トレーニングを通じて、開発スピードが上がり、新しいシステム(G cash app)を構築できた
  • 現在は2/3の顧客がこのシステムで支払っている

パンデミックによる労働力の圧迫

  • パンデミックにより明らかになったスキルギャップ
  • 大量退職の時代が来てる
  • 従業員は、仕事や人生に何を求めているのか、どのような組織で働きたいのかを再検討している
  • 2022年までに180万人分の技術系職種が空席に
  • 技術系企業の退職者数が4.5%増加

今日と明日のためにビルダーを強化する

  • 3つ目のトレンドは、組織がトレーニングに価値を置き、従業員に力を与える方法に変化が見られることです。
  • 企業は投資を行い、継続的に学習する文化を作る必要があります。
  • 社員の学習と経験に投資することで、社員はイノベーションを起こす力を得ることができます。
  • 人材を惹きつけ、維持する環境を作りたいとお考えなら、私たちはそのお手伝いをします。

  • ここでPrincipal Financial Groupの事例を紹介します

  • 歴史がありレギュレーションも厳しい、イノベーションは難しくみえる
  • 我々とやることで、成し遂げた
  • 彼らはクラウドビルダーでの学習体験を刷新し、ビジネスと文化を変革しました。

Principal Financial Group

  • Senior Vice President and CIO, Kathy Kay
  • 改革の時に3000のテックチームを率いていた
  • 会社は18000人の従業員
  • 創業142年
  • 4900万人の顧客

  • お客様の期待に応えるための変革

    • 戦略に基づくスピードとアジリティ
    • AWSクラウドへの移行
    • 需要のあるスキルの構築
  • 我々には再発明の歴史がある

  • 我々は、お客様の要望に応え、新しいマーケットに進出してきた
  • しかし、テクノロジーの進化に伴い、お客様の期待も変わってきました。
  • そのため、私たちはより技術的に前進し、データを重視する必要があると考えました。
  • 私たちのように技術的な負債を抱えていない、より迅速に行動できる保険会社やフィンテックがドアを叩いています。
  • また、業界を混乱させるような外部からの脅威のリスクも常にあります。
  • だからこそ、変革が必要であり、クラウドへの移行が必要であることはわかっていましたが、そう簡単にはいきませんでした。
  • 当社には、うまく統合されていないレガシーシステムがあります。
  • また、外部との接続も容易ではありません。
  • そのため、何か違うことをする必要がありました。
  • パンデミックが発生して、お客様と直接お会いすることができなくなったため、その必要性はさらに高まりました。
  • そのため、お客様のニーズに合わせたソリューションを迅速に提供しなければなりませんでした。
  • そのためには、クラウドに移行するために何が必要かを理解する必要がありました。
  • ただ人員を増やすだけではだめで、チームを再編成することが最良の選択肢であることはわかっていましたが、それを迅速に実現する方法を提供することができました。
  • そこで私たちは、AWSとT&Cチームと協力して、これを実現するために何をすべきかを理解する手助けをしました。

  • 組織的なcloud fluencyの構築

    • サイロの解消
    • 学習ニーズ分析
    • スケールメリットのあるトレーニング
    • 学習コミュニティの構築
    • AWSでの構築と革新
  • 私たちは複雑な組織です。

  • 様々なビジネスを展開しています。
  • 世界中に様々なお客様がいらっしゃいます。
  • そのため、共通の言語を使う必要があると考えました。
  • 共通の測定基準を得る必要があることもわかっていました。
  • そのためには、これまでの仕事のやり方とは違うことをする必要がありました。
  • そこで、まずT&Cチームに協力してもらい、ちょっとした分析をしてもらったところ、私たちが抱えていた課題が明らかになりました。
  • 現在のチームは、クラウドへの移行や、クラウドとDevOpsのメリットについて、多くの知識を持っていませんでした。
  • そこで、彼らと一緒に学習ニーズ分析を行い、ベースラインを設定し、ギャップを明確にしました。
  • また、社員のスキルアップに必要なペースを特定しました。
  • その結果、お客様のニーズを満たすための戦略を実現することができました。
  • まずはインストラクターによるトレーニングから始めましたが、これはうまく採用されました。
  • 私たちはそれをとても楽しみにしていました。
  • 人々は必要に応じてトレーニングを行うことができました。しかし、私たちはもっと必要だと感じていました。

  • Principal Cloud Accelerate

    • 目標を200%上回った
    • 全世界で1,500人のイベント参加者を獲得
    • 60以上のチームがCloud Catapultを利用
    • グローバルなコラボレーションと知識の交換
  • そこで、Principal Cloud Accelerateを開始しました。

  • これは、私たちの文化の中でクラウドに移行するためのプログラムでした。
  • 私たちは、AWS T&Cチームと再びチームを組みました。
  • AWSのスキルを活用して、計画全体を前進させるためのフレームワークを提供しました。
  • 私たちは、クラウドを学ぶ文化を作りました。
  • 私たちには、スキルを磨き、自分のペースで時間を過ごし、世界中でお互いに助け合うことができるクラウドアドボケイトがいます。
  • このようなことができるのは本当に楽しいことで、これまであった障壁を取り除くことができるのです。
  • 以前はサイロのようになっていました。
  • 以前は少しずつ独立して仕事をしていましたが、今では各チームが一丸となって仕事をしています。
  • 彼らはとても興奮しています。
  • デモを開催したり、オフィスアワーを行ったりしています。
  • また、資格取得のために、社員研修やテストも社員の時間を使って行っています。
  • ランチ&ラーニング、イマージョン・デイ、さらにはコードジャム(ハッカソンのようなもの)も行っています。
  • 結果は興奮を示しました。
  • このサンドボックスでは、すべての目標を上回ったことがわかります。
  • 教室でのトレーニングやデモへの参加を活用しています。
  • アメリカ、チリ、マレーシア、インドなど、世界中で1500人もの参加者が何らかのトレーニングを受けています。
  • 私たちがAWSと提携した数多くの理由のひとつです。
  • また、当社にはクラウドカタパルトチームがあり、ワークロードをクラウドに移行するためのコーチングをチームに提供しています。
  • また、AWSとT&Cチーム、スキルギルドのフレームワークにより、これまでにない方法でチーム間のグローバルなコラボレーションを実現しています。
  • そして、クラウドを加速させることでビジネスの勢いが増し、過去には見られなかったペースで成果が出ています。

  • "我々のチームは、より効果的かつ迅速にソリューションを提供するために、ビジネスの領域を超えて共有することを学んでいる"

  • いくつかの例は、ケアズアクトの時です。

  • パンデミックが発生したばかりの頃、中小企業のお客様が資金調達の申請方法に非常に困っていました。
  • そこで、あるチームが2、3日でマイクロサイトを立ち上げ、企業のお客様がCarees Actに基づいて資金を申請するために必要なものをすべて提供しました。
  • 以前であれば、もっと時間がかかっていたでしょう。
  • ハッカソンでAWSのスキルを学んだインターンがいて、彼らは6週間でクラウドのデータウェアハウスにプレップデータを移すことができました。
  • 9週間くらいでしょうか。
  • 以前であれば、我々のチームの1つが6ヶ月くらいかかっていたと思います。
  • また、Enterprose Cloudチームは、わずか2四半期で41の再利用可能なサービスを構築しました。
  • これは、プリンシパルクラウドアクセラレートのナレッジハブにある、グローバルに活用できるコード、ドキュメント、パターンです。
  • 繰り返しになりますが、コラボレーションの量と実際のイノベーションは、このような環境をすぐに立ち上げることができるからです。
  • また、これらの環境をすぐに起動することができるので、コラボレーションやイノベーションの可能性が広がります。
  • チームを解き放ち、彼らが達成していることは驚くべきことです。
  • また、SageMakerのようなAWSのサービスを活用することで、私たちのビジネスはこれまでとは違った形で機能するようになりました。

  • リタイヤメントビジネスでは、予測モデルを構築し、これまでできなかった方法で、より迅速な意思決定と自動化を実現しています。
  • 保険事業では、SageMakerの自然言語処理を活用してアンケートを実施したり、見積もりのためのリアルタイムウェブフックパイプラインを提供したりしています。
  • また、歯科医院の請求書やSASプロバイダーとの統合も非常に迅速に行うことができました。
  • これも過去には実現できなかったことです。
  • Wells Fargo社の退職金ビジネスを買収した際、新たに入ってきたデータをすべて処理しなければなりませんでしたが、レガシー環境ではプライムで8時間かかっていました。
  • そのワークロードをクラウドに移行するチームがありました。
  • 現在はデータ量が2倍になっていますが、処理時間は3時間です。
  • 例えば、中国のAnt Financial社とのE-walletプラットフォームへの参加など、新興市場への進出や新しいビジネスを迅速に行いたいと考えています。
  • 中国のAnt Financial社との電子財布プラットフォームへの参加など、新興市場への進出や新規事業を迅速に行う際には、これまでにないスピードで統合することができました。
  • すべてのサポート、過去にはできなかった方法でのお客様のサポート、私たちのチームはこのことにとても興奮しています。

  • 2022年も旅を続け、認証を続けていきます。
  • 基準を高めていきます。
  • 体験型のトレーニングも追加します。
  • 私たちのチームはとても楽しみにしています。
  • 実際、デモインでは観戦会が開かれています。
  • 私の前の席には、とても誇りに思っているチームがいます。
  • 私のチームにエールを送りましょう。
  • ありがとうございます。
  • このチームの一員であることを誇りに思います。
  • 私たちは、人材への投資をとても大切にしています。
  • これは、CIOとして最も重要な資産です。
  • 彼らにツールを与え、学ぶ時間を与え、投資することが重要なのです。
  • 失敗してもいい、革新してもいいという時間を与えるのです。
  • そうすれば、驚くほどの成果を得ることができるでしょう。
  • トレーニングツールとコミュニティはイノベーションを促進します。
  • 私は、私たちが成し遂げてきたことにとても興奮し、誇りに思っています。
  • AWSとのパートナーシップには本当に感謝しています。
  • これからもAWSと一緒に仕事をして、私たちが何を成し遂げるのか楽しみにしています。
  • それでは、ありがとうございました。
  • それでは、残りの会議をお楽しみいただき、最後にモーリーンに話を戻します。

イノベーションを加速するためのトレーニング

  • キャシー、ありがとう。
  • 驚くべき話でした。
  • 彼らは一緒に仕事をするのがとても楽しいお客様で、彼らが革新を起こすのを見るのはとても楽しいことでした。
  • そして、学習への深いコミットメントと考え抜かれたトレーニング戦略によって何が可能であるかを証明しています。
  • 私は偏見を持っているかもしれませんが、トレーニングはデジタルトランスフォーメーションの最も重要な部分だと思っています。
  • 適切なトレーニングを行うことで、競争力を高めることができると思います。

  • 実際、97%の企業が、トレーニングや認証が自社の市場での競争力につながると報告しています。
  • チームはより良い革新者となる。
  • セキュリティが向上したことで、生産性が向上したという報告もあります。
  • 学習は、従業員、製品、オペレーションに大きな影響を与えます。

  • そして、その投資はあなたの利益にも還元されます。
  • 新入社員の生産性が向上し、新入社員一人当たりの収益が増加し、クラウドプロジェクトの納期が改善されます。
  • では、このスキルギャップが足かせとなり、競争についていけなかったり、スタートラインにすら立てなかったりしていないだろうか、と自問する必要があります。

エグゼクティブ・スポンサーを見つける

  • もしそうなら、まず最初にやるべきことは、声の大きいエグゼクティブ・スポンサーを見つけることです。
  • これは、非常に重要なトレーニング戦略の一環です。
  • 会社の最高レベルにいて、組織のビジネス目標を理解している人が、チームと協力してトレーニング戦略を構築するのです。
  • 彼らはビジョンを伝え、リーダーの賛同を得て、その情報を組織内に浸透させていきます。
  • そして、明確な目標と方向性、期待値を設定します。
  • そして、全員が同じページに立ち、同じ目標に向かって努力するのです。

社内の人材の再教育に力を入れる

  • スポンサーが決まれば、チームについて考えることができます。
  • 今いる人材は、明日のために必要な人材です。
  • 今いる人たちは、明日のために必要な人たちです。
  • あなたが採用した彼らは、あなたの文化を知り、あなたのビジネス目標を知っています。
  • 彼らはビジネスを理解しており、どんな課題にも挑戦できる理想的な人材です。
  • 私たちは、技術系社員の再教育に力を入れていますが、それだけではなく、ビジネス全体のトレーニングも奨励しています。
  • 例えば、マーケティングチーム、財務チーム、シニアリーダーなどです。
  • これを私たちは「Cloud fluency」と呼んでいます。

  • 誰もが同じ言葉を話し、目標や目的を理解しています。
  • そして、目的を達成するための方法について、より豊かな会話、より多様な会話を行うことができます。
  • そして、企業は多くの時間と費用をかけずに、アジリティと実験を受け入れることができるのです。
  • キャシーは先ほど、サイロを壊すことでどのようなことが可能になったのか、また、トレーニングによってこれまでよりもはるかに迅速に行動できるようになったことについて話しました。
  • もうひとつのお客様であるChoice Hotelsについてお話ししましょう。

  • チョイスホテルは、世界40の国と地域に7,000の施設を持っています。
  • パンデミックの影響を特に強く受けた同社は、旅行業界のほとんどがそうであったように、率直に言って、効率化を図りたいと考えていました。
  • 何が起こっているのかがわかるまで、効率化を図り、コストを抑えたいと考えていました。
  • 彼らには10年から20年のキャリアを持つ技術者がいますが、どちらかというと伝統的なITの分野に属しています。
  • そのため、彼らは緊張していました。
  • しかし、400人の従業員をトレーニングしてから3カ月も経たないうちに、チームの90%以上がクラウドを利用するようになりました。
  • そして、その結果は彼らにとって大きなものでした。
  • パンデミック時の必須課題であったAWSのコストを抑えながら、ショッピングや予約のトラフィックが増加したのです。
  • これはChoice CIOの見解です。
  • 彼の指摘は素晴らしいものです。
  • 「移行に時間がかかればかかるほど、クラウドのメリットを実感するのに時間がかかってしまいます。人々を乗せること、そしてより速く動くことが、配当をもたらすのです。"

  • クラウドのトレーニングは時間とコストを節約してくれますが、それは一回で終わるものではありません。

  • 驚くべき結果が得られたのは、トレーニングのおかげでもありますが、技術スタッフが積極的にクラウドに取り組み、学んでくれたおかげでもあります。

  • ランナーとしてのトレーニングでは、2つのことを学びましたが、1つ目は、ミックスして行うことです。

  • 1つ目は、トレーニングとランニングをずっと繰り返すことはできません。
  • だから、ピラティスや水泳、自転車など、いろいろなことをやっています。
  • そうすることで、常に機敏に動けるようになると思います。
  • もう1つは、ゲームのトップを維持し、立ち止まったり減速したりしないことです。
  • この2つの教訓は非常に重要です。

  • テクノロジーが毎年、あるいは2年ごとにリリースされていた時代は終わり、常に学習する環境を整えなければなりません。
  • 私たちは常に技術を革新し続けていますし、私のトレーニングチームも、デジタルチームにインストラクター付きトレーニングを提供する方法を常に革新し続けています。
  • 私たちが提供するのは、インストラクターによるデジタルトレーニングです。
  • バーチャルと対面の両方でトレーニングを行い、スキルを証明するAWS認定資格を取得するなど、幅広い教育プログラムを用意しています。

適切なツールで差をつける

  • 私たちは、お客様の組織のニーズに合ったカリキュラムプランを構築することでトレーニングに取り組んでいます。
  • 1つのサイズに収まるものではありません。
  • 私たちが皆さんとパートナーになると、パートナーネットワークが見えてきます。
  • そして、お客様のビジネス目標に対応した、お客様の組織に適したトレーニングとツールのセットを用意しています。
  • ここでは、私たちが提供している最新のツールについて少しお話したいと思います。
  • 私の場合、データを収集したり、ペースを維持したりするためにスマートウォッチに頼っていますが、人によって効果の出方は異なります。
  • しかし、適切なツールがあれば誰でも助けになるということは、誰もが認めるところだと思います。
  • フィットネスアプリのように、自分の現在地の強みと弱みを教えてくれるツールが必要なのです。

  • だからこそ、私たちは無料でトレーニングのニーズを分析する
  • 私たちは組織に入り、リーダーシップチームと一緒に座って、どのようなスキルセットがあるのか、どのようなビジネス目標があるのかを調べ、視聴者のニーズを満たすプランを構築します。
  • 学習者は皆、それぞれ違った方法で学びたいと考えています。

  • そのため、その点も考慮しています。

  • トレーニングへの投資を最も必要としている場所に向けるには、データが必要です。
  • だからこそ、私たちはそれに焦点を当てています。
  • そのデータをもとに計画を立てるのです。
  • また、必要なときに必要なだけトレーニングを行いたいと考えています。
  • また、プロジェクトと連動させることもあります。
  • 何かを構築する際には、適切なタイミングでアーキテクチャーのトレーニングを受けられるようにしています。
  • そして、トレーニングから最大限の成果を得るために。
  • AWSからAWSを学ぶことができます。

  • 「トレーニングは会話のようなものです。情報の洪水ではありません。私たちは、ただ認定するだけではありません。私たちは複雑な問題を解決しています。- AWSトレーニングインストラクター"

  • 私たちはエンジニアリング組織と密接につながっています。

  • 大規模な学習製品チームがあり、日々サービスの改良を重ねながらトレーニングの構築に注力しています。
  • また、個別のトレーニングプランを提供するエキスパートトレーナーもいます。
  • トレーナーは企業と協力して、企業が何をしているのかを把握し、そのニーズに合ったトレーニングを提供しています。
  • トレーナーたちは、好奇心旺盛で、企業が抱える問題を解決することに興味と情熱を持っています。
  • 先ほど、"ミックス "という話をしましたが、より多くの学習者が求めているのはオンデマンドのデジタルコンテンツです。
  • ここでは、AWSトレーニングの学習製品担当ディレクター、スコット・バーナソン氏をお迎えして、トレーニングボックスの中の最新ツールをご紹介します。

Scottt Barnerson (ラーニングプロダクツ担当ディレクター)

- "学び、作り、繰り返す" - "お客様から逆算して、経験値、地域、業界、学習の好みに関係なく、関連性のある学習体験を構築する"

  • re:Inventに戻ってくることができてうれしいです。
  • 皆さんにとって、この21ヶ月以上は長く、難しく、困難な時期でした。
  • そして、通常の状態に戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。
  • しかし、周りを見渡せば、いくつかの明るい機会があります。
  • 興味のある人、やる気のある人、好奇心のある人、新しいスキルを身につけたいと思っている人にとって、学ぶのに最適な時期はありません。
  • あなたのキャリアを前進させ、あなたとあなたのチームが目標や目的を達成し、お客様のために価値を築き、AWSクラウドで未来を築くために役立つスキルを学ぶために。
  • モーリーンは、クラウドのスキルに対する需要は大きく、成長していると述べました。
  • その結果、質の高い学習体験に対する需要は、ここ数年で劇的に高まっています。
  • そして、アマゾンでは、製品を作る方法に特徴があります。
  • 私たちは、お客様から始まり、逆算していきたいと考えています。
  • 学習者のニーズに耳を傾け、お客様の要望を聞いているうちに、私たちにはやるべきことがあると気付きました。

  • 大規模な投資を行う必要がありました。

  • 学習者の立場に立って、学習者の経歴や業界、地域、学習の好みに関係なく、適切な学習体験を提供するために。
  • さて、今日は皆さんと一緒に、こうした投資のほんの一部を詳しくご紹介したいと思います。

あなたの国の言語で学ぶ

  • まず、世界中の個人や組織がお客さまのために革新の機会を見つけている中で、現地の言語でトレーニングを行うことが、クラウドを使いこなす力を身につける上で真の意味での違いを生むという声をはっきりと聞きました。
  • その結果、ローカライズされた学習への投資を桁違いに増やしました。
  • 現在、何百ものコースで16の言語を学ぶことができます。
  • 毎週のように追加されています。
  • また、AWS認定資格についても、10言語で受験できるようになり、これまで以上に簡単にAWS認定資格で自分のスキルを証明できるようになりました。

AWS Skill Builder

  • さて、お客様からのフィードバックについてお話しましたが、私たちのお客様の多くは、インストラクターによる教室でのトレーニングを切望しています。
  • お客様は、仲間と一緒に座ってインストラクターと対話し、テーマを深く掘り下げて、自分のチームと過ごす時間とのバランスを取る機会が大好きです。
  • しかし、最近では、自分のペースで学習できるデジタルトレーニングを求めるお客様が増えています。これは、自分の都合に合わせて学習できるからです。
  • そこで、AWS Skill Builderという新しいデジタル学習サービスを開始しました。
  • Skill Builderには、あらゆる経歴や経験を持つビルダーのニーズに応えるためにデザインされた体験が集められています。
  • 500以上の自習用デジタルコースのカタログは、より直感的なユーザーエクスペリエンスに加えて、役割ベースやソリューション中心の学習プランが用意されており、成功に必要なスキルを身につけるためにエネルギーを注ぐことができます。
  • また、AWS認定資格の公式練習問題集も発売されました。
  • これは、全11種類のAWS認定試験の20種類のサンプル問題で、回答に対するフィードバックが即座に得られるため、チャンスのある分野を特定し、スキルを強化するのに役立ちます。
  • 練習問題セットは、スキルビルダーにて無料で10カ国語で提供中です。

AWS認定資格

  • AWS認定資格について言えば、お客様はキャリアアップのために、あるいは単にクラウド上での構築に自信をつけるために、引き続きAWS認定資格に注目しています。
  • そして、私たちは日々、プログラムの改善に努めています。
  • 例えば、今年の初めには、AWS認定SysOps管理者試験の新しい体験を開始しました。この試験には、試験ラボが含まれており、受験者は試験の一部としてAWS管理コンソールやAWSコマンドラインインターフェイスを使用して、ソリューションを構築することで能力を証明することができます。
  • また、「SAP on AWS, Specialty Beta Exam」を開始しました。
  • これは、AWS上でミッションクリティカルなSAP環境を構築・運用するために必要な知識とスキルを証明する機会を、お客様やパートナーに提供するものです。
  • これは、私たちのビジネスにおいて急成長している、非常にエキサイティングな分野です。
  • 来年のGAでは、これが12番目の認定となることを楽しみにしています。
  • さて、今週ラスベガスにいらっしゃる方で、認定資格の取得をお考えの方には、試験の準備と受験のための素晴らしい機会となります。
  • これまでは、特定の時間に特定の試験を受けるためのスケジュールを組む必要がありましたが、今年はいつでもどの試験でも受けることができます。
  • 今年は、いつでもどの試験でもいいので、ぜひ会場に足を運んで自分のスキルをアピールしてください。
  • すでに認定を受けている方は、おめでとうございます!お祝いの時間です。
  • 認定ラウンジで軽食とドリンクをお楽しみください。
  • 他のビルダーと会って近況を確認したり、ショーの合間にちょっとした休憩を取ったりすることもできます。
  • そして木曜日の夜は、Brooklyn Bowlで開催される認証レセプションをお見逃しなく。
  • 私もサプライズのスペシャルゲストと一緒に参加します。
  • 彼はちょっとしたクラウドの有名人です。
  • 皆さんもぜひ参加してみてください。
  • そうですね。

AWS Builder Labs

  • 自慢するつもりはありませんが、私はとてもクールな仕事をしています。
  • この仕事の好きなところは、外に出てお客様と話すことです。
  • その中でも特に多いのが、「AWSのサービスを実際に使ってみる方法がもっと必要だ」という声です。
  • その理由は、お客様が、知識をスキルに変えるには実践が必要だと理解しているからです。
  • そのため、今週のre:Inventでは、AWSビルダーラボへのアクセスを提供します。
  • ビルダーラボは、お客様とお客様のチームが実験の速度を上げることができる管理された環境を提供します。
  • 新しいサービスを試したり、新しいソリューションを構築したり、本番アプリケーションへのリスクを心配することなく、わざと何かを壊したりすることができます。
  • そして、実験の割合を増やすことで、イノベーションの割合を増やすことができるのです。
  • これは私たちにとって重要な投資分野です。
  • 私たちは、より多くのことを行う必要があるとはっきりと聞いています。
  • AWS builder labsをお試しいただき、フィードバックをお寄せください。

AWS Jam

  • ハンズオンといえば、お客様は個人でのハンズオンだけでなく、チームでのハンズオンも望んでいます。
  • 例えば、共同でソリューションを構築したり、運用上の課題を解決したりといったことです。
  • そこで、私たちはAWS Jamを開発しました。
  • Jamsは、AWSの一般的なユースケースや運用タスクをカバーする、チームベースのゲーム性のあるチャレンジです。
  • ハンズオンラボが個人に焦点を当てているのに対し、Jamsではチームが一丸となって、セキュリティ、移行、DevOps、AI、機械学習などに関するベストプラクティスを教えてくれる専門家が作った140以上の課題を解決します。
  • 現在、Jamsは、独立したイベントとして開催されているほか、課題をカリキュラムにマッピングしたインストラクター主導のコースと組み合わせて開催されています。
  • 今週のショーでもJAMを開催します。
  • もしラスベガスにいらっしゃるのであれば、ぜひセッションに参加して、その内容をご覧ください。
  • これまでのところ、お客様はこの新しいインタラクティブな形式を気に入ってくださっています。
  • ですから、今後も課題のカタログと体験の両方に投資していきますので、ご期待ください。

AWS Cloud Quest

  • ここまで、講師による指導、自分のペースでの学習、デジタルハンズオンラボやジャムなど、さまざまな学習方法について説明してきましたが、私たちはさらに多くの学習方法に取り組んでいます。
  • それは、すべての学習者が同じ体験を求めているわけではないからです。
  • 学習者の中には、特に総合的なリールベースのトレーニングを求めている人は、より没入感のあるものを求めています。
  • そこで今回は、AWS Cloud Questのプレビューをご紹介します。
  • Cloud Questはロールベースの学習ゲームで、学習アクティビティ、コラボレーションチャレンジ、AWSサービスを使った実践的な練習を通して、実践的なAWSのスキルを教え、育成します。
  • プレイヤーは仮想都市に入り、クラウドプラクティショナー、ソリューションアーキテクト、サーバーレスデベロッパーなどのスキルパスを選択します。
  • そして、選択した役割に合わせた一連のクエストに従います。
  • ゲームを進めていくと、プレイヤーは仮想都市の新しいエリアのロックを解除するアクティビティを完了することで、報酬やステータスを得ることができます。
  • これはまったく新しい学習方法であり、まもなくお客様にお届けできることをとても楽しみにしています。
  • 私たちは、お客様の学習の一端を担うことができることに心から感謝しています。
  • 今まで以上に、人々を結びつける方法を見つけることが重要になっています。
  • AWS JamやCloud Questは、トレーニングが学習プロセスの一部として人とのつながりを促進する方法のほんの一例に過ぎません。

AWS Skills Center

  • 今回は、もう一つの例であるAWSスキルセンターをご紹介します。
  • スキルセンターは、クラウドでの可能性を追求する新しい学習者を惹きつけ、刺激し、教育し、市場でのスキルギャップを解消するために設計された物理的な場所です。
  • スキルセンターは、一般の方が簡単に利用できるようになっており、費用もかかりません。
  • 最初の拠点はシアトルにあります。
  • 今後数ヶ月の間に、さらに拠点を増やしていく予定です。
  • スキルセンターが、建築家が集まってアイデアを共有したり、刺激を受けたり、学んだりする場所になることを願っています。
  • 私からのメッセージは以上です。
  • ご意見、ご感想をお寄せいただきありがとうございました。
  • また、これらの製品を市場に送り出すためにすべてのエネルギーを注いでくれたチームに感謝します。

コミュニティを作る

  • このチームの活動にとても興奮しています。
  • 彼らはパンデミックの間、お客様に体験学習を提供するために、本当に多くの進歩を遂げました。
  • プレゼンテーションをしてくれたスコットに感謝したいと思います。
  • そして、パズルの最後のピースは、コミュニティの構築についてです。
  • 私はランニングが大好きなのですが、シアトルでは毎朝雨が降っていて、起きるのがとても大変です。
  • ですから、私はコミュニティに頼っています。毎朝一緒に走るランナーたちが、私をトレイルに連れ出してくれるのです。
  • そして、コミュニティが私を支えてくれています。
  • そして、コミュニティの構築は、レースとイノベーションを新たなレベルに引き上げる、本当に重要な要素です。

  • スキルギルドのフレームワークについてお話しましょう。
  • キャシーは、プリンシパルと共同で開発したプログラムだと言っていましたが、その内容は、トレーニングツールを提供し、組織内のコミュニティやマーケティングのアカウントベースドマーケティングを支援する体系的なプログラムです。
  • 私たちはこのプログラムを使って、組織内の数百人、時には数千人の技術者やビジネスパーソンをトレーニングしています。
  • その中でも特に重要なのが、コミュニティという概念です。
  • 先ほど、声の大きいエグゼクティブ・スポンサーの存在について説明しました。
  • もう1つの要素は、組織内でクラウドのチャンピオンを特定することです。
  • ランチ&ラーンを開催したり、ハッカソンを開催したり、学習体験を促進することができる人たちです。
  • 次のステップは、学習のためのスペースを作り、人々が学習できるようにして、一緒に学習できるような環境を整えることです。
  • そして、コミュニティとしての最後の要素として、私たちが本当に重要だと考えているのは、達成した人たちにインセンティブを与え、それを認めることです。
  • チームイベントやバーチャルイベント、認定証の授与など、さまざまな形で社員を評価し、報いることができます。
  • 私たちは、企業がさまざまな方法で人々を評価し、報いるのを見てきました。
  • 時にはピザパーティ、時にはTシャツなど、これは本当に重要な要素なのです。
  • 社員やその成果、実験を認め、祝福したいものです。
  • そして、このような学習文化をサポートすることで、最高の人材を採用し、育成していることが証明され、人材を惹きつけることができるのです。
  • 投資をすることは、一見すると嫌なことのように思えますが、やらないわけにはいきません。
  • 従業員は、面白いものを作り、学べる場所に留まります。

  • 学習者の75%が、AWSサービスをより効果的に利用するために、より多くのオン・ザ・ジョブ・トレーニングを受けたいと答えています。
  • また、雇用主や自分の役割に満足している可能性も高い。

  • チームでトレーニングを行うことで、特にパンデミックの際には、人々のつながりを感じることができます。
  • あるパートナー企業は、遠隔地にいる従業員が、人との交流や質問ができる環境を切望していると言っていました。
  • 私たちは、コミュニティの構築に焦点を当てたカスタマで、信じられないような革新を目の当たりにしました。
  • 私は、このようなスキルをスケールアップさせた多くのお客様と仕事をさせていただきましたが、従業員にとっては本当に楽しい環境でした。

  • また、コミュニティの話になりますが、アマゾンは将来に向けたクラウドスキルの構築に力を入れています。
  • 2020年には、2,900万人を対象にクラウドコンピューティングのスキルを無料でトレーニングすることを発表しました。
  • このために数億ドルを投資しています。
  • 私たちは、クラウドに興味のある人たちを受け入れることが、最も重要なことのひとつだと考えています。
  • つまり、バリスタでもジムのトレーナーでも、どんな人でも良いのです。
  • スキルセンターは、学習者の獲得の一環として活用したいと考えています。
  • クラウドに興味があれば、私たちはあなたをトレーニングできると信じています。
  • 私たちは、AWSスキルビルダーへの投資と革新を続けていきたいと考えています。
  • AWSスキルセンターは今後も継続していく予定です。また、教育に関する幅広い取り組みについては、ケビン・ケリー氏をお迎えして、教育プログラムについてお話を伺います。

Kevin Kelly(AWS クラウドキャリアトレーニングプログラム担当ディレクター)

  • ありがとうございます、モーリーン。
  • クラウド・ビルダー・トレーニングへのアクセスは、AWSの教育プログラムを作成する上で重要なデザインポイントです。
  • 私たちは、クラウドビルダーの多様なコミュニティを作ることに重点を置いています。なぜなら、多様なクラウドビルダーのコミュニティがあれば、顧客のニーズに合ったアプリケーションを構築して展開するための準備が整うからです。
  • 私たちが重視しているのは、性別や民族性だけではありません。
  • 真の意味での多様な考え方、経験、経歴、そして既存のスキルセットを、隣接する業界から受け入れ、クラウドのために再教育しようとしています。
  • 障害となっている障壁を取り除くことで、多様性のあるグローバルなコミュニティを育てることができるのです。
  • 投資するプログラムや対象者を意識的に選ぶことで、これから学習を始めようとしている人、幼稚園から高校までの学校に通っている人、非伝統的な学習環境にいる人、仕事に復帰しようとしている人など、できる限り多くの学習者にアプローチすることができます。
  • 私たちは、クラウドビルダーの役割に興味を持っているすべての人を対象に、そのキャリア構築を支援しています。

支援の例

  • 私たちが支援した人の中に、シャーロット・ウィルキンスがいました。
  • 彼女は、モーリーンが言ったように、偉大な辞任が行われただけでなく、COVIDの影響を受けた多くの人々の一部でもありました。
  • シャーロットもその一人で、英国のファーストフード業界で働いていました。
  • COVID 19パンデミックの影響で仕事を失う前に、親戚からAWS re/Startに関するインスタグラムの投稿へのポインタが送られてきました。
  • そして幸運なことに、彼女はその投稿を見て、プログラムについて問い合わせ、実際にプログラムに参加し、メンターとコーチを割り当てられて、プログラムを乗り切ることができました。

AWS GetIT

  • このようにCloud itのスキルセットに対する需要が急増している今、私たちにとっては新しい労働者を受け入れ、新鮮なエントリーレベルの人材を導入する機会となっています。
  • 当社にはさまざまな種類のプログラムがありますが、re/Startはその1つで、幼稚園から12歳まで、そして高等教育や非伝統的な学習者に至るまで、エントリーレベルの人材を生み出すことを目的としています。
  • そのプログラムのひとつがAWS Get ITです。
  • Get ITは、若い女性を対象としたプログラムで、技術者としてのキャリアを追求し、技術者としてのキャリアに自分自身を重ね合わせることができるように刺激を与えることを目的としています。
  • Get ITは現在、アイルランド、ドイツ、イギリス、イスラエル、スイス、スペイン、シンガポールで実施されています。
  • そして、今年とその次の年には、さらに多くの国での開催が予定されています。
  • Get ITは、学校の大規模な集会場で、すべての生徒に技術者やITの仕事について紹介します。
  • その後、生徒たちはチームに分かれて、自分が情熱を傾けられるプロジェクトに取り組みます。
  • そして、学校や地域社会で抱えている問題に焦点を当てた、自分にとって重要なプロジェクトに取り組んでもらうようにしました。
  • その後、生徒たちは校内で行われるアプリケーションデザインコンテストに参加し、アイデアやコンセプトを練り上げ、実際にAWSで構築して使用できるアプリケーションを作成します。
  • その過程で、生徒たちはアンバサダーであるSMEE、コーチ、メンター、IT業界のロールモデルから刺激を受け、サポートを受けます。
  • このプログラムには、AWSと当社のお客様やパートナー企業も参加しています。
  • 今年の優勝チームである英国のチームは、学校の制服のリサイクルと再利用を管理するアプリケーションを開発しました。
  • 彼らは、後輩の学生がリサイクルされた制服を入手できるような、より持続可能なシステムを構築したいと考えていました。
  • そして、それを実現するためのアプリケーションを開発しました。
  • このテーマで優勝した結果、彼らはアマゾンの小売部門、ファッション部門のリーダー、そしてアマゾン・ゴーに会うことができました。
  • 彼らは実際にAmazon Goの店舗を見学し、店舗の正面と奥にあるテクノロジーの両方を見ることができました。
  • そして、その技術を運用・構築している人たちに会うことができたのです。

AWS Educate

  • また、AWS Educateというプログラムもあります。
  • これは、クラウドについて学びたい学生やあらゆる種類の学習者を対象としたトレーニングで、AWS Managment Consoleの実習を行いながらクラウドを探求します。
  • アルフレッド・コロンは、プエルトリコのハリケーン・マリアの後、キャリアの選択肢が限られていることに気づき、キャリアチェンジを希望しました。
  • 彼にはITの経験がありましたが、クラウドのスキルを身につけたいと考えていました。
  • 彼はそのためにAWS Educateを活用し、無料のオンデマンドトレーニングを受講し、AWS Educateにある数多くのクラウドのキャリアパスを修了した。
  • アルフレッドは、AWS Educateがユニバーサルスタジオの面接で必要な情報を提供してくれたと考えていますが、結果的にはそれが実現しました。
  • AWS Educateには、クラウドコンピューティングのマンツーマンレッスンから、We Development、Deep Racer、Machine Learningまで、さまざまなトピックに関する数百時間のコンテンツが用意されています。
  • また、学生はAWS Educateのジョブボードを使って、仕事の機会、インターンシップ、メンターシップを探すこともできます。

AWS Academy

  • AWS Academyは、世界中の大学、コミュニティカレッジ、VO-tech、Polytechなどの大学に、より高い教育レベル、大学レベルのカリキュラムとラボを提供するプログラムです。
  • 現在、地球上の111カ国、7,689の教育機関がアカデミーのメンバーとなっています。
  • アカデミーのコースには、クラウドの基礎、開発、運用の構築、機械学習、データ分析などのトピックが含まれており、ほとんどのコースには実習が含まれており、AWS認定資格にも対応しています。
  • このアカデミーの学生たちは、学位だけでなく、AWS認定資格や実際のクラウドの仕事に必要なスキルを身につけて卒業することを目標としています」。
  • シンガポール経営大学のキョン・ジン・シム教授は、ゴールドマン・サックス、VISA、バンク・オブ・アメリカなどを顧客とするビジネス・アナリティクスのコースでアカデミーのカリキュラムを使用し、学生に仕事の準備をさせています。

AWS re/Start

  • シャーロットが受講したAWS re/Startは、このプログラムを受講した学習者の人生を大きく変えるプログラムです。
  • AWS re/Startでは、失業中や不完全雇用でキャリアチェンジを目指す学習者を対象としています。
  • このプログラムには、クルーズ船の乗組員、フィットネストレーナー、家事をしていた親が仕事に復帰したり、軍から民間への移行期にある人など、さまざまな人が参加しています。
  • 私たちは無料でコースを提供しています。
  • 参加者がAWSの資格を取得するための費用も負担しています。
  • つまり、受講者は無料で受講することができるのです。
  • 応募者にお願いしているのは、クラウドを学びたいという興奮と熱意、そして意欲だけです。
  • また、世界中の労働力開発プログラムと提携して、学生を派遣しています。
  • AWS re/Startは今年、28カ国の95都市以上で開催され、世界中で4,000人以上の受講者を育成する予定です。
  • AWS re/Startについて、オーストラリアのAccenture社からのコメントをご紹介します。

(ここでアクセンチュアのre/Start紹介ビデオを上映/省略します)

  • re/Startプログラムでは、いくつかの興味深い話があります。
  • 私が気に入っているのは、英国の軍人が退役したときのことです。彼はキャリアのすべてを軍に捧げていましたが、クラウドの役割を果たすために再訓練を受け、現在はサイト・リライアビリティ・エンジニアとして活躍しています。
  • また、私たちは雇用ソリューションにも力を入れています。
  • AWSのすべての教育プログラムは、若い学習者や雇用の敷居が高い学習者に、隣接するキャリアを含めたクラウドのあらゆる種類のキャリアを考えさせるように設計されており、これらのトレーニングの機会を無償で提供しています。
  • また、このようなトレーニングの機会を無償で提供することで、クラウドの仕事に就くために必要な実践的なスキルを含むトレーニングを受けることができます。
  • これらのプログラムでは、バッジを持った笑顔を目標に掲げています。私たちが重視しているのは、人材の成果であり、彼らが私たちのエコシステムで雇用され、クラウドでのアプリケーションの構築や展開に貢献してくれることを望んでいます。
  • お客様やパートナーの皆様には、経験豊富なクラウド構築者とエントリーレベルのクラウド構築者を組み合わせて雇用していただくことで、このプログラムにご協力いただいています。
  • そうすることには多くのメリットがあります。
  • 1つは、人を雇うことができることです。
  • そうですね。
  • クラウドの準備ができていて、業界やAWSについてもっと知りたいと思っている熱心でやる気のある人材で、空いている職務を埋めることができます。
  • また、経験豊富な従業員はより高度なタスクに取り組むことができ、これが人材確保の重要なメカニズムであることがわかりました。
  • 経験豊富なベテラン社員が自分の課題となる仕事に集中でき、新入社員も自分の課題となる他の仕事に集中できることで、非常に良い職場環境が生まれるのです。
  • また、経験豊富なベテラン社員は、後続の社員を育てたがることもわかりました。
  • 経験豊富な在職者にとってはよりやりがいのある環境となり、経験豊富な人材が新入社員を助けることでやりがいを感じる機会を提供できるようになるため、これも興味深い定着メカニズムとなります。
  • また、自社で人材を登用する際の専門性を高め、パイプラインの構築を支援することもできます。
  • そして最後に、現在探している人材よりも多様な人材や候補者にアクセスできるようになり、さまざまな経験や在職期間を持つ人材や従業員を職場に配置することで、より安定した仕事ができるようになります。
  • 実際、AWSをトレーニングパートナーとして、私たちが作成した教育プログラムから人材を採用することで、クラウドITのスキルギャップの希少性をチャンスに変えることができます。
  • それでは、Maureenさん、お帰りなさい。

クロージング

  • ありがとう、ケビン。
  • 実は昨夜、ID&Aイベント(ダイバーシティ&インクルージョンのイベント)でプレゼンテーションをしていた人と、とても興味深い会話をしました。
  • 私がプレゼンテーションをした後、ある紳士が私のところに来て、re/Startプログラムの一部を見たことがあり、それが彼の人生を変えたと言い、彼の家族の写真を見せてくれました。
  • それを見て、とても感動しました。

  • 今週は、たくさんのことを学ぶことができます。
  • このイベントに参加するのは10年目になりますが、再び参加できることをとても楽しみにしています。
  • このイベントは1年で最大の学習イベントです。
  • キーノートを聞いたり、技術セッションを受けたり、ラボに参加したりしているときに、今日話したことや、クラウドへの旅に私たちがどう役立つかを考えてみてください。
  • 誰でも利用できる500の無料コースがあるスキルバイダーを忘れてはいけません。
  • そしてもうひとつは、組織の中でこの学習の習慣を推進してくれるエグゼクティブ・リーダー・チャンピオンを見つけることです。
  • 最後に、多くの人がレースの醍醐味はゴールだと言うかもしれませんが、私にとっては走ることの楽しさが一番です。
  • ワクワクするし、元気が出る。
  • ワクワクして、元気が出てきます。
  • 力が湧いてくるのです。
  • これが皆さんの革新的なレースへの力となることを願っています。
  • お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

まとめ

AWSを通じてIT人材を育成するという、充実した1時間のセッションでした。 登壇者の熱量も素晴らしかったので、動画が公開されたらぜひご覧いただきたいです。