AWS #re:Invent Informaticaのセッションに参加してきた

AWS主催re:Inventへ行ってきた時の技術ブログです。
2022.11.29

AWS re:Inventとは?

年に1度ラスベガスで開催されるAWS主催の大規模なイベントです。
技術的な講演はもちろんのこと、他にも実践型のワークショップやチャリティーイベントなんかも実施しております。
今回は、Informaticaという会社のデータ管理基盤をAWSで使用する場合、というセッションを現地で視聴しました。
ただ私自身、Informatica自体初めて知ったソリューションでしたので、今回の記事はInformaticaのサービスの説明に焦点を当てて解説していきたいと思います。

Informatica Intelligent Data Management Cloud とは

まず大前提としてInformaticaのIntelligent Data Management Cloudとは何かについてご説明します。 簡単にいうとDataの統合と管理、活用に着目したデータ管理基盤(またはBIツール)になります。

※BIツールとは簡単にいうと、集めたデータを見やすく可視化したり加工したものを活用分析に活用できるプラットフォームのことです。
そして今回重要なこととして、Intelligent Data Management CloudはAWS上に構築されたプラットフォームでありAWSマーケットプレイスで購入が可能だということです。

ここでイメージしやすいように現地で撮影した画像を載せます。
(携帯なので画質が荒いです、、、)

こちらの画像の例では、CSV形式の各ファイルがData Quality Overallというスコアで評価がなされ、100点満点で表示される仕様になっています。
いわば、あらゆるデータ品質の問題を特定し、その後さらに分析して修正するために役立つものとなります。

一言で伝えるとプラットフォームに依存することなくさまざまな種類のデータを管理できるサービスです。
(これはIntelligent Data Management Cloudの一部機能です)

以降では、このサービスについてご説明します。

特徴

構造化、半構造化、非構造化データに対応可能
バッチ、リアルタイムストリーミングなど
多くの製品のメタデータを認識(アプリケーションやさまざまな製品)
多種類のソースに対応(データベース、データウェアハウス、アプリケーション、ビッグデータシステム、IoT、ソーシャルメディア..etc)
オンプレミスやクラウドなどとの統合

下記画像からもイメージが掴めると思います。

画像の真ん中にあるのが、Intelligent Data Management Cloudでそれぞれ達成できるジョブになります。
画像は公式HPから引用

そして下記画像(左)のように1つのデータについての確認もできるみたいです。
それぞれ項目があり、名前やデータオーナー、データのカテゴリー、作成日などの情報を確認できます。
また、先ほどの画像ではData Qualityにあたります。

AWSでの使用

そして今回、re:InventですのでAWSとの統合についても触れられていて、
AWSからマーケットプレイス経由で簡単にダウンロード可能なようで、そのデモも行っておりました。
マーケットプレイスからの購入は有料のようで、下記に価格の概要を載せました。

AWSマーケットプレイス:Informatica Intelligent Data Management Cloud

まとめ

今回は、Informaticaのデータ管理基盤である、Intelligent Data Management Cloudを初めてセッションを通して知ることができました。
個人的には、さまざまなプラットフォームからデータを統合、管理、活用できるかなりホットな製品だと感動しました。
セッションでは、デモを通しての説明もなされていたので、機会があればこのサービスにも実際に触れてみて、またブログにしたいなと思いました。

(そういえば無料で試せるバウチャーチケットみたいなものを貰った気がするので、また試せたら、、、、。)

最後に一言

実は私、IT業界に入る前はパーソナルトレーナーをやっており、モデルの方などをお客様としてお教えしていた事もあって、女性のダイエットの悩みなどの解決も得意です!もちろん、自信でのトレーニングは週5ではやっているので、男性のトレーニングについてもお教え可能かと思います。
そこで、記事の最後に実用的なダイエット知識も時々入れて行きたいなと思っております😁

〜diet topic〜

re:Inventで歩く、痩せる。

re:Invent中のはホテル間をかなり移動します。
近くのホテルでも大体、15分〜以上は移動に時間を取られるため早めの行動が吉となります。
そしてこの時、ダイエットを考慮して最もおすすめなのが空腹で歩くことです。しかも朝!!!
なぜかというと、朝は低血糖でエネルギーが血液にありません。そしてグルコガンという、血糖値を上げようとするホルモンが出ているわけです。
ということはですね、、、脂肪が燃焼しやすい体内環境なわけですよ。
でも筋肥大には少し不向きなので、そういう場合は空腹時にアミノ酸を摂取してから歩きましょう!