AWS SNSでSMS(テキストメッセージ)を送ってみた

2021.12.15

はじめに

こんにちは、川村です。

ショートメッセージを送れるようにしたかったので、SMSでのテストメッセージの送信についてまとめてみました。

サンドボックスモードでの実施となります。

テストメッセージの送信

テストメッセージを送信する電話番号を登録

  • SNSを開き、テキストメッセージング(SMS)→電話番号を追加をクリック
  • 送信したい番号を設定し、電話番号を追加をクリック携帯電番番号の頭の0を外してください。例:090-XXXX-XXX→90-XXXX-XXX
  • ショートメッセージが指定した番号に来るので、検証コードを入力。電話番号を検証をクリックメッセージが届いていない場合は、検証コードを再送信してみてください。

 

テストメッセージの送信

  • テキストメッセージの発行をクリック

  • 設定値を入力し、メッセージの発行をクリックメッセージのタイプ: プロモーションSMSは地域によって金額が違う場合があるので、プロモーションかトランザクションかは金額を確認してください。

    https://aws.amazon.com/jp/sns/sms-pricing/

    送信先電話番号:登録した番号

    サンドボックスモードの時は、確認した電話番号以外選択できません。

    メッセージ: 送信したいテキスト送信者ID:受信側で表示されたい名前

    設定しない場合は、NOTICEになります。

    発信元番号: なし

    番号を設定したい場合は、ショートコードが必要となります。

    https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/sns/latest/dg/channels-sms-awssupport-short-code.html

  • 受信確認設定した番号に、テストメッセージが届きます。マネジメントコンソール上では、送信済みの件数が増えます。

以上で終了です。

今回はサンドボックスモードを解除していませんが、解除する場合は公式手順を元に解除を実施してください。

https://docs.aws.amazon.com/sns/latest/dg/sns-sms-sandbox-moving-to-production.html