[レポート]今から始めるIoT なぜSORACOMを使うべきなのか – SORACOM Technology Camp 2020 #SORACOM

「SORACOM Technology Camp 2020」のセッション 「今から始めるIoT なぜSORACOMを使うべきなのか」 に関する視聴レポートです!
2020.11.20

2020年11月に開催されたイベントSORACOM Technology Camp 2020で行われた以下のセッションに参加しましたのでレポートしたいと思います。

セッション情報

概要

本セッションでは、SORACOMを使うと何が出来るのか、何が簡単になるのか、どこに使えるのかという観点からサービスの全体像と提供する価値をご紹介します。SORACOMという言葉は聞いたことはあるが、まだ実際に触ったことがない/詳細に調べたことがないという方はぜひこちらのセッションをご覧ください。

スピーカー

大瀧 隆太 様
株式会社ソラコム
ソリューションアーキテクト

理由1:セルフサービス

  • IoTの民主化
    • IoTはSIMだけではできない
    • SORACOM はクラウドやデバイスもスピーディに試せるように各種提供している

  • 自分で進められる仕組みを用意
    • レシピやユーザーガイド
    • SORACOM UG などのコミュニティやパートナー間の情報共有が活発
    • 有志による勉強会など

理由2:従量課金

  • 従量課金
    • 使った分だけ支払い
    • 組織によって前払いが必要な場合もあるので、前払いや請求書支払いも可能。

  • 従量課金の何がいいか?
    • すぐに始められてやめたいときにやめられる
    • PoCから本番へ移行するとき。
      • 現場に送るまでは倉庫に置いて寝かせておくことが多い
      • 利用中断の状態にして料金を抑えることができる。

  • 規模に応じた課金で見積もりしやすい

理由3:LTE通信にとどまらない

  • LTE通信にとどまらない
    • 今は3G/LTEメイン
    • メインはセルラー通信だけど、そこにとどまらないサービス設計
    • 通信方式に依存しないようにしている
      • 3,4,5Gの世代交代もスムーズにできるように
    • IoT向け(LPWA)Sigfoxなどをセルラーと併用できる仕組み
    • Connectivity Agnostic:通信方式に依存しない という意味。

  • クラウド連携
    • 認証をソラコムに任せたり、クラウドに合わせたデータ形式に変換する、など

  • クローズドなネットワーク
    • セキュリティ的にインターネットに直接通信しない閉じたネットワーク使いたい
    • どこと閉域でつなぐかで選択して利用

  • 可視化や監視・通知機能も提供

  • いずれもボタンのポチポチで進められるので、すぐにデバイスからデータ送りたい、可視化したいというニーズを満たしてくれる
  • ユーザーからのフィードバックをベースに次の開発に生かしている
    • 「こんなのがあったらいい」といったフィードバックいただけるとさらに充実して使いやすくなっていく

質疑応答

  • ソラコム グローバルSIMを日本で使用した事例ありますか
    • 日本を含めて利用できる。最近の planx1 はKDDI回線、planP1 はSoftBakn回線。
    • ソースネクストのポケトークはグローバルSIM 使ってます。
  • SORACOMへの機能要望はどうやって伝えればいいでしょうか。
    • コンソールから問い合わせでお伝えください
    • 「ソラコムサンタ」という企画もやってます
      • ソラコムサンタにお願いすると、機能追加されるかも!?
  • 従量課金ではなく使い放題プランは考えておりますでしょうか。
  • 5G/テレワーク・サテライトoffice向けの(物ではなく人)月額固定料金メニューが欲しい。SIM管理や各種機能が活用できるフィールドだと思っておるのですが..
    • 機能要望として持ち帰らせていただきます。

資料

最後に

SORACOMは通信から分析、可視化、その他多くの課題を解決してくれる IoT プラットフォームなので、「気軽にIoT試したい」「PoCしたい」「スモールスタートしたい」といった場合に最適です。
また、より複雑なことをやる場合でも外部サービスとの連携も非常に容易にできるサービスであることを再認識できるセッションでした。

以上です。