Tableau 2018.1 新機能紹介:数値型が異なっていても軸の同期ができるようになりました #tableau

2018.04.27

はじめに

ごきげんよう。大阪オフィス唯一のDI部メンバー、tamaです。

2018年4月24日、ついにTabelau 2018.1が正式版としてリリースされました!

弊社ではベータ版の時点から新機能に関するエントリを投下しておりますが、正式版リリースということで、さらに新機能に関してご紹介していきます。

今回はTableau Desktopの新機能「異なる数値型データの軸の同期」についてご紹介します。(機能としては小ネタの部類です。)

そもそも「軸の同期」って何でしたっけ?

Tableau Desktopには以前より「軸の同期」という機能があります。二重軸に設定した2つのメジャーを同期させることができます。

…といっても、なかなかピンと来ないと思うので、もう少し具体的に説明します。「二重軸」という機能を使用すると、1つのグラフに対して2つのメジャーを表示することができます。例えば、下記のように「売上→棒グラフ、利益→折れ線グラフ」といった組み合わせをすることができます。

しかし、この状態では、売上の利益の軸がバラバラなため、数字の比較が非常にし辛いです。(極端な話、2015年は売上より利益の方が多いように見えます。)これを同じレベルに合わせてくれるのが「軸の同期」です。軸の同期をすると、下記のようになります。

軸を同期することで、売上と利益の軸が同じレベルとなり、売上に対して利益がいくら出ているのか…といったことが分かりやすくなりました。

従来の軸の同期は「同じ数値型」じゃないとできなかった

この「軸の同期」ですが、今までは「同じ数値型」ではないとダメでした。

例えば、サンプルデータストアの売上と数量を二重軸にして、軸の同期をしようとしても、できません。

上記のように、そもそも選択できません。これは、売上は「数値(小数)」という型に対して、数量は「数値(整数)」という別の型のため、軸の同期を行うことはできません。

…10.5までは。

異なる数値型で軸の同期を行う

2018.1は、数値型が異なっていても、軸の同期ができるようになりました。上記の画像と同じことを2018.1でやってみました。

異なる数値型でも軸の同期ができました。

おわりに

今回はちょっと小ネタ的な新機能について見てきました。

上記の例の売上と数値を同軸で比較することは無いかもしれませんが、同じような種類のデータでも微妙に型だけ違っていて軸の同期がやりたいのにできない…といった「かゆいところに手が届く」的な新機能だと思います。