ThoughtSpotからRedshiftへ接続してみる

ThoughtSpotからAmazon Redshiftへの接続を作成し、検索して可視化を行う。
2021.01.13

データアナリティクス事業本部、池田です。
ThoughtSpot からAWSのデータウェアハウスである Amazon Redshift に接続してみました。

Snowflake版はこちら↓

ThoughtSpotからSnowflakeへの接続を作成してみる

接続する

Redshift側(サンプルデータ)

こちらで紹介&提供 されている TICKIT というサンプルの sales というテーブルを使用します。
上記リンク内に記載の ステップ 6: Amazon S3 のサンプルデータをロードする のページにzipファイルと、その投入方法が掲載されています。

ThoughtSpot側

Redshiftへの接続を作成する必要があります。

  1. 新規で接続の追加を開始します

  2. 接続名などを入力し、Redshiftを選択して作成を続けます

  3. 認証情報や接続先のDBを入力し作成を続けます

    Continue押下後、入力に誤りがある場合などはエラーとなります

  4. スキーマとテーブルの一覧が表示されるので、使用するものを選択し、接続を作成します

    ここでカラムの取捨選択をすることができます(この作業は ワークシート を使ってあとで行うこともできます)

  5. 接続が追加されました

    テーブル名を選択して、データを確認できます

通常ならこのあとは、列の設定やテーブルの結合の設定などをするか、 ワークシート化することになると思いますが、 今回は次節でさくっと検索をしてみます。

参考ブログ: ThoughtSpotの列に関する設定

検索してみる

検索タブで、前節で追加したテーブルを選択します。

saletime pricepaid commission と入力すると、 すぐに「月ごとの支払額と手数料」を可視化してくれました!

おわりに

基本的な部分だけでしたが、さくっと可視化まで行うことができました。

より発展的な内容として、 ガイドのBest practices などもご覧いただけたらと思います。

参考文献