Chime SDK の上限申請の対象リージョンについて教えてください

2021.09.29

困っていた内容

現在、東京リージョンで利用している Chime SDK で、サービスの上限申請を検討しています。

Amazon Chime SDK FAQs によると、

Amazon Chime APIエンドポイントは、米国(バージニア州北部)リージョンでホストされています。 これらのAPIエンドポイントを使用すると、他のAWSリージョンでミーティングセッションを作成できます。

(※ 日本語訳が無かったので、こちらで作成しました)

とのことですが、東京リージョンで Chime SDK を利用する際の上限申請は、 どのリージョンで行えばよいでしょうか? 東京リージョンで Chime SDK を利用する際に 、実は東京リージョン側での上限申請が必要なものがないか、懸念しています。

どう対応すればいいの?

Chime SDKの上限申請は、バージニアリージョンで行ってください。

Chime SDKのService Quotaの項目は、バージニアリージョンにしかございませんので、東京リージョンでの上限申請は不要です。

参考資料

[1] Amazon Chime エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

[2] Specifying an Amazon Chime SDK media Region - Amazon Chime
※ 2021年9月現在、東京リージョンを含む18リージョンでメディアセッションが作成可能です

[3] クォータリスト - Amazon Chime | AWS Service Quotas
※ 確認にはマネジメントコンソールへのログインが必要です