【レポート】AWS を活用したコミュニケーション機能をアプリケーションに組み込もう(AWS-32) #AWSSummit

AWS Summit Online 2022 のセッション『AWS を活用したコミュニケーション機能をアプリケーションに組み込もう(AWS-32)』のセッションレポートとなります。
2022.05.26

はじめに

こんにちは。大阪オフィスの林です。

今回は2022年5月25 - 26日の2日間開催されているAWS Summit Onlineのセッションレポートをしていきます。
セッションのサマリーを理解し、興味があるセッションをチェックすることにご活用ください。
また、セッションのアーカイブも公開されますので、詳細はそちらをチェックしてください。

AWS を活用したコミュニケーション機能をアプリケーションに組み込もう(AWS-32)

セッション概要

概要

近年いろんな分野でリモート化が進み、オンラインコミュニケーションの品質への期待値が高まっています。そこで Amazon Chime SDK などの AWS コミュニーケーションデベロッパーサービスを活用したスケーラブルなソリューションを解説します。さらにAI / MLを適用した次世代のユーザー体験を交えながら紹介していきます。

スピーカー

  • AWS プロダクティビティー アプリケーションズ事業本部 CX事業部Chime スペシャリスト シニアソリューションアーキテクト 小林 剛士 氏

セッションレベル

  • Level 200: 初級者向け

レポート

AWS コミュニケーションデベロッパーサービス

AWS コミュニケーションデベロッパーサービスは、様々なコミュニケーション機能をアプリに構築できるサービス

  • AWS コミュニケーションデベロッパーサービスが提供する機能
    • ⾳声/映像
    • Eメール
    • テレフォニープログラミング
    • メッセージとチャット
  • これらの機能提供するAWSサービス
    • Amazon Chime SDK
    • Amazon Pinpoint
    • Amazon SES etc

Amazon Chime SDK

Amazon Chime SDK の仕組みはセッション内で細かく語られていますので、ぜひセッションを参照してみてください。

  • Amazon Chime SDK
    • WebRTC メディアサービス
    • 電話網通話
    • メッセージング SDK
  • Amazon Chime SDK の仕組み
    • Amazon Chime SDK
      • 顧客側のアプリケーションに埋め込まれたJavaScriptクライアントSDKが、メディアセッションを開始、制御、終了する
      • 企業側のアプリケーションに埋め込まれたJavaScriptクライアントSDKが、メディアセッションを開始、制御、終了する
    • Amazon Chime メディアサービス
      • メディアセッションとサー 制御、終了する ビスは、⾳声通話、ビデオ通話、画⾯共有をサポートするために作成される
    • AWS Lambda
      • サーバーサイドアプリケーションは AWS SDKを使⽤
    • AWS SDK
      • Amazon Chime API は、メディアセッションの作成と出席者の管理のためにCall
  • Amazon Chime 機能紹介
    • メディアサービス
      • Live Transcription (リアルタイム⽂字起こし)
      • メディアキャプチャ (録画・録⾳)
      • 仮想背景とぼかし
  • 遠隔接客+感情分析 ソリューション
    • 技術ポイント
      • Amazon Chime SDKによるシームレスな遠隔接客の組み込み
      • Amazon Rekognitionによりお客様の表情を実時間で分析
      • 応答結果を格納し、分析、業務改善に活⽤

Amazon Pinpoint

  • AWS によるユーザーエンゲージメントプラットフォーム
    • ユーザ⾏動の解析と可視化
    • ターゲティング通知・個別通知
    • モバイルプッシュ/Email/SMS/Voice etc
    • 配信数、開封率の把握などの分析
  • お客様ごとのクーポン配信 ソリューション
    • 技術ポイント
      • Amazon Pinpointによるオムニチャネルで個別メッセージを送信
      • 消費⾏動データを定期的に取得し、パーソナライズモデルをアップデート
      • Amazon Personalizeによるお客様ごとのレコメンド

Demo

医療機関を想定した遠隔診察を行うDemoが行われておりましたので、気になる方はぜひセッションを参照してみてください。

  • 注⽬ポイント
    • Chime SDKによるシームレスな遠隔診察の組み込み
    • Live Transcriptionでの⽂字起こしからAmazon Comprehendによる健康データを抽出しカルテ作成
    • Amazon PinpointとChime SDK の連携によるシームレスなオムニチャネル

まとめ

業務では中々触る機会のないサービスが多かったのですが、提供するサービスや機能は身近に感じるものが多く、それらのインフラがAWSのサービスを使って提供できるということに感動しました。
興味を持った方は是非セッション動画を参照してみてください!

以上、大阪オフィスの林がお送りしました!