WWDC 2015 Hackathon に参加してきました

WWDC 2015 Hackathon

wwdchackathon06

去る2015年6月14日、東京メトロ・麹町駅近くの KDDI Web Communicationにて行われた、WWDC 2015 Hackathonに参加してきました!

WWDC で発表された新しいフィーチャーを使ってアプリ等を作成するイベントです。参加したい人は、事前に Xcode 7 beta をインストールした Mac を持参するよう告知がありました。というわけで、iOS 好きなディベロッパー向けのイベントでした。

I participated in WWDC 2015 Hackathon held at KDDI Web Communication near Kojimachi station.

The goal of the event was to make something using features announced at WWDC 2015. Attendees are needed to install Xcode 7 beta on their Mac beforehand. The event was for iOS developers.

ディスカッション

wwdchackathon07

はじめに、司会の Matthew さんが WWDC 2015 で発表された iOS 9 や Swift 2.0 の注目ポイントを一つずつ説明され、それらについて会場の皆で感想や、「これを使えばこんなコトができるよね」といった感じで、ざっくばらんに1時間ほどディスカッションしました。

In the beginning, Matthew, the organizer of the event, explained about new features of iOS 9 and Swift 2.0 one by one. Attendees talked about the features and the practical use of it each other frankly for about an hour.

チーム編成

次に、ハッカソンのチーム編成です。席の周りにいる人達でチームを組んだり、一人チームだったり、自由な雰囲気で進んでいきました。私はアメリカ・テキサス州からお越しのジェイクさんと2人チームを組ませていただきました。

So we set teams in a free atmosphere. I and the Jake from State of Texas, USA talked about the plan and decided to make an app together!

ハッカソン開始

wwdchackathon02

いよいよハッカソン開始です。

私たちのチームは、新しく発表されたGameplay KitとSprite Kitを組み合わせて iPhoneでゲームを作ることになりました。

Gameplay Kit は ゲームのロジックに関することを担うフレームワークです。たとえば、標的に向かって滑らかにキャラクターを追尾させるといったことが、簡単な記述でできるようになっています。一方で、Sprite Kit や Scene Kit と違い、描画に関する機能は持たないので、そうしたフレームワークと組み合わせてゲームを作る必要があります。

参照 GameplayKit Programming Guide: About GameplayKit

Let's get started!

Our team decided to make an iPhone app with Gameplay Kit announced at WWDC 2015 and Sprite Kit.

Gameplay Kit is for applying logics to games. For Example, you can make characters moving toward the target in a simple description. On the other hand, unlike other frameworks for games such as Sprite Kit and Scene Kit, there are no function to draw any characters on the screen. So we need to use those frameworks along Gameplay Kit.

GameplayKit Programming Guide: About GameplayKit

ドリンク&フード!

wwdchackathon04

お昼過ぎにはピザやドリンクなどが振る舞われました。みなワイワイガヤガヤ楽しみながら作っていました。

Pizza and drinks are served! Everyone enjoyed to eat and make something.

終盤

wwdchackathon01

しかし、午後3時を過ぎた頃になると、みな制作に集中し、まわりからほとんど声が聞こえなくなりました。真剣!

私たちのチームでは、どんどん開発が進んでいきました。ジェイクさんのがんばりが大変大きかったです。ありがとうございます!

Everyone concentrated in developing and almost no voice was heard! So serious!

Our team could develop the app smoothly thanks to Jake's tenacity. Thank you Jake!

発表

午後5時にタイムアップ。ここからは発表です。

Time was up at 5 PM. Presentation-time started.

敵より先にゴールを目指すゲーム

私たちのチームの発表です。プレイヤーと敵が、5秒ごとに位置が変わるゴールに向かう競争ゲームです。敵の動きが非常に滑らかで、まるで意思を持っているかのようでした。

Our team presented a game: A player and the enemy compete to arrive at the goal. The position of the goal change every 5 seconds. The enemy character moves as if "he" has intelligence.

新しいフィーチャーを使ったコーディングデモ

今回発表された新しいフィーチャーを使ったコーディングのデモの発表でした。

There was a demo of the coding using new features of coding announced at WWDC.

声に合わせてキャラがジャンプするデモ

"Jump!" という言葉にあわせてキャラがジャンプするデモがありました。

Next, the other team presented a voice-operation demo. A character on the screen jumped when a player says "Jump!"

iOS 9 の UIKit 周りの新機能のデモ

iPad の シミュレータ上で行われた、画面分割などのデモ。確かに2つのアプリが1つの画面上で同時に動いていました。非常に興味深いデモでした。

The last presentation was about split view on the iPad and other UI-related things. Two apps was working on one screen indeed. It was very interesting demo.

感想

wwdchackathon03

様々な国の方々が集まって、WWDC 話題で盛り上がる、素晴らしいイベントでした。今回の WWDC はサプライズがなかったとも言われますが、新しく追加されたフレームワークや、アップルの新しい施策等を見ていくと、この先 App Store は盛り上がっていくんじゃないかなと思いました。

個人的には、追えていなかった新機能に触れることができましたし、多種多様な国の方々と英語でコミュニケーションを取るというのは、新鮮で楽しい体験でした。

There are people from various countries. We talked about WWDC a lot. It was a great event. WWDC 2015 is said that there are no surprise things, but I think frameworks newly added and new features of the iTunes Connect make App Store more fun.

Personally, It was a great experience that I could catch up with the new features of iOS and talked about that kind of things with people from various countries.

クレジット

今回のブログでは、当日参加された Johnny さんから頂いた写真を加工して使わせて頂きました!ありがとうございます!

Pictures in this post is shot by Jonny. Thank you Johnny!