#11 : Alteryxサンプルワークフロー「最寄りの店舗を探す」- Alteryx & Tableau 連携 Advent Calendar 2018

当エントリは『Alteryx&Tableau連携 Advent Calendar 2018』シリーズの11本目のエントリです。

当エントリでは、Alteryx Designerの実行ワークフローサンプル「Find Nearest Store(最寄りの店舗を探す)」の内容を紹介します。

目次

 

「本日のテーマ」概要紹介

AlteryxとTableauはそのツール特性から非常に相性が良く、製品間それぞれにパートナー企業としての(特集)ページが設けられています。

本日は、Alteryx Designerの「Sample Workflows」にて展開されている「Tableau Starter Kit」の中で、「Spatial Analytics」配下の「Find Nearest Store(最寄りの店舗を探す)」というサンプルワークフローについて見ていきたいと思います。

このワークフローでは、空間情報に関するAlteryxツールを用いて、各顧客に於ける『(10マイル以内で)最も近い店舗』を調べる処理を行っています。結果はTableauワークブックに出力される形です。

 

ワークフローの全体像

サンプルワークフローの全体像は以下となります。

 

ワークフローを読み解く

入力データは計2つ。顧客情報(各行で緯度・経度情報を所有)と、

店舗情報(こちらは各行毎にSpatial Object(Point)を所有)が用意されています。

処理上部の前半では、Find Nearest Toolを使い「店舗情報(Spatial)から10マイルの範囲にある、最も近い位置に居る顧客情報(Centroid)」を探し出しています。

顧客情報については、入力データの時点で緯度経度の数値情報しか保持していないため、このままではFind Nearest Toolに指定する事が出来ません。そのため、Create Point Toolを使い、緯度経度情報をSpatial Object(Point)に変換させています。

一方下部の前半では、以下の様な処理を行っています。

  • Multi-Field Formula Tool: TRIM()関数を用い、テキストデータフィールドの先頭/末尾スペースを除去
  • Select Tool: 処理に必要な項目のみを選択、更には項目名のリネームを実施
  • Formula Tool: 後続処理に必要なテキスト項目("Store Location"という値を固定表示)を用意

処理後半ではそれぞれ以下のツールを用い、アウトプットに繋げています。

  • Union Tool: 上部・下部で生成されたデータを列名で結合し、Tableauワークブックへ出力
  • Summarize Tool: 各店舗の顧客1人あたりの総顧客消費額、顧客数、平均距離、平均支出を計算し、Browse Toolで表示確認


 

ワークフローの実行・Tableauワークブックの内容確認

画面右上の「Run」ボタン、または「Control」+「R」のショートカットでワークフローを実行。抽出ファイル(*.tde)を用いたTableauワークブック(*.twb)が出力されました。

出力されたTableauワークブックを開いてみます。以下の様に「最寄りの店舗」情報を可視化したVizを確認する事が出来ました。

 

まとめ

という訳で、『Alteryx & Tableau 連携 Advent Calendar 2018 』11本目、「Find Nearest Store(最寄りの店舗を探す)」のご紹介でした。

引き続き、明日もお楽しみに!

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400