#24 : AlteryxにおけるHyper/TDE周りの対応方法整理 – Alteryx & Tableau 連携 Advent Calendar 2018

当エントリは『Alteryx&Tableau連携 Advent Calendar 2018』シリーズの24本目のエントリです。

当エントリでは、「AlteryxにおけるHyper/TDE周りの対応方法整理」と題して、AlteryxとTableau抽出ファイル周りの現状の対応状況をまとめてみたいと思います。

目次

 

Tableauのファイル形式「tde」及び「hyper」について

当エントリでテーマとしているTableauのファイル形式:「tde」と「hyper」。これはTableauで定めている"抽出ファイル"の形式で、従来のファイルやデータベースの内容を手元(ローカル環境)に所定の条件で抽出し、更には圧縮してアクセスを高速化対応させたものとなります。従来は拡張子『*.tde』で活用されてきていましたが、Tableau v10.5より新しい抽出ファイル形式『hyper』が登場、より一層の高速化が図られる形となりました。

Tableau公式ドキュメントによる、tdeとhyperのアップグレード及び互換に関する情報については以下の情報をご参照ください。

 

Tableau関連データを入力とする方法

まずはTableau抽出ファイル形式である「tde」または「hyper」を入力データとする方法の有無について。

こちらについては、Input Data Toolで指定するのが一般的な方法となる気がしますが、こちらのツールでは現状(2018年12月/v2018.4)tdeまたはhyper形式の抽出ファイルの入力データは未対応でした。

 

Tableau関連データを出力とする方法

 

Output Data Tool

Outputツールを使うと、変換した内容をそのままTableauの抽出ファイルとして出力させる事が可能です。

抽出ファイルの種類はtdeもしくはhyperが指定可能となっています。(v2018.1より対応)

 

Output Tableau Workbook Tool

Tableau Starter Kitに含まれる、Tableauワークブックを中身のデータと合わせて出力出来るツール。まず最初に作成済みのTableauワークブックテンプレートを使用して新しいTableauワークブックを作成・保存し、次にTableauワークブックをAlteryx内から参照して抽出ファイルデータソース(*.tde)を更新してワークブックテンプレートの複製を出力する事が出来ます。

このツールを使った実践エントリについては下記をご参照ください。

現行バージョンでは「ファイル名」のみ指定可能な形となっており、出力形式は抽出ファイルが*.tde、ワークブックがtwbの形式のみとなっています。Tableau v10.5以降、Tableauの抽出ファイル形式はhyperがデフォルトとなっており、現状最新バージョンのv2018.4では*.tdeの抽出ファイルを出力する事は出来なくなっています。(読み込みは勿論可能です) このため、Output Tableau Workbookツールを現行最新バージョンで使う場合はちょっとした工夫が必要となりそうです。

 

Publish to Tableau Server Tool

Tableau Starter Kitを導入すると入ってくるツール。v2018.4では、Connectorカテゴリにデフォルトで導入されるようになりました。データソースを任意のTableau ServerまたはTableau Onlineにパブリッシュ出来ます。

こちらの実践内容詳細については下記エントリをご参照ください。現時点の最新バージョン(v2018.4)ではtde及びhyperのいずれの抽出ファイル形式も対応しているようですね。

 

まとめ

という訳で、『Alteryx & Tableau 連携 Advent Calendar 2018 』24本目、「AlteryxにおけるHyper/TDE周りの対応方法整理」のご紹介でした。

引き続き、明日もお楽しみに!

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400