Alteryx Designerのライセンスをディアクティベートする方法

こんにちは、にいのです。

部署移動や退職などでAlteryx Designerのライセンスが不要になったり、移行する必要に迫られたり…そういったケースではライセンスのディアクティベートが必要です。本エントリではディアクティベートする方法を2種類ご紹介します。

もくじ

前提

本エントリで使用しているバージョンはAlteryx Designer 2018.4.4.54346です。オンラインアクティベーションにてアクティベートしました。

Alteryx Designerでディアクティベートを実行する

Alteryx Designerの[Option]→[Manage License]を開きます。

Alteryx Designerに紐づいたアクティブなライセンスが表示されます。対象のチェックボックスにチェックを入れて、[Deactivate License]をクリックします。

本当にディアクティベートを実行するかどうか聞かれます。[OK]を押すとディアクティベートの処理が開始します。

しばらく待つとディアクティベートが完了した旨の表示が現れます。この時点で別マシンでアクティベート可能です。

Toolにも鍵マークが追加され、使用できないようになりました。

ライセンスポータルからライセンスを取り消す(ライセンスオーナーのみ)

ライセンスオーナーであれば、ライセンスポータル上から有効ライセンスの取り消しが可能です。

licenses.alteryx.comへアクセスします。ライセンスオーナーのアカウントでログインし、メニューの[Machines]→[Administer Machines]を選択します。(ライセンスオーナーでない場合は表示されません。)

管理対象のアカウント情報が表示されます。ライセンスを無効化したい対象のMachine Nameを選択します。

[Action]→[Revoke License]を選択します。

[Qty to remove]からライセンスを無効化する数を選択して[Save]をクリックします。

前項で選択した数の分だけ[Qty mapped]が減り、無効化が完了しました。

おわりに

今回はディアクティベートの方法についてご紹介しました。ライセンス移行などでお困りの際にお役立てください。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400