AlteryxでExcelファイルから読み込んだデータにシート名を付与する

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは。Alteryxサポートエンジニアとして勉強中のスズです。

今回はAlteryxでExcelファイルから読み込んだデータにシート名を付与する方法についてご紹介します。

Excelファイルのデータにシート名を付与する

ワークフローの概要

今回作成するワークフローはこちらです。

  1. Input Data、Record IDツールでシート名を読み込み、IDを付与
  2. Input Data、Formula、Unionツールで各シートからデータを読み込み、結合
  3. Joinツールで2つのデータを結合

今回は1つのExcelファイルに含まれる3つのシートからデータを読み込みます。

シート名の処理

まずはExcelファイルのシート名の処理を行います。

Input Dataツール(In/Out -> Input Data)を使用して、Excelファイルからシート名を読み込みます。ファイルを指定すると、Select Excel Inputウィンドウが表示されます。シート名を読み込む場合、 Import only the list of sheet names を選択します。

Input Dataツールの設定を確認すると、 Table or QueryList of Sheet Names が設定されています。

Record IDツール(Preparation -> Record ID)を使用して、IDを付与します。

シート名にIDを付与したデータができました。

各シートに含まれるデータの処理

続いてExcelファイルの各シートに含まれるデータの処理を行います。

Input Dataツールを使用して、Excelファイルの各シートからデータを読み込みます。ファイルを指定して Select Excel Inputウィンドウを表示し、 Select a sheet でシートを選択します。

Input Dataツールの設定を確認すると、 Table or Query にシートが設定されています。

Formulaツール(Preparation -> Formula)を使用して、IDを付与します。各シートから読み込んだデータに対して、前項で各シートに対して付与したIDと同じ数字を割り当てます。

Unionツール(Join -> Union)を使用して、各シートから読み込んだデータを結合します。今回は各シートから読み込んだデータが全て同じフィールドを持つため、 Auto Config by Name を使用して結合しています。

各シートから読み込んだデータを1つにまとめることができました。

2つのデータの結合

準備した2つのデータを、Joinツール(Join -> Join)で結合します。

Join by Specific Fields で2つのデータのIDを含む列を指定して結合します。データの結合に使用したIDの列は不要なので削除します。

結果を確認すると、シート名と各シートに含まれるデータが表示されるようになりました。

最後に

今回はAlteryxでExcelファイルから読み込んだデータにシート名を付与する方法をご紹介しました。

本エントリでご紹介したワークフローは、専用ポータルにて公開予定です。弊社ご契約のユーザー様は専用ポータルからダウンロードいただけますので、ご参考にしていただければ幸いです。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400