OneDriveとAlteryxを連携させる方法 〜認証編〜


こんにちは、にいのです。

Alteryxでは、データをクラウドまたはインターネット/イントラネット環境にプッシュするためのツール群としてConnectors(コネクタ)が用意されています。今回はOneDriveとAlteryxを連携させるOneDrive Toolsの使用方法をご紹介します。この記事は前編として主に認証方法をご紹介します。

後編の実際にOneDrive Toolsを使ってみる記事はこちらです。

OneDriveとAlteryxを連携させる方法 〜実践!OneDrive Input Tool & OneDrive Output Tool〜

OneDrive Toolsの入手方法

OneDrive Toolsは標準でインストールされていないため、Galleryからインストールする必要があります。リンクにアクセスすると下記画面が表示され、RUNボタンを押すと「one_drive_v1.0.2.yxi」のダウンロードが開始します。このファイルにOneDrive Input Tool、OneDrive Output Toolが含まれています。

ダウンロードが完了後、下記手順でAlteryx Designerへインストールします。

  • Alteryx Designerを右クリックから管理者として実行をクリックして起動します。
  • ファイル > ワークフローを開く > 閲覧 から one_drive_v1.0.2.yxiを開きます。
  • 「すべてのユーザーのためにインストールする」を選択し、インストールします。

OneDriveの認証情報取得

Microsoft Application Registration PortalにてOneDriveの認証情報を取得します。

1.上記リンクにアクセスし、「Add an app」をクリックします。

2.Application Nameには任意の名前を入力します。
3.Generate New Passwordをクリックし、パスワードを入手します。パスワードが表示されるのはこの一回のみです。取得し忘れにご注意ください。 
4.Platforms直下のAdd Platformをクリックし、Webを選択します。

5.Redirect URLsに下記URLを入力します。
https://login.live.com/oauth20_desktop.srf

認証の情報として必要となるのは、Application IDPasswordの2点です。

OneDrive Toolsで接続する

前準備が終わったので、OneDrive Toolsに接続してみましょう。OneDriveを使用しているアカウントがPersonalかBusinessかによって入力する値が異なります。

OneDrive personalの場合

  • Account Type: OneDrive Personalを選択
  • Client ID: 前項で取得したApplication IDを入力

OneDrive for businessの場合

  • Account Type: OneDrive Personalを選択
  • Client ID: 前項で取得したApplication IDを入力
  • Secret key: 前項で取得したPasswordを入力

それぞれ入力完了後にLoginボタンを押し、Microsoftアカウントへのサインインを行ってください。

接続が完了するとSelect a fileフィールドに接続先のOneDrive上にあるファイルを選択できるようになり、Configrationが表示されます。

おわりに

今回はOneDrive ToolsをAlteryxに接続する方法をご紹介しました。次回はOneDrive Input Tool、OneDrive Output Toolそれぞれの機能をご紹介します。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400