Snowflakeが稼働しているリージョンを調べるSQLコマンド

こんにちは。DA部プリセールスエンジニアの兼本です。

ETLやデータパイプライン製品からSnowflakeに接続する際、リージョンを指定しないといけないときがあるのですが、2019年12月現在、Snowflakeのアカウント作成時に指定したリージョンはコンソール上では確認することができないようです。
今回はそんな時に便利なSQLコマンドをご紹介します。
コマンドはそれぞれワークシートを表示して実行するだけです。

利用可能なリージョンの一覧を表示する

ワークシートを表示して以下のSQLコマンドを実行します。

SHOW REGIONS;

アカウントが稼働しているリージョンを表示する

こちらも、ワークシートを表示して以下のSQLコマンドを実行します。

SELECT CURRENT_REGION();

まとめ

以上、Snowflakeが稼働するリージョンを調べるSQLコマンドについてご紹介いたしました。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントは受け付けていません。