Tableau Conference 2017基調講演レポート『Tableau Vision Keynote』 #data17 #tableau

現地(米国)時間:2017年10月09日〜2017年10月12日にラスベガスで開催されているTableauの年次カンファレンス『Tableau Conference 2017』。

今回現地参加はしていないので日本から開催を見守る形となりますが、今回のイベントはユーザー登録(無料)を行えば、キーノート(基調講演)を含んだ幾つかのセッションをWeb経由でライブストリーミング視聴が出来るようになっています。そこで当エントリでは遠く日本から現地ラスベガスで開催されているTableau Conference 2017のライブストリーミングセッションの模様をレポートしたいと思います。(イベントのツイートを交えてお届けしたいと思います)

当エントリでレポートする内容は現地(米国ラスベガス)時間:2017/10/11 AM 08:30 - AM 11:00に行われた『Tableau Vision Keynote』となります。

イベントハッシュタグ(#data17)の基調講演開催時間帯のつぶやきまとめは以下となります。

目次

 

セッション概要

事前に紹介されているセッションの内容は以下となります。

Tableau CEO Adam Selipsky and other data leaders will share their vision for the future of visual analytics. (Tableau CEOのAdam Selipskyおよび数名のデータリーダーが、将来の視覚分析のビジョンを共有します。)

登壇者:

  • Adam Selipsky(President and Chief Executive Officer)
  • Francois Ajenstat(Chief Product Officer)
  • Elissa Fink(Chief Marketing Officer)

 

セッションレポート

 

カンファレンス開始に先立って

セッション開催の前に、先日発生したラスベガスでの銃乱射事件に対しての黙祷が捧げられました。

Tableau Conference 2017開催のほぼ一週間前、また事件現場がカンファレンス開催地でもある「マンダレイ・ベイ」という事もあり、開催を危ぶむ声も事件発生当初には挙がっていました。Tableau社より予定通り開催する旨公式発表があり、万全の警戒態勢・注意が払われる形での開催に至っています。

 

ビジョンの共有など

ビジョンの共有については、CEOのAdam Selipsky(@aselipsky)が"神話"になぞらえて4つのテーマについて語っていました。

Tableauはデータプラットフォーム以上のものを目指して行きます!という意気込み。

また、Tableau Conference は今年(2017年)で10周年である事もアナウンスされ、大きな拍手に包まれました。

 

新バージョン:Tableau 10.5がPublic Betaに

カンファレンスキーノート(基調講演)で気になるのは新機能や新サービスに関する情報。より詳しい情報についてはこの日の(現地時間)夕方に行われた「Devs on Stage Keynote」で言及されていますので紹介についてはそちらのレポートに譲りますが、こちらの「Vision Keynote」でも代表的なものについて紹介がなされていました。

まずはTableauの新しいバージョン「10.5」に関する情報がこの日よりアクセス可能となりました。現時点では"public beta"な状態なので正式な製品版としての利用とはなりませんが、直近リリースされる事になる機能をいち早く体験する事が可能となっています。

Tableau 10.5のPublic Betaを伝えるブログエントリは以下。

Tableau 10.5 Betaに関するインストーラ等の入手ページは以下。「Welcome to Tableau 10.5 Beta」へはTableauのアカウントを作成してアクセスする形となっています。(10.4までとは方法が変わっているので注意)。

Tableau 10.5の各種機能紹介に関するページは以下。こちらの内容については稿を改めてそれぞれに言及していければと思います。

 

Tableauの次世代データベース技術:「Hyper」

発表当初からその内容が注目されていた「Hyperエンジン」についてもベータ版の利用が可能になりました。

Hyperについては既存の抽出フォーマット「TDE」との実演比較デモ(単純データアクセス、抽出ファイルの作成等)を行っていました。実際確かに早いレスポンスでHyper側は処理を終えていました。こちらについては個別に動作比較等を行ってみたいと思います。

計3ラウンド・3連勝したHyperはQueenの「We Are The Champions」の曲に合わせてチャンピオンベルトを受け取っていました。(何だこの流れはw

ちなみにHyperもバージョン10.5でお目見えする形となっています。もうすぐ利用出来ますね!

 

Data Prep(データ準備)の作業をサポート:「Project Maestro」

Tableau Conference 2016キーノートで発表されていた「Project Maestro」についても当キーノートで紹介がなされました。ほぼ丸1年経っているのでこちらは「ようやく来たか...!」というところでしょうか。

画面イメージ。

データソースの結合もMaestro上で行えます。

その他各種機能の操作についてもデモ実演が為されていました。

様々なデータソースをMaestro上で連結・編集して行きます。

Maestroのリリースについては「Project Maestro will be available in beta this quarter!」という時期感となるようです。早く実際に使ってみたいですね!

 

Extention API

開発者寄りの機能としては、「Extention API」なるものも紹介されていました。企業の特定のニーズに応えるために,Tableauの機能をより適切に活用出来るようにデザインされたAPIとなります。

Extensions APIはプレビュー版が参照・利用可能となっています。(※要Tableauアカウントでのログイン)

また、Extentions APIを含めた既存API群についても、以下のページに情報を整理した形で纏め直されているようです。これを機に既存APIについても改めて触って活用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

という訳で、Tableau Conference 2017 キーノート1つ目「Tableau Vision Keynote」のLIVEストリーミング放送視聴レポートのご紹介でした。この日の夕方に行われた『Devs on Stage Keynote』ではこの他にも沢山の新機能紹介がなされていましたので別途内容をご紹介したいと思います。