【5企画125本無事完走】データインテグレーション部(DI部)の2018年アドベントカレンダー企画の成果を可視化しました【お疲れ様でした!】

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

さて、弊社クラスメソッドと言えば「ブログ」ですが、今年2018年も12月の技術系ブログの風物詩である「アドベントカレンダー」の企画に『弊社がこの企画に参加しないでどうすんの?』という感じで参戦しておりました。参戦時の情報については下記エントリをご参照ください。

そして本日2018年12月25日を以て2018年のアドベントカレンダー企画は終了、弊社クラスメソッドデータインテグレーション部(※通称「DI部」)で企画した5つの企画が無事完走出来、125本のブログを繋ぐことが出来ました! ヽ( °∀°)ノ

そこで当エントリでは「お疲れ様!!」の意味も込めて、企画の振り返りと「ちょっとしたまとめ」をご紹介したいと思います。

Tableau Viz

データインテグレーション部で企画・立案した2018年アドベントカレンダー、5テーマ125本の一覧が以下となります。Tableau Publicを使って投稿データを可視化してみました。

セル内所定日付のアイキャッチ画像をクリックすると、エントリの概要情報と合わせて遷移リンクが現れ、クリックするとエントリのURLに飛ぶことが出来ます。

振り返り

2018年12月、すなわち「アドベントカレンダー」の季節が近付くにあたり、社内・部内では「そろそろ何か考えますかねぇ」という感じでポツポツとネタ出しをし始める状況ではありました。基本的に社内で立案したアドベントカレンダー企画については「"完走出来ない"という状況はありえない」ので、そのラインは必達としつつも、いかにして「25日間走り切れるか」「ネタとして興味深いコンテンツを提供出来るか」というラインを探った準備期間でした。

そして12月に入りアドベントカレンダー企画スタート。AWSの機械学習サービス「SageMaker」とデータ準備・予測分析等様々な処理を実現出来るツール・プラットフォームである「Alteryx」というホットなトピックで5企画125本を走り切る...というかなりのボリューム感でしたが、コンスタントに情報をアウトプット出来るメンバーが部内にどんどん増えて来ていたという事もあり、何ら心配すること無く乗り切ることが出来ていました。企画に乗ってくれた社内の皆さん、ありがとうございました&お疲れ様でした!!

また、「Alteryx User Group in 東京 Advent Calendar 2018」では、タイトルに示す通り「ユーザーグループの関係者」括りで参加者を募り、こちらも25日間無事ブログのバトンを繋ぐことが出来ました。2016年の「Alteryx Advent Calendar 2016」以来2度目となるテーマでしたが、様々な切り口でのエントリが並ぶ形となり、企画としては大成功だったと言えると思います。

下記に「Alteryx User Group in 東京 Advent Calendar 2018」で企画に参戦頂いた(クラスメソッド社員以外の)皆様のエントリも改めてご紹介したいと思います。どれも非常に読み応えのある内容でした。ありがとうございました!!

 

まとめ

という訳で、2018年のデータインテグレーション部(DI部)に関連したアドベントカレンダー企画の振り返り&まとめ内容のご紹介でした。来年も引き続きコンスタントにアウトプットを積み重ねつつ、アドベントカレンダー企画で12月/年末を盛り上げて行ければと思います。