Tableau Desktop 10 新機能:Googleスプレッドシートに繋げられる様になりました #tableau

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Tableau 10 新機能紹介シリーズ、当エントリは『Google Sheetへの接続対応』に関する、正式リリース前の先取り内容紹介となります。データソースの接続先の一つとして、新たに『Google Sheet』が増える事になりました。

tableau10-comming-soon_00

接続先データソースの準備

まず始めにTableauから繋ぐ事になるデータソースを作成します。Googleにサインインし、スプレッドシートの新規作成を選択。

tableau10-new-features-google-sheets_01

今回はデータを下記GitHubから拝借する事にしました。マーベルコミックスの登場人物に関するデータの様です。CSVをダウンロード、ファイルを開いてコピーの後にGoogleスプレッドシートに貼り付けます。このままでは体裁を為していないのでデータを区切り文字で区切る処理を行います。

tableau10-new-features-google-sheets_02

良い感じになりました。ファイル名も別途付けておきます。

tableau10-new-features-google-sheets_03

TableauからのGoogle Sheetsへの接続実践

TableauからGoogle Sheetsに接続するには[その他サーバー]から遷移します。[Google Sheets]を選択。

tableau10-new-features-google-sheets_04

するとユーザー名及びパスワードの入力を求められますので従います。

tableau10-new-features-google-sheets_05

続いて、Tableau Desktopが接続許可を求めてきますのでこれも許可。

tableau10-new-features-google-sheets_06

Google配下に保存されているスプレッドシートの一覧と検索窓のウインドウが表示されました。先ほど作成したファイル名で絞り込んでみます。そして[接続]押下。

tableau10-new-features-google-sheets_07

データウインドウが表示され、先ほど作成したデータも無事データソースとして読み込めているようです。

tableau10-new-features-google-sheets_08

あとは従来通りの形で情報を扱う事が出来ます。

tableau10-new-features-google-sheets_09

まとめ

以上、Tableau 10の『Google Sheets対応』に関するご紹介でした。Google Sheetで手軽にデータを共有しておいて、Tableauから接続・可視化を試せるというのは嬉しいですね。こちらからは以上です。