Tableauに関するトレーニング・教育コンテンツ・書籍をまとめてみた 〜Tableau Blueprint〜 #tableau

先日のブログでも紹介しましたTableau社によるベスト・プラクティス集『Tableau Blueprint』。

当エントリでは、その中から『教育コンテンツ・トレーニング』の部分にフォーカスを当てたトピック『Educational Content Curation』に関してその内容をまとめて見たいと思います。

目次

 

全トレーニング用素材&スターターキット

Tableauの有償トレーニング製品には、教育マテリアルを消化していくための順序及びスケジュールが付属していますが、Tableauユーザー向けに独自のトレーニング教材を作成したい場合、ユーザーはTableauのドキュメントやビデオ、その他リソースにアクセス出来ます。これらの資料を、推奨される講義を順序立ててプログラムとしてまとめ上げることでユーザーが効率的にTableauを学習していくことが出来ます。

全てのビデオ、トランススクリプト、及び関連ファイルは、一括ダウンロードを行って組織の学習システムでキュレーションし、公開する事が出来ます。

各ロール毎に推奨されるコースワークは、『Tableau Starter Kits』のページに展開されています。 『Tableau Starter Kits』では、Tableauのトレーニングビデオ、読み物、コミュニティのイベント、及び製品の実践演習を、ユーザーが自分自身で学びながら製品機能を把握し、使用していけるようにセクション毎に学習コンテンツがまとめられています。

Starter Kitsの内容に加えて、Tableauの製品スキルを日常の職務や各種状況を踏まえた組織毎のコンテキストを加えていきます。教育カリキュラムについては制限時間・順序を守り、ユーザーがそれを完了させるために十分な学習時間を確保できるスケジューリングを行いましょう。

 

Tableau公式の学習コンテンツ・トレーニング

上記で紹介・言及されているものの他にも、Tableau公式サイトでは様々な形で学習コンテンツ・トレーニング素材が共有・公開されています。それらの多くはTableau公式サイトメニューの『トレーニング』配下からたどる事が出来ます。

 

はじめに

このページでは、新しくなったTableauライセンス形態の個別ライセンスに合わせた形で学習コンテンツが整理されています。管理者ユーザーからビューワーユーザーまでそれぞれ用意されているので効率良く操作方法を学ぶ事が出来ます。

メニューを進めていくと内容は無料の動画コンテンツ、有償のクラスルームトレーニングが展開されています。動画コンテンツについては初期表示は英語版となっていますが、左下のメニューの言語設定を切り替えることで日本語版動画(バージョンは若干古いですが)を観ることが出来ます。(※閲覧にはユーザー登録(無料)が必要です。)

 

無料トレーニングビデオ

こちらもライセンス別に情報が整理されています。それぞれの動画(※閲覧にはユーザー登録(無料)が必要です。)がテーマ別に並べられている&動画個別の時間も分かるようになっているので、学びたいトピックを選んで観ることが出来ます。

 

eラーニング

eラーニング形式のコンテンツもTableauでは用意されています。無料トライアルから始めて、有償のコンテンツを申込む事も可能です。

 

クラスルームトレーニング

Tableauに関するトレーニングを有償で受けられるのがこちらの『クラスルームトレーニング』。数日間のカリキュラムで、オンサイト・ライブバーチャルの2パターンが選べます。Tableau公式のトレーナーによる集中的なレクチャーを受けることで、短期間のうちに飛躍的なスキルアップが期待出来るのではないでしょうか。

ライブオンライントレーニング

トピック毎に約1時間(Q&Aを含む)の動画で解説を行うというのがこちらの『ライブオンライントレーニング』。日時は指定されたもののみとなりますが、無料でWebを介してトピックごとの機能解説や質疑応答等をライブで堪能することが出来るものです。

 

YouTube動画

公式トレーニング動画とは若干趣が異なるのですが、非常に有益な『学習コンテンツ』としてこちらのYouTube動画を紹介したいと思います。Tableau Japan社の中の人であり、Tableau JediマスターでもあるKT(@KaorixTab)さんによるチャンネルで紹介されているTableau解説・実演動画群です。チャンネルページはこちら。

そして動画(の一覧)はこちら。まだチャンネル自体開設されたばかりで動画自体の本数も少ないですが、Tablaeuデモ(Bronze Demo)を踏まえた解説動画などはとても分り易く、研修等でも『これそのまま流してしまえば良くね?』と思えるような完成度の高さです。更新頻度的にも定期的に上がってくる事が期待されるのでチャンネル登録を行って適宜チェックして置きましょう!

 

Tableau学習オススメ書籍(日本語のもの)

ここまではWebベースで入手可能なコンテンツをご紹介してきましたが、やはり情報を手元に置いておき、参照出来る形で使いたい...というケースもあるかと思います。近年Tableauに関しては日本語書籍も出るようになって来ており、非常に身近なものになってきました。今回はその中から5点、Amazonのリンクと共にご紹介したいと思います。

Tableauデータ分析~入門から実践まで~

Tableauユーザー会のメンバーが中心となって執筆された書籍。基本的な使い方からユーザー事例、コミュニティに関する情報まで幅広く情報を吸収出来る良書です。こちらは私の方でも書評エントリを書かせて頂きました。

Tableauデータ分析 ~実践から活用まで~

『Tableauデータ分析~入門から実践まで~』の続編となるこちらの書籍。より実践的な部分にフォーカスを当てる形で、細かいところまで行き届いた解説が為されています。こちらもたまちゃんによる書評エントリが展開されています。

データビジュアライゼーションの教科書

(何故か書影付きリンクが表示されなかったので書評エントリのみ記する形で...)直近2019年06月に発売されたこちらの書籍。Tableauそのものというよりは『可視化する上で気をつけること、踏まえておくこと』に焦点を当てたものとなっており、分析・可視化を行うユーザーは目を通しておくことで『伝える力』を養う事が出来る良書と言えるでしょう。書籍後半ではTableauに特化した形でのTipsなども紹介されています。

Tableauによる最強・最速のデータ可視化テクニック ~データ加工からダッシュボード作成まで~

こちらはまだ発売されていないのですが気になったのでピックアップ。Tableau Japan社の中の人が著者という事で内容も期待出来そうですね。

 

まとめ

という訳で、『Tableau Blueprint』より教育コンテンツ・トレーニングに関する内容のご紹介でした。こうして全体を通してみると、Tableauには学習のためのコンテンツが非常に多岐にわたって展開・準備されており、これらを活用するだけでも自学自習で十分にスキルアップ出来る環境が整っていることが分かります。ここまで(学習環境が)整っているツールもそうそう無いと思われますので、是非これらの素材をフル活用して分析スキルアップに役立てて頂ければと思います。