[Talend]tBarChartを利用して棒グラフを作成する

はじめに

こんにちは。DI部の大高です。

今回はTalendのコンポーネント「tBarChart」による棒グラフの作成を紹介したいと思います。

なお、類似コンポーネントの「tLineChart」についても以下でご紹介していますので、ご参照ください。

[Talend]tLineChartを利用して折れ線グラフを作成する | DevelopersIO

前提条件

Talendのバージョンは「Talend Open Studio for Big Data」の「Version 7.1.1」で検証しています。

tBarChartについて

「tBarChart」を利用すると棒グラフの画像ファイル(png形式)を作成することができます。

「tBarChart」コンポーネントのTalend Helpページはこちらです。

tBarChart

では、具体的に以下で解説していきます。

ジョブの説明

「tFixedFlowInput」でサンプルデータ作成を行った後に「tBarChart」で棒グラフファイルを出力します。

「tFixedFlowInput」コンポーネントの設定

「tFixedFlowInput」コンポーネントでは以下のようにサンプルデータを設定します。スキーマ定義は後述する「tBarChart」の固定スキーマに合わせるように設定してあります。

カラムとしては「series」と「category」と「value」があります。「category」が各棒となり、その中で「series」毎に色分けされます。「value」は棒の高さとなり、同一の「series」だと値が合算されます。

「tBarChart」コンポーネントの設定

「tBarChart」コンポーネントでは、棒グラフの表示に関する設定を行います。

スキーマ定義

スキーマ定義は固定です。先程「tFixedFlowInput」で指定したとおり、「series」名と「category」名、「value」を設定するスキーマ定義となっています。

出力イメージファイルパス

出力するイメージファイルのパスを指定します。画像ファイルの拡張子は「png」に設定します。

グラフタイトル、凡例を含む、3次元、カテゴリー軸名、値軸名、イメージの透過度

それぞれ以下の画像の通りの箇所を設定します。「凡例を含む」を有効にすると凡例が表示されます。

また、「3次元」を有効にすると棒グラフが立体的になり、更に「イメージの透過度」によって棒グラフの棒をどれぐらい透過するかを設定できます。

イメージの幅、イメージの高さ

出力画像ファイルサイズをピクセル単位で指定します。

グラフの向き

「縦位置」と「横位置」から選択できます。今回は「縦位置」にしました。「横位置」にすると、横向きの棒グラフとなります。

実行結果

設定は以上です。実際にこのジョブを実行すると以下の画像ファイルが設定したファイルパスに出力されます。

設定したとおり、棒グラフが出力されています!

まとめ

以上、「tBarChart」コンポーネントの紹介でした。

「tLineChart」と同様に、こちらもちょっとしたグラフの作成であれば「tBarChart」コンポーネントが活用できるのではないでしょうか。

それでは。