ゲームと AI・機械学習の関わりについて個人的まとめ [Amazon Game Tech Night 対策] #AmazonGametech

Game Tech Night #15

Amazon Game Tech Night をご存じでしょうか?

AWS のサービス・インフラがゲーム業界で使われている、というのはご存じのことと思いますが、AWS はゲーム業界向けに、自身のサービスをまとめて Amazon Game Tech としています。

Game Tech Night は、その Game Tech をテーマに国内で不定期的に実施されているイベントです。きたる 8/21(水)、その 15 回目ということで、 機械学習 をテーマにイベントが開催されます。

Amazon Game Tech Night #15 〜ゲーム業界向け AWSで実現する機械学習〜 - connpass

  • ゲーム業界における機械学習の活用事例
  • Game 開発で活用するAWS の AI/ML サービスのご紹介

近年、AIや機械学習という単語を聞かない日がないくらいAIや機械学習は脚光を浴びる技術領域となっています。これはゲーム業界においても例外ではありません。ゲームキャラクタやゲーム開発の過程においても機械学習を活用した事例を散見するようになっています。
(snip)
ゲーム業界における機械学習の活用事例とそれをAWSで実現するためのソリューションをAWSの機械学習サービスと併せて包括的にご紹介します。また、それらサービスの具体的な使い方をデモを交えて紹介します。

AI や機械学習の知識は前提としません」という宣伝文句に躍らされてぼくも今回参加するのですが、正直いってこの分野は完全に門外漢(ただのゲーム好き)です。いくら前知識不要とはいえ、ある程度分かっていた方が話の飲み込みもはやいだろうということで、予習を兼ねて、近年の「ゲーム」関連で話題の「AI・機械学習」をまとめてみました。

注意

  • ここに記載した内容が Game Tech Night で語られるわけではありません
  • あくまで、上記イベントの理解を深めるための個人的なまとめです
  • 記事中で断定的な表現をしている箇所がありますが、あくまで個人の理解となります

ゲームと AI・機械学習の関わり


「ゲームAI入門(前半)」スライドより

ゲーム内 AI

ex) 敵キャラクター

  • 以前 = プレイヤーに向かっていく -> 壁にぶつかる -> 動けない
  • AI = 壁を迂回、マップを把握して通行可能な経路を自動で判断
    • ナビ AI = キャラの移動可能な経路や視界情報を提供
    • キャラ AI = ナビ AI から情報をもらい、キャラの性格(攻撃的かどうかなど)に従って行動を決める

ex) 多足歩行キャラクター

ex) 味方キャラクター

ゲーム外 AI

Amazon Game Tech

Amazon Game Tech についても、項目だけまとめておきます。

Amazon Game Tech | AWS

さいごに

興味の赴くままにまとめてみました。「最近」と言いつつここ数年くらいの幅がありますし、門外漢ゆえ「もう古い」「実はまったく関係ない」ことまで含まれていそうですが、「ゲームと AI」がどんな文脈で語られているか、あるていど雰囲気がつかめるかと思います。

もちろんこの話題が全て Game Tech で語られるとは思ってないですし、さらにこれ以外の話題がきっと語られると思っています。それにより、 AWS がどの領域に位置してどの方向に注力しているのか、も見えてきそうです。特に上では国内事例を中心にまとめましたが、 AWS のことですから海外事例の話もありそうですよね。

もしひとつでも興味が沸いてきた項目がありましたら、まだ間に合います、ぜひ 8/21 Game Tech Night #15 にお申し込みください!

FreshでVividな脳は忘れずにお持ちください☺

参考

CEDEC2019 での AI・機械学習関連セッション一覧

ちなみにゲーム関連技術の国内イベントと言えば、毎年開催されている CEDEC が有名と思います。今年の CEDEC2019 は 9/4 からですね。

CEDEC2019

今年予定されているセッションのリストから、AI・機械学習(ディープラーニング)に関連していそうなセッションを抜き出してみると、以下の 16セッションがありました。

  • [芸術科学会(NICOGRAPH)×CEDECコラボセッション]サウンド×AI×ゲーム
  • 「強い」を作るだけが能じゃない!ディープラーニングで3Dアクションゲームの敵AIを作ってみた
  • 『LEFT ALIVE』における地形表現とナビゲーションAI
  • AI「りんな」のボイストレーニング
  • AIにゲームをデバッグさせることは出来るのか? 〜ゲームAI専門会社モリカトロンの挑戦〜
  • AIにだって心はある!音声を使ったインタラクションで感情を持ったキャラクターAIと遊ぼう!
  • AIの諸問題に対する日本語的アプローチ
  • AIは自分でボードゲームの勝ち方を見つけられるか?
  • CLIP STUDIO PAINT でのディープラーニング活用事例とAIフレームワーク ailia SDKの紹介
  • ゲームと機械学習の最前線 〜現状と未来を正しく捉えるために〜
  • ディープラーニングによる画像処理を実機側で高速に動かし、活用する技術
  • プロシージャルゲームコンテンツ制作ブートキャンプ 2019 Part 2 機械学習
  • 感情を揺さぶるメタAI ~ゲームへの実装方法とバランス調整への応用事例~
  • 感性をAI化!? サウンドデザインへのAI活用法とその未来 -SURROUND:AIにおける適用事例-
  • 機械学習ベースの自動プレイエージェントを用いたバランス設計効率化の追求
  • 組織的に Game x AI を推進していくための方法論 〜『逆転オセロニア』 の一歩先へ〜

※目視での抽出のため、抜けや誤爆がありえます

さらに参考:CEDEC2018 (昨年)の AI・機械学習関連セッション

CEDEC2018

  • [人工知能学会×CEDECコラボセッション] 深層学習によるロボット動作の予測・模倣学習
  • コンテナ、AI、データ、ブロックチェーン、ゲーム開発者とIBM最新技術との交差点
  • スマートなアンチチート: 機械学習を利用してプレイヤーの楽しみと利益を保護する Smart Anti-Cheat: Using Machine Learning to protect your fun and profit
  • ビデオゲーム制作における人工知能 【Artificial Intelligence in Video Game Production】
  • モバイルタイトルにおける横断的な機械学習によるレベルデザイン支援システムの構築と運用
  • 次世代QAとAI 〜ゲーム開発におけるAI活用に正しく向き合うために〜

去年と今年でセッション数の母数も違いますので単純比較はできませんが、盛り上がってきている雰囲気が伝わってきますね!

過去の Amazon Game Tech Night 関連弊ブログ記事

過去の Game Tech Night がどのような雰囲気だったのか、こちらの記事をご参照ください。

[レポート] Amazon Game Tech Night #14 〜ゲーム企業向け AWS セキュリティ〜 に参加してきました #AmazonGametech | DevelopersIO

Amazon Game Tech Night 8 に参加してきました #AmazonGametech | DevelopersIO