【re:Invent 2019】AndyJassyのKeynoteで生演奏された楽曲をまとめてみた#reinvent

こんにちは、営業部の西羽です。

Keynoteで発表されるアップデートが多すぎて、速報をするのが大変でした。。。

AndyJassyの基調講演ではAWSのバンドが生演奏を行いました。話の展開で過去の名曲を引用するなんてとてもおしゃれですよね、しかもそれが生演奏だなんてなんて豪華!

さて、こちらではre:Invent2019で演奏された楽興をまとめます。

 1.Right Now/Van Halen

1曲目はVan Halenの「Right Now」でした。

AndyJassyは"Don't wait till tomorrow"という歌詞を引用し、クラウドの変革スピードについて話しました。

2.Don't stop me now/Queen

2曲目は、Queenの「Don't stop me now」です。

クラウド移行をするならば時間をかけるのではなく、すぐ取り組むべきとAndyJassy。

3.Movin' Out/Billy Joel

3曲目はBilly Joelの「Movin' Out」。

値上げを行う他社と比較し、料金について言及しました。

4.Too Much/Dave Matthews Band

Dave Matthews Bandの「Too Much」が4曲目です。

”The hunger keeps on growing...” 不足が成長を促す。

5.I'm Gonna Be/The Proclaimers

5曲目はThe Proclaimersの「I'm Gonna Be」です。

"But I would walk 500 miles And I would walk 500 more"

これまでの500マイルの歩みとこれからの500マイル。AndyJassyは「機械学習の歩みそのものだ」と表現していました。

6.Break On Through/The Doors

最後の曲はThe Doors「Break On Through」でした。

 

どんどん壊して進んでいけ、クラウドの力でより便利に。

最後に

こちらでは曲名のみまとめましたが、実際のKeynoteではそれぞれの曲と話にあったVJが流れており、それがとてもよかったです。

個人的には「Don't stop me now」のVJがポップかつかっこ良かったので最も印象に残っています。AndyJassy曰く、Queenはよく使用しているそうでした。