[新機能] AWS Elemental MediaLiveが東京リージョンで使えるようになりました!

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

清水です。Media五兄弟ことAWS Media Services、その中のライブ映像処理サービスであるAWS Elemental MediaLiveですが、東京リージョンで使えるようになったことがForumsにてアナウンスされました!

Forumsでのアナウンスは(数日前の)2018/01/24、AWS Media Servicesのリリースが2017/11/27でしたので2ヶ月ほどで東京リージョンに来てくれたことになります!

AWS Elemental MediaLiveが東京リージョンで使えることを確認してみる

AWS マネージメントコンソールからの確認

まずはAWSマネージメントコンソールからアクセスできることを確認してみます。東京リージョン ap-northeast-1のAWSサービス一覧画面 https://ap-northeast-1.console.aws.amazon.com/console/home?region=ap-northeast-1からMediaLiveのリンクを探して、アクセスしてみましょう。(検索窓に"medialive"と入れるのも良いですね。)

この通り!東京リージョンのマネージメントコンソール画面でGet startedの画面が表示されました!

続いてinputを作成してみます。左側からメニューを展開して、Inputsのページに遷移して[Create input]ボタンで進みます。必要な項目を入力して、[Create]ボタンで作成しましょう。

東京リージョンでinputが作成できました!

AWS CLIからの確認

作成されたinputに対して、AWS CLIからも内容を確認してみます。--region ap-northeast-1で東京リージョンであることを明示してみました。

 $ aws medialive list-inputs --region ap-northeast-1
{
    "Inputs": [
        {
            "Name": "TokyoRegionInput",
            "AttachedChannels": [],
            "Sources": [],
            "State": "DETACHED",
            "SecurityGroups": [
                "746XXXX"
            ],
            "Type": "RTMP_PUSH",
            "Id": "75444XX",
            "Arn": "arn:aws:medialive:ap-northeast-1:XXXXXXXXXXXX:input:75444XX",
            "Destinations": [
                {
                    "Url": "rtmp://52.197.XXX.XXX:1935/live/mystream",
                    "Ip": "52.197.XXX.XXX",
                    "Port": "1935"
                },
                {
                    "Url": "rtmp://13.231.XXX.XXX:1935/live/mystream",
                    "Ip": "13.231.XXX.XXX",
                    "Port": "1935"
                }
            ]
        }
    ]
}

AWS CLIからもinputの情報が取得できました!

まとめ

AWS Elemental MediaLiveが東京で使えるようになりました。日本国内からのライブ映像配信を考えた場合、東京リージョンを使用することで他リージョンよりも距離的に近くなるため、映像の遅延など改善することが予想されます。この点についても引き続き調査していきたいと思います。