明日開催のDevelopers.IO 2018を満喫する方法 #cmdevio2018

152件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

あらゆる分野のAWS技術についてエンジニアが語るイベント「Developers.IO 2018」が、いよいよ明日10月5日(金)に秋葉原で開催!このお祭りを全力で楽しんでいただくため、当日のセッション情報や注意点をカンタンに説明していきます。

要チェック!20を超えるセッションの見所を紹介

まずはセッション情報のご紹介です。「Developers.IO 2018を徹底的に楽しむ」シリーズと題して、全20本以上のセッション紹介ブログを公開しています。
申し込み済みのセッションについてはあらかじめチェック・予習していただくと、AWSのノウハウがスルスル頭に入りそうです。以下、特に人気の高いエントリー3つを再掲しました。

AWSのベストプラクティスを1000件以上の事例から独自に紹介!Developers.IO 2018 #cmdevio2018
Webセキュリティ専門家がスペシャルゲスト!EGセキュアソリューションズ徳丸浩氏 #cmdevio2018
DevOpsの勘所をアジャイル実践者が力説!アキバでソフトウェア開発を進化させる #cmdevio2018

当日の注意事項

次に、セッションなどコンテンツを楽しむための注意事項です。詳しくは申し込みページで確認していただくとして、ここでは電源・Wi-Fi・SNSに関する大事なポイントのみお伝えします。

電源・Wi-Fiについて

ポイントの1つ目は、電源とWi-Fiに関しての注意です。参加される方は、どなたもチェックしておいて損はありません。

  • ご用意する電源の数には限りがございます。譲り合いながらお使いいただけますと幸いです。
  • 基本的にWi-Fiは用意しておりません。必要な方はご自身で手配していただくようお願いします。
  • なおAlexaハンズオンのセッションのみ、人数分の電源とWi-Fiを揃えております。
  • SNSについて

    2つ目はSNS情報です。運営するクラスメソッドのSNSアカウントとハッシュタグは下記の通りとなっています。

  • 関連情報をTwitterFacebookで発信します。各アカウントをフォローすると、イベントをさらにお楽しみいただけます。
  • SNSハッシュタグは“#cmdevio2018”です。イベントに関するツイートや投稿には、ぜひこちらをお使いください。 
  • 前夜祭もありますよ!

    さて、セッション情報と注意点は伝わりましたでしょうか?
    最近は天候が変わりやすいので、明日は天気予報をご覧の上で気をつけておいでください。スタッフ一同、秋葉原UDXにてお待ちしております!

    ちなみに、Developers.IO 2018の前夜祭として9本のLTからなるAWSの勉強会を本日開催します。もちろん前夜祭だけの参加もできますので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

    お申し込みはこちら
    プロモーションコード”devio2018”を入力すると1000円オフ!