まだAWSのセキュリティで消耗してるの?AWS技術のお祭りで無料のセキュリティチェック方法を伝授 #cmdevio2018

皆さんはAWS技術、磨いてますか?当ブログの運営を行っているクラスメソッドが主催のイベント「Developers.IO 2018」では、当社のエンジニアたちが日頃のAWS技術研究で得た成果を10月5日(金)の秋葉原で大公開しちゃいます!このイベントをお楽しみいただくため、当日のコンテンツ情報などを連日紹介していくエントリーです。

さて、今回はそのシリーズ第5弾としてイベントで「AWSのセキュリティ設定がどうなっているか抜け漏れなくちゃんと確認する方法」をテーマに講演するクラスメソッドAWS事業本部プロダクトグループ・グループマネージャー田子昌行からのコメントを掲載。田子はAWSのセキュリティチェックができる無料サービス「インサイトウォッチ」をはじめ、AWSを活用した自社サービス・プロダクトの開発運用をしています。

AWSのセキュリティを無料で簡単チェック

本セッションでは、無料セキュリティチェックができるサービス「インサイトウォッチ」で何ができるのかをご紹介します。

AWSには「責任共有モデル」という考え方があり、AWS上に構築したインフラやアプリケーションに対するセキュリティの責任は利用者自身が負います。AWSはセキュリティ対策をするためのサービスや機能も提供していますが、そういったサービスも適切に設定し活用しなければ意味がありません。

クラスメソッドが今年5月にリリースした「インサイトウォッチ」は、利用者のAWS環境で適切なセキュリティ対策が設定されているかをパパッとチェックできるサービスです。社内外の環境が日々移り変わる中でセキュリティを改善するには抜け漏れなく定期的に安全を確認することが大切であり、この無料サービスはそのために必要な高効率のセキュリティチェックを可能にします。自社のAWSアカウントはセキュリティ対策が本当に十分なのか、お手軽に確認したい方は必見のセッションです!

10月5日は秋葉原UDXへ!

AWSのセキュリティを高めるセッション「AWSのセキュリティ設定がどうなっているか抜け漏れなくちゃんと確認する方法」は、10月5日(金)14:30〜15:10に秋葉原UDXで行います。サービスや商品がどんなに素晴らしくても、個人情報を漏らせば会社の危機になる世の中です。この機会に、AWSアカウントのセキュリティを万全なものにしませんか?

※当日はどのセッションも満席近い状況が予想されます。立ち見となる場合もございますが、あらかじめご了承ください。

お申し込みはこちら
プロモーションコード”devio2018”を入力すると1000円オフ!

*他のスピーカーやセッション紹介は「Developers.IO 2018を徹底的に楽しむ」シリーズ記事一覧