【AWS】JAWS FESTA Kansai 2013 のお知らせ【祭】

103件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

こんにちは植木和樹です。さて本日は来月 9月28日(土)に京セラドームにて開催されるAWSのイベント『人生が変わるその日 JAWS FESTA Kansai 2013』のご紹介です。

jawsfes_cover

JAWS FESTA Kansai 2013
開場:9:00
開会:10:00

『人生が変わるその日』ってのがすごいですね。本日はそんなJAWS FESTAから注目のイベント、セッションをご紹介したいと思います。

セッション トラック

セッションは講師の方(話し手)がテーマに沿って解説する、いわゆる「座学」「講習会」です。JAWS FESTAでは同時3トラックが用意され、朝から夕方までそれぞれ1時間ほどのセッションが複数予定されています。

JAWS FESTA タイムテーブル

注目はなんといっても17:00からTrac1で始まるスペシャルパネルディスカッション「AWS、cloudpack、Microsoft、SAP。各社の最強エバンジェリスト集結!異論!激論!エバンジェリストからみたIT・クラウドの実態と歴史、そして未来へ」でしょう。これだけのメンバーが一同に介する機会はそうそうないと思います。どんなディスカッションが繰り広げられるんでしょうか、楽しみですね。

なおTrac3は「WordBench大阪」「HTML5 Caravan」という特別枠になっており、WordPressやHTML5に関してハンズオン形式で学べるようになっています。WordBenchは大盛況のようですでに定員を増枠(100 → 150!)しているようですね。

AWS設計・移行ワークショップ

ワークショップは事前に決められたRFP(Request For Proposal:提案依頼書)に基いて、仮想のお客様の要件を満たすシステム設計を行います。その後各チームの設計に対してレビューを行い、指摘や設計ポイントの意見を述べ合うことでシステム設計の勘所を学べるようになっています。

先日、弊社武川がJAWS横浜で優勝したときのブログがありますので、ワークショップについてどのようなものか知りたい方はこちらもどうぞ。

第6回 JAWS-UG横浜 勉強会で優勝してきた #jawsug

ハンズオン

ハンズオンというのは、いわゆる「パソコン教室」です。テキストを使いながら、実際にマネージメントコンソールを操作してAWSの各種サービスを体験することができます。

ハンズオンは3種類「S3を使った静的サイトホスティング」「電話API Twilioを使った電話の受発信」「コイニーを使ったスマートペイメント」が用意されています。Twilioはおもしろそうですねぇ。

CDP道場

アマゾンデータサービスジャパンの玉川さん、片山さんとクラウドパックのsuz-labさんによる、クラウド・デザインパターンの教室です、クラウドデザインパターンは、設計上の定石(パターン)を利用することで、可用性が高く柔軟なシステム構成を実現するものです。

デザインパターンは頭では分かっていても、実際に手を動かしてみないと実際の業務に応用するのが難しいというのが個人的意見です。CDPの達人から直接手ほどきをうけるというのは滅多にない機会ですので、普段業務でAWSの設計を担当されている方はぜひ参加してみてはいかがでしょう。

AWS Game Day Osaka 2013

Game Dayは参加者をいくつかのチームに分け「システムの実装フェーズ」「攻撃フェーズ」「復旧フェーズ」を通して堅牢なシステム設計について学ぶことができます。

AWS Game Day Osaka 2013 in JAWS FESTA Kansai

日本では今年の6月8日に東京で初めて開催され私も参加しました。PowerUserアカウントを乗っ取られたという想定で、乗っ取られても被害を最小限に留める防御手段、乗っ取られたときに徹底的にシステムを破壊するための攻撃手段を検討・実装します(私はこっぴどくやられました)。復旧フェーズの後は各チームの実施した攻撃・防御手段についてディスカッションを行い、それを通して堅牢性を向上させるための手法やクラウドならではの復旧の簡単さ、そして目指すべき自動復旧という考えを学ぶことができました。

東京では何年もAWSを利用してきた上級者から、ほとんどAWSを触ったことのない初心者まで、幅広い層の方が参加されていました。AWSあんまり触ったことないからちょっと自信ないなって人でもチームを組んだ人の(エグい)攻撃や復旧の手際を横でみてるだけでもすごい勉強になると思いますよ!

アンカンファレンス

「アンカンファレンス」というのはセッションやハンズオンのように講師の方の話を聞く形式でなく、参加者自らが問題や意見を出しあう、いわば「意見交換会」のようなものです。

JAWS FESTAでは「早番 10:30〜」「中番 14:00〜」「遅番 16:30〜」と3つの時間帯でそれぞれ並行で7つほどのアンカンファレンスが実施されます。

個人的に気になってるのは早番時間帯の「地方におけるAWSの現状ついて語ろう」です。関東では当たり前になりつつあるクラウドの利用ですが、地方では「アマゾン、なにそれ本屋さん?」というのが実際ではないでしょうか。地方へクラウドを広めるための次のアクションを考えるという意味でも、ぜひ参加してみたいですね。

懇親会!

懇親会もあります!全国から集まったJAWS関係者とお話ができる、またとないチャンスです。

私も関東に出てきて何度かJAWSの懇親会に出させてもらいましたが、みなさん本当に優しい人ばかりなので、怖がらずに声をかけてみてください。初めての方もわからないことがあれば、丁寧に教えてもらえますよ。

クラスメソッドもスポンサー

クラスメソッドもスポンサーとして協力しています。

弊社からは特に展示やセッションなどありませんが、私は受付など裏方でお仕事させてもらう予定です。弊社ロゴ・ステッカーなどをお渡しできるかと思いますので、欲しい方がいらっしゃいましたら声をかけていただければと思います。あと弊社のブログ職人が参加すると思います。

最後に

JAWS FESTAでは「上級者から初心者まで、また経営者からエンジニアまで」満足できる内容が盛りだくさんになっています。「AWSってなに?」、「クラウドってなに?」という方も今回AWSを触れる良いチャンスです。

地方で初めて開催される全国規模のJAWSイベントということで、関西方面の方との交流を楽しみにしています。友人や職場の人たちと一緒に9月28日(土)は京セラドームへぜひお越しください!

jawsfes_cover

おまけ

「人生が変わるって大袈裟じゃね!?」と思われるかもしれませんが、私自身2月にJAWS北陸勉強会に参加して初めてAWSに触れ、その後3月に行われたJAWS Days 2013で北陸のコアメンバーに誘われ、あれよあれよといううちに転職して、今こうしてクラスメソッドでAWSのお仕事をしてたりするわけです。人生何が転機となるか分からないものですね。

ちなみに私、3月のJAWS Days 2013ではボランティアとして参加していました。お昼はお弁当を用意していただき、当時はどなたかも分からない中AWS界隈の方たちと一緒にご飯を食べたり、限定Tシャツをいただいたりと2日間楽しい経験をさせてもらいました。受付や会場案内、同時通訳レシーバーの回収などなど、まったくの素人でもお手伝いすることはたくさんあると思いますので、ボランティア希望の方のご参加もお待ちしております!