[告知] Amazon Redshiftの管理画面が日本語対応されました

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

AWS マネージメントコンソールは日本語対応されていましたが、Amazon Redshiftの管理画面もついに日本語化されました。

待ちに待った日本語化

Redshiftの管理画面の日本語化は忘れ去られていたのかと、諦めかけていましたがついに日本語対応しました。これまで管理画面やメッセージ等が英語であるため、難しくハードルが高いサービスという印象を受けたかもしれませんが、今後はRDSと同様に気軽にお試しください!

ダッシュボード

他のサービスと違和感のないダッシュボードになりました。

20161217-redshift-dashboard

クラスタ

直感的で、非常に馴染みやすい画面となりました。

20161217-redshift-cluster

WLM

あまり馴染みのなく、決してわかりやすくない機能まで隈なく日本語化されると、理解しようというモチベーションも沸々と湧いてきます。

 

20161217-redshift-dashboard

最後に

実際に日本語化された管理画面を見ると、やはり直感的に入ってくる情報量が違うと感じることでしょう。お客様やビギナーの方にはぜひこちらをご活用していただきたいです。