re:Invent 2018の事前勉強会で英語ができなくても大丈夫なLTをしてきた #reinvent #reInventsb

大栗です。

本日re:Invent2018 Standby 事前勉強会でLTをしてきたのでご紹介します。

英語できないマンでも死なないラスベガスの歩き方

英語ができない人向けのLT(ネタ資料)です。

スライドのほとんどはネタなので割愛しますが、英語のスライド画像を元に内容を日本語に翻訳するワンライナーだけ上げておきます。

$ aws rekognition detect-text --image-bytes fileb://file.name \
--query 'TextDetections[?Type==`LINE`].[Id,DetectedText]' \
--output text | \
sort -n | cut -f2 | tr '\n' ' ' | \
xargs -I{} aws translate translate-text  \
--source-language-code en --target-language-code ja --region us-west-2 \
--text "{}" --query TranslatedText --output text

軽く解説すると、以下の部分でAmazon Rekognitionでスライドの文字を行で抽出します。

$ aws rekognition detect-text --image-bytes fileb://file.name \
--query 'TextDetections[?Type==`LINE`].[Id,DetectedText]' \
--output text | \

以下の部分で、抽出した文字列を上から並べて1行にします。

sort -n | cut -f2 | tr '\n' ' ' | \

1行になった文字列をAmazon Translateで英語から日本語へ翻訳しています。パイプで入ってきた標準入力をコマンドの任意の場所のオプションとして渡したかったのでxargsを使用しています。

xargs -I{} aws translate translate-text  \
--source-language-code en --target-language-code ja --region us-west-2 \
--text "{}" --query TranslatedText --output text

さいごに

クラスメソッドはre:Invent 2018をどんどん盛り上げていきますので、皆様よろしくお願いします!!!

https://dev.classmethod.jp/series/aws-reinvent-2018/