[小ネタ有] 支給されたMacの環境を整える(入社直後編)

100件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

はじめに

サーバーレス開発部の藤井元貴です。

業務で使用するPCとしてMacBook Pro(2018年モデル!!)が支給されました。はじめてTouch Barと出会いましたが、まだまだ慣れないです。

今回は、自分好みにカスタマイズした内容を残します。 参考になるものがあれば、ぜひご活用ください!!

環境

  • macOS High Sierra 10.13.6

メニューバーに日付と曜日を表示する

  • 「今日は何日だっけ?」
  • 「今日は何曜日だっけ?」

視線をチラッと動かすだけで、これらが解決します。こうなります。

次の手順で設定します。内容はお好みでどうぞ!

すべてのファイルの拡張子を表示する

次の手順で設定します。

Finderのフォルダを右クリックしてTerminalを開く

フォルダを右クリックして表示されるメニューから「フォルダに新規ターミナル」を選択すると、ターミナルが開きます。こうなります。

次の手順で設定します。

ターミナルからFinderを開く

ターミナルで下記を実行すれば、Finderが開きます。設定は不要です。

open .

ファイル名を指定すると、そのファイルが開きます。

GitとGitの設定

HomeBrewのインストール

Homebrewをインストールします。

Gitのインストール

Gitをインストールします。

brew install git

ターミナルにブランチ名を表示する

こうなります。

Gitリポジトリ以外の場合は、何も表示されません。

~/.bashrcに下記を記載します。ファイル自体がない場合は新規作成します。

source /usr/local/etc/bash_completion.d/git-prompt.sh
source /usr/local/etc/bash_completion.d/git-completion.bash
GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=true
export PS1='\[\033[32m\]\u@\h\[\033[00m\]:\[\033[34m\]\W\[\033[31m\]$(__git_ps1 [%s])\[\033[00m\]\$ '

最後に~/.bashrcを再読込します。

source ~/.bashrc

.gitconfifgのエイリアス設定

Gitはコマンド派です。そのため、エイリアスで楽をします。

~/.gitconfigに追記します。

[alias]
  ss = status
  br = branch
  com = commit
  adu = add -u
  adup = add -u -p
  co = checkout
  cob = checkout -b
  mg = merge --no-ff
  mgff = merge --ff
  firstcom = commit --allow-empty -m \"Initial commit\"

Visual Studio Code

インストール

インストールします。

PathにCodeコマンドをインストール

ターミナルで次の入力をすれば、指定したファイルがVSCodeで開きます。

code hogehoge.md

また、次の入力をすれば、現在のフォルダがVSCodeで開きます。

code .

設定方法ですが、VSCodeを起動してコマンドパレットを開き、pathと入力して以下を選択します。

拡張機能

使っているうちに増えていきますが、ひとまず下記を導入しました。

名称 概要
Bracket Pair Colorizer 対応する括弧を色で識別できる
JSON Tools JSON整形(pretty / minify)
Paste JSON as Code JSONに対応するコードを作成
Log File Highlighter ログファイルを色分けして表示
Markdown All in One Markdownの記述をサポート
markdownlint Markdown用のLint
PlantUML PlantUMLが使える
REST Client VSCodeがRESTクライアントになる
Text Marker (Highlighter) 任意のテキストにマーカーが引ける
vscode-icons アイコンで分かりやすくなる
テキスト校正くん 日本語の文章チェック

PlantUMLを使うにあたり、Java JDKやGraphvizのインストールも必要です。

brew install graphviz

Python

下記を参考にpyenvvirtualenvを導入しました。

AWS CLI

下記でインストールします。

pip install awscli

AWSアカウントは、MFAの有効化を忘れずに行っておきます。

AWS CLIのアクセスキー設定やコマンド補完の設定も行います。

AWS SAM

下記でインストールします。

pip install aws-sam-cli

Docker for Mac

下記からインストールします。

さいごに

まだまだカスタマイズしていくと思いますが、続編があるかは不明です。

VSCodeのcodeコマンドやターミナルにGitブランチ名を表示する設定は地味に便利ですね。

少しでもお役立ち小ネタがあれば幸いです。