シアトルにユニクロがオープンしました

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

先週末(2015年11月6日)シアトル近郊の町ベルビューにユニクロがオープンしました。

日本人の間では数ヶ月前からよく話題に上っており、待ちに待った日がようやく来たという感じです。
僕も週末に行ってきました。

場所

場所はシアトルダウンタウンからバスで40分程度のベルビュースクエア内にあります。

ベルビュースクエアは複数の百貨店や多数のブランドショップが入った巨大なショッピングモールです。
ユニクロは2階フロアーの南端にあります。百貨店Nordstromの真向かいです。

店内

当日、1階フロアでは抽選会や和太鼓の演奏、レッスンが催されており人だかりができていました。
IMG_2402
IMG_2443
IMG_2437

オープン2日目ということもあり、店舗内もたくさんのお客さんで賑わっていました。
IMG_2404

商品は日本にあるものと全く同じみたいでした。
値段は日本よりも高めです。
ウルトラライトダウンやヒートテックの下着もあったので、日本で買い忘れた場合や買い増しする場合は助かります。
IMG_2407
日本人のお客さんも多いので、日本に帰ったような感覚になりました。

レジは通常5台のところSquareのレジを増設して8台になっていたのですが、
IMG_2408

それでも会計待ちの長い列ができていて、フロアを端から端まで横断していました。
IMG_2406

ただ、レジの回転は早かったのでそんなに長い時間は待たされませんでした。

感想

全体的に、日本のユニクロと驚くほど同じだという印象を持ちました。
商品もそうなのですが、店員さんのオペレーションも日本と同じで会計や陳列が効率的にされていました。
アメリカの店員さんはフレンドリーかつおおらかな人が多くて、行列ができていてもお客さんと会話しながらゆっくり会計するのが普通な気がします。
また、陳列もお客さんが手にとって戻したものはそのままにされていることがほとんどです。
ユニクロではレジの回転は早く、戻された服もすぐにたたんだりハンガーにかけ直されたりしていました。
準備にかなり時間をかけたんだろうなと思います。