[イベントレポート] 世界最速LT大会!?新iOS 8発表!で登場した新機能・ニッチな技術を大公開!! #cmdevio

img-ios8-event-lightning-talks@980x400

iOS 8 が公開されて間もない2014年9月18日の夜、六本木にてクラスメソッド株式会社が主催する iOS 8 ライトニングトーク発表会を開催しました。
弊社の開発者8人が登壇し、iOS 8 から新しく加わった技術的なポイントを発表しました。
この記事では、当日のイベントの様子、そして当日のスライドなどを紹介します。

主催協力

dots

今回のイベントは、dots.を使いイベントの告知、並びに参加者の募集を行いました。
dots.は、株式会社インテリジェンスさんが運営する、IT勉強会・セミナーなどエンジニアのためのイベント情報検索サービスです。
他のイベント開催サービスとも連携し、ユーザーにとっても、大変使いやすいイベント検索サイトになっています。

当日はdots.の方々に司会進行や受付など、イベント進行全般に関して大変お世話になりました。この場をお借りしまして改めて御礼申し上げます。



会場

会場は株式会社フリークアウトさんが運営するHills-Garage。広くてオシャレな空間で開催することができ、とてもワクワクしました。

会場をお貸しいただき、大変ありがとうございました。

DSC03879

DSC04184

DSC03883

会場の雰囲気等

当日は100を優に超える席の大半が埋まり、大変盛り上がりました。

kaijou

タイムテーブル

時間 タイトル スピーカー
19:30 - 19:40 開会のご挨拶 dots 鳴釜
19:40 - 19:50 ついにiOS 8リリース!今までのiOSの歴史を振り返ってみる 大橋
19:50 - 20:00 Swiftの概要をザックリと 田中
20:00 - 20:10 CloudKitで始めるMBaaS入門 諏訪
20:10 - 20:20 新たな線形代数ライブラリ LinearAlgebra 安達
20:20 - 20:30 PhotoKit入門 平屋
20:30 - 20:40 測れる!パフォーマンス 深澤
20:40 - 20:50 HealthKitで変わるミライ 荒川
20:50 - 21:00 新しいTestFlightの使い方 山本
21:00 - 21:10 質疑応答 全員
21:10 - 懇親会 全員

Session 1:
ついにiOS 8リリース!今までのiOSの歴史を振り返ってみる

iPhoneがバージョンを重ねるごとに、洗練された機能の追加によって進化していった様子が語られました。
初代 iPhone OS では App Store がなかったことや、iOS4ではじめてマルチタスキング機能が追加されたことなど、今では欠かせない機能が追加されていった流れが解説されました。

ohashi

Session 2:
Swiftの概要をザックリと

発表:田中 圭介

Swiftはシンプルな言語であり、短い記述で済むことを解説。その中で、型推論、タプルなど、Objective-C との違いが説明されました。
また、enumが整数型以外も受け付けるようになった点など、Objective-Cよりも強力になった部分についても解説がされました。

[参考リンク]Swift / デザインパターン | 特集カテゴリー | Developers.IO

tanaka

Session 3:
CloudKitで始めるMBaaS入門

発表:諏訪 悠紀

iCloudを利用したmBaaSであるCloudKitについて解説。
CloudKitはmBaaSであり、サーバサイドについてのコーディングが不要であること、XcodeのCapabilitiesで項目にチェックを入れるだけで使えるようになることなど、簡単に使えることが説明されました。
また、Push通知について、Certificateの登録が不要であることなど、Apple純正であることの強みが解説されました。

[参考リンク]API / CloudKit | 特集カテゴリー | Developers.IO

suwa

Session 4:
新たな線形代数ライブラリ LinearAlgebra

発表:安達勇一

ブラッシュアップされたvecLib.frameworkで提供される、強力な線形代数を扱うための機能について解説。
線形代数の基礎やコード中での扱い方、行列式をSwift で表し、新しく追加された関数を使って値を求めている様子が解説されました。
行列やベクトルなどは普段あまり使わない方も多いかと思いますが、こうした情報はあまり普及しておらず、懇親会でも反響を呼んでいました。

[参考リンク][iOS 8] Accelerate.Frameworkに加わった新たな線形代数ライブラリ

adachi

Session 5:
PhotoKit入門

発表:平屋真吾

はじめに、Photos Frameworkの使い方について解説。元の写真データを残したまま写真を編集する方法や、それを実現する概念等について説明されました。
また、Photo Editing Extensionを実現するPhotosUI Frameworkについても解説。
PhotoKitを使ってアプリ中から写真やビデオの編集がある程度簡単に実現可能なことが解説されました。

[参考リンク]API / PhotoKit | 特集カテゴリー | Developers.IO

hiraya

Session 6:
測れる!パフォーマンス

発表:深澤 豪

テーマ変更が変更され、Xcode6で追加されたパフォーマンス計測機能について解説。
大量データのソート処理、画像のエンコード・デコードなどの重い処理について、数値化して計測できることが説明されました。
スライドでは、例として println と NSLog の2つの関数で、どちらが実行が早いかについて、実際に計測している様子が映し出されました。

fukasawa

Session 7:
HealthKitで変わるミライ

発表:荒川靖久

健康データを管理する新しいframeworkであるHealthKitについて解説。
Bluetooth機器と組み合わせれば、ユーザーが直接体重などの健康データを入力することなく、自動的にデータを記録していく便利さについて説明されました。

[参考リンク]API / HealthKit | 特集カテゴリー | Developers.IO

arakawa

Session 8:
新しいTestFlightの使い方

発表:山本 一郎

今年Appleは、公開前のアプリをテストするサービス TestFlight を提供しているBurstlyを買収し、iOSに特化した形で新しい TestFlight を公開。そのTestFlightについて、従来のものとの比較を交えながら、使い方が解説されました。
途中、会場でTestFlightを使っている方に挙手をお願いする場面があり、参加者の半分以上が手を挙げられていました。
 新しくなって強化された点として、UDIDをテスターの方から教えてもらう必要がなくなったことが解説されました。また、現在はまだ提供されていない External Testerについても解説。ベータ版のアプリを最大1000人にテストしてもらうことが可能であることが説明されました。

[参考リンク][iOS] TestFlight が Xcode / iTunes Connect でサポートされました! | Developers.IO

yamamoto

質疑応答

質疑応答では、参加者の方からTestFlightについてなどの質問があり、登壇者が解説しました。

懇親会

懇親会にもたくさんの方が参加され、和やかな雰囲気の中、ビールやピザを片手に技術話で盛り上がりました。

konshinkai

まとめ

今回のイベントでは、iOS 8 発表直後だからこそのフレッシュな情報を、みなさんに直接お届けできたのではないかと思っています!

whole

最後に

img-ios8-outline_v2

世界最速LT大会!? 新iOS 8発表!で登場した新機能・ニッチな技術を大公開!!-Developers.IO-
ご参加ありがとうございました!

日本時間の9月18日午前2時に、ついにiOS 8がリリースされました。弊社のiPhoneアプリサービス事業部のメンバーが今年もiOS 8 特集ページを作りました!今年は80本ではなく100本にしました!そして今後さらに100本を随時追加して最終的に200本を目指しています!。是非こちらもご覧ください。

 iOS 8特集ページはこちら