Tableau Conference 2014 at Seattle に参加してきた #data14 (Vol.6: 2014/09/11)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

先日2014/09/08から2014/09/12までの5日間で、米国シアトルにて行われたBIツールイベント『Tableau Conference 2014』には世界各国から総勢7000人(Tableauユーザー5500人+Tableau社社員1500人)が集い、非常に盛り上がったものとなりました。当エントリではそのイベント4日目の模様をお送りしたいと思います。

目次

 

2014/09/11(水):
Tableau Conference 2014 at Seattle 4日目

 

[イベント] 朝食:Pike Place Marketにてチーズ&マカロニを食す

この日は兼ねてから意見の挙がっていた『クラムチャウダー食べたい』という(ボスの)要望を叶えるために宿泊先から程無く近い『Pike Place Market』へ。初日夜に訪れたスタバ1号店もここですし、その他美味しいものが食べられるお店も数多く存在している市場です。朝に訪れると人も活気もとても多く賑わっています。

...と、『クラムチャウダー』を食べたいという事だったのですが、ボスの記憶が若干錯綜していたようでお目当てのクラムチャウダーには辿り着けず。と言うよりも記憶違いでどうやら以前食べた美味しいものというのは以下のお店のマカロニ&チーズ(カップ入り)だった模様。と言う事でこちらを頂きました。小さめカップの容量ですがボリューム的には十分多く、チーズも濃厚でとっても美味しかったです。

tcc2014-day4-morning-01

tcc2014-day4-morning-02

 

[イベント] 会場散策:書籍購入

聴講セッション開始までに少々時間の余裕があったので、足を運んでいないフロアや場所の幾つかにも足を運んでみることに。とある場所にTableau絡みの書籍販売コーナーがあったのでしばし物色してみることにしました。

tcc2014-day4-book-01

tcc2014-day4-book-02

物色した結果、購入したのは以下2冊。非常に読み応えがある実践的な内容のものでしたので、会社用の書籍として活用して行く事になりそうです。

tcc2014-day4-book-03

 

[セッション] Advanced Mapping: Points, Paths, & Polygons

Join us for a discussion of the principals of vector mapping applied in Tableau. We will cover points, paths and polygons:

- Points are detailed in the data as numbered pairs and are used to describe location in a two dimensional space. This fundamental element of Cartesian mathematics can be applied in charts and in mapping—latitude and longitude, for example.
- Paths are logical, connected series of points used to describe routes, boundaries, roadways and other forms of transportation. With a clearer understanding of how to describe flow in a path, we’ll examine how you detail quantitative data in your path in Tableau. One real-life example might be analyzing the increase and decrease of ridership along a popular bus route.
- Polygons are shapes created in two dimensional space bounded by paths. Polygons are handy in mapping for creating shape layers.

Armed with this training, you will be able to effectively apply these three concepts—points, paths and polygons—when mapping in Tableau.

  • Points
    • ベクターマッピングを構成する基本的なブロック。
    • LinesとPolygon(ポリゴン)はPointsから構成され、全てのPointsは緯度経度のペアで定義される。
    • Linesは互いに頂点で交差する。
    • adv-mapping-02
  • Paths
    • 地図上のPathsは境界線や道路、若しくは空間を表示するための線として用いられる。
    • Flow Maps:パスをどのような目的で用いるか:有名なグラフに以下の『フレンチワインの世界への輸出量』がある。線の厚さが輸出量を表している。
      flow-map
    • Flow Pathの作成方法
      • データに接続
      • 緯度経度情報をTableauに認識させる。認識しない場合は地理的役割を付与。
      • Ctrlを押しながら緯度経度情報を選択、[表示形式]にてSymbol Mapを選択。
      • [マーク]ペインにて線を選択。
      • ディメンションの[Route]を色にドラッグアンドドロップ。
      • マップオプションのMap Layerにて"Streets and Highways"を選択。
      • 通りの名前を表示させる為に、二重軸を作成して重ねる。
      • adv-mapping-03-1 adv-mapping-03-2
  • Polygons
    • ポリゴン:線で構成されている、閉じたチェーンまたは回路を形成する、平面図形。多角形
    • Tableauでは緯度/経度/順序/ID等で構成される。
    • Creating Polygon-Shaded Maps | Tableau Software
    • adv-mapping-04

 

[セッション] Around the World in 80 Clicks - Advanced Mapping in Tableau -

Tableau Zen Masters Allan and Craig are on a mission to solve users’ Tableau mapping issues, simplify complexities, and enhance capabilities. If you’ve found yourself wanting to do more with mapping—or the combination of business intelligence and GIS has you asking more questions than finding answers—this session will remove the cloak from Tableau’s powerful mapping capabilities.

You’ll understand the art of the possible by first mapping points from Salt Lake City’s OpenData police dataset, speeding through the criss-cross lines drawn by the UK’s rail network and finishing with the expanding polygons of 30 urban cities from 1800 to 2000.

tcc2014-80clicks-01

こちらのセッションもJediレベルだけあってかなり濃密な内容でした。読解&まとめに時間が掛かりそうなのでこのセッションについてはアジェンダ・見出しレベルの内容記載に留めておこうと思います。機会があれば詳細も紹介出来れば。

  • なぜ『マッピング』なのか?
  • マッピングを構成する要素
    • Point(点)
    • Line(線)
    • Polygon(ポリゴン)
    • tcc2014-80clicks-03
  • 基本的なマップ
    • マップの種類(WMS&Tile)
    • Tableau Map Source(TMS)ファイル
    • マッププロバイダー
  • ツール
    • ジオコーディング
      tcc2014-80clicks-04
    • カスタム背景マップの作成
  • デモ
    • ソルトレイクシティの犯罪マップ
    • 英国鉄道ネットワークマップ
    • 世界の主要都市拡大マップ
      tcc2014-80clicks-02

 

[イベント] 基調講演ラスト

この時間帯は所用等あって聴講せず。尚、この基調講演を以ってメインのイベントとしては終了する事になります。(※翌日もイベントとしてはセッションが存在するが、有償ハンズオン等が主)

 

[イベント] おやつ:クラムチャウダー

昼と言うには遅い(4時半とかそんなもん)けど夕食にはまだ早い時間帯。おやつという事にしておこう。参加者の方々で『クラムチャウダーを食べに行きます』というお知らせがあったので朝のリベンジだ!という事で同行させて頂く事に。お店は海岸沿いの『Ivar's Acres of Clams』という所。先日クルーズツアーで集まった&ゴール地点となったところに程無く近いお店です。夕食もガッツリしたものが控えているのでここではクラムチャウダーのみ注文する形に。噂に違わぬ濃厚さで十分満足出来る美味しさでした。

tcc2014-day4-lunch-01

tcc2014-day4-lunch-02

 

[イベント] 夕食:肉

日本人参加者の皆様と食す最後の食事は『肉』!でした。結構良いところのお店です。お高いです。(自腹です。) 入口には何ともボリュームありそうなお肉が並びます。

tcc2014-day4-niku-00

皆さんかなりテンション高まってた様で、人によっては1kg近いボリュームのメニューを注文される方も。ちなみに私はお財布と胃袋の状況を考慮しつつ、あまり多すぎないボリューム(確か12オンスとかそこいらだったような気が)のお肉を注文するに留めときました。:-) 以下は全員のメニューが揃った時の光景です。何とも肉々しい!!

tcc2014-day4-niku-02

ちなみにお店は『Metropolitan Grill』というお店でした。値段は張りますが張るだけのクオリティはあります。シアトルにお越しの際は是非御賞味を。

tcc2014-day4-niku-01

 

[イベント] 夜景鑑賞 at Kerry Park

そして肉を食べた後は夜景を見にケリーパークという公園へ。高級住宅街が立ち並ぶ小高い丘の上から見下ろせる景色は絶景の一言、という触れ込みの場所です。写真でどこまで綺麗さをお伝え出来ているか分かりませんが、確かに言うだけの事はある景観でした。観に行ったのは夜でしたが、朝とか夕方とか、陽がまだ出ていて海も眺められるような時間帯だと更に感動が増すような気がします。

tcc2014-day4-good-sight-01

まとめ

以上、イベント4日目のレポートをお送り致しました。イベントの本編としてはこの日(09/11)でおしまいですが、シアトル滞在は翌日09/12までだったので、レポートとしてももう1日お付き合い頂ければと思います。こちらからは以上です。