Alexa Dev Day Tokyo 2018レポート – AVS Updates #AlexaDevDay #alexa

こんにちは、中村です。 今日は2018年10月12日、13日に千葉はヒルトン東京ベイにて行われた「Alexa Dev Day Tokyo 2018」の様子をレポートします。

この記事では、AVS Updatesのセッションレポートになります。スピーカーは、AVSシニアソリューションアーキテクト 北迫 清訓氏です。

レポート

AVSは、世の中のありとあらゆるものにAlexaを搭載。
スマートスピーカーを持っていなくても、今あるデバイスでAlexaを利用できるようにする。

Alexa Interaction(動く仕組み)

Wake Word Engine: ウェイクワードを認識しない限りクラウドにデータをアップロードしない仕組みを必須で実装する必要がある

AVS Device Architecture

  • ハードとソフトの組み合わせて成り立っている
  • API利用のためAmazonアカウントが必要

Device Hardware Architecture

  • ビームフォーミングでノイズを減らし音声をクリアにする
  • 複数のマイクで一番距離が近いもののみをONにして聞き取る

Alexa Development Kit

Intel Speech Enabling Developer Kit

  • Echoと同じものがすぐできる
  • Intelと相談して形を変えたりマイクの配置を変えたりする

AVS API Interface

  • REST APIとなっていて、全て定義されておりWebにドキュメント公開されている

AVS APIとのやり取り / Alexa Device SDK

  • Alexa Device SDKを入れることで、クライアントで排他制御等複雑な実装をしなくてよい。

AVSの始め方

公式のドキュメントを参考に、学ぶ→設計→開発→公開で進める。

学ぶ

  • Raspberry Piを利用したAVSチュートリアルが用意されている。

設計

  • AVSを利用するための各種ガイドラインに準拠する必要がある

開発

  • 各種SDKの利用やソリューションプロバイダーと一緒に開発を行うことで、公開時に押さえておくポイントなどに気をつけることが可能。

公開

  • スキル公開同様、AmazonによるCertificateがある。サードパーティ・サービスのストリーミングメディアにアクセスする機能を商用端末に搭載する場合は、製品を提出して音楽認定を申請する必要がある。

AVS New Features

Alexa Smart Screen & TV SDK

  • 開発キットも公開

Alexa Multi-Room Music(MRM) SDK

  • サードパーティーを含む家中のプロダクトをグループとして音楽を流せる

Alexa Mobile Accessory Kit

  • スマホアプリの開発は負担が大きい → Alexaアプリを使って通信を行う
  • ex. Bose QC35

まとめ

いかがでしたでしょうか。 AVSの仕組みを始め、開発を加速させるSDKがたくさんでてきました。
なかなか検証できてない領域ですが、ぜひチャレンジしてみたいなと思いました。